Help us improve your experience.

Let us know what you think.

Do you have time for a two-minute survey?

 
このページで
 

レポートページについて

概要

お客様の>レポートの 監視 をご 覧ください

[レポート] メニューを使用して、オンデマンドでレポートを生成します。このページには、事前定義されたレポートがいくつかあります。 表 1 を参照してください。生成されたレポートは HTML 形式で表示されます。複数のレポートをグループ化し、統合レポートを生成できます。

メモ:

レポート ページは、SRX5000 シリーズのデバイスを除くすべての SRX シリーズ ファイアウォールで利用できます。

論理システムとテナントは、 表 1 に示すレポートを、SRX1500、SRX4100、SRX4200、およびSRX4600に対してのみサポートします。

表 1:事前定義されたグループ レポートとサポートされるユーザー

レポート名

ルート

論理システム ユーザー

テナントユーザーサポート

脅威評価レポート

はい

はい

はい

アプリケーションとユーザーの使用状況

はい

はい

はい

トップトーカー

はい

はい

はい

IPS 脅威環境

はい

はい

いいえ

URLレポート

はい

はい

はい

ブロックされたウィルス

はい

はい

いいえ

ウィルス: ブロック済み上位

はい

はい

いいえ

ファイアウォールのトップ イベント

はい

はい

はい

ファイアウォール拒否の上位の宛先

はい

はい

はい

上位のファイアウォールが拒否

はい

はい

はい

上位の IPS イベント

はい

はい

いいえ

検出された上位のアンチスパム

はい

はい

いいえ

トップ スクリーン攻撃者

はい

はい

はい

トップスクリーンの犠牲者

はい

はい

はい

トップスクリーンヒット

はい

はい

はい

上位のファイアウォール ルール

はい

はい

はい

ファイアウォールの送信元拒否の上位

はい

はい

はい

IPS 攻撃の上位ソース

はい

はい

はい

IPS 攻撃の上位の宛先

はい

はい

いいえ

上位の IPS ルール

はい

はい

いいえ

トップ Web アプリケーション

はい

はい

いいえ

ブロックされた上位のアプリケーション

はい

はい

いいえ

ユーザー別トップ URL

はい

はい

いいえ

ボリューム別の上位ソース ゾーン

はい

はい

はい

ユーザー別の上位アプリケーション

はい

はい

はい

IDP ログを介した送信元アドレス別のボットネット脅威の上位

はい

はい

いいえ

IDP ログを介した宛先アドレス別のボットネット脅威の上位

はい

はい

いいえ

IDPログによる脅威の重大度別のボットネット脅威の上位

はい

はい

いいえ

IDP ログを介した送信元アドレス別のマルウェア上位の脅威

はい

はい

いいえ

IDP ログを介した宛先アドレス別のマルウェアの上位脅威

はい

はい

いいえ

IDP ログによる脅威の重大度別のマルウェア上位の脅威

はい

はい

いいえ

Webfilterログを介してブロックされたアプリケーションの上位

はい

はい

いいえ

Webfilterログを介して許可されるアプリケーションサブカテゴリー(量別)

はい

はい

いいえ

Webfilterログ経由のカウントで許可されるアプリケーションサブカテゴリーの上位

はい

はい

いいえ

レポートの生成

レポートを生成するには、以下の手順にいます。

  1. [ レポート] をクリックします。

  2. 事前定義されたレポート名を選択し、「レポートの 生成」をクリックします。

    [レポートのタイトル] ウィンドウが表示されます。

    メモ:

    単一または複数のレポート名またはすべての定義済みレポート名を選択し、統合レポートを生成できます。ただし、グループレポートと個別レポートを同時に生成することはできません。

  3. 表 2 に示すガイドラインに従って、設定を完了します。

  4. [保存] をクリックして、生成されたレポートを目的の場所に保存します。

    レポートが生成されます。このレポートには、生成時刻、目次、結果(棒グラフ、表形式など)が含まれます。使用可能なデータがない場合、レポートには 次 No data to displayが表示されます。

表 2: レポート設定の生成

フィールド

アクション

名前

レポートの名前を入力します。最大 60 文字。

顧客名

顧客名を入力します。デフォルト値はジュニパーです。

説明

レポートの説明を入力します。

上部を表示

上向き矢印と下向き矢印を使用して、レポートに表示するレコードの数を選択します。

詳細を表示

リストからオプションを選択します。

  • [トップ 選択済み] — 上部に選択された詳細情報のみをレポートに表示します。

  • すべて — レポート内のすべての詳細を表示します。

    メモ:

    デバイスのデータ サイズによっては、レポートの生成に時間がかかる場合があります。

期間

レポートの一覧から定義済みの期間を選択します。

差出人

レポート生成を開始する開始日と時刻(MM/DD/YYYY および HH:MM:SS 12 時間または AM/PM 形式)を指定します。

メモ:

このオプションは、[期間] で [カスタム ] を選択した場合に使用できます。

宛先

レポート生成を停止する開始日と時刻(MM/DD/YYYY および HH:MM:SS 12 時間または AM/PM 形式)を指定します。

メモ:

このオプションは、[期間] で [カスタム ] を選択した場合に使用できます。

並べ替えオプション

詳細を表示

[オプションの並べ替え] の横にある矢印をクリックし、リストからオプションの 1 つを選択します。

  • [最大から最小] - 最大から最小の詳細にレポートを表示します。

  • 最小から最大まで — 最小から最大の詳細までレポートを表示します。

脅威評価レポート

脅威評価レポートには、以下の内容が含まれています。

  • エグゼクティブサマリー

  • アプリケーションリスクアセスメント

  • 脅威とマルウェア評価

  • ユーザーおよび Web アクセスアセスメント

脅威評価レポートには、ユーザー別にダウンロードされたマルウェアの新しいファイル名列が表示されます。この列は、マルウェアファイル名の特定に役立ちます。

アプリケーションとユーザーの使用状況

アプリケーションとユーザーの使用状況レポートには、次の内容が含まれています。

  • 帯域幅別のリスクが高いアプリケーションのトップ

  • カウントによるリスクの高いアプリケーションのトップ

  • 帯域幅別の上位カテゴリー

  • 帯域幅別の上位アプリケーション

  • カウント別のトップカテゴリー

  • アプリケーション数のトップ

  • 帯域幅別のリスクの高いアプリケーションの上位ユーザー

  • 帯域幅別の上位ユーザー

  • ユーザーごとに許可されるリスクの高いアプリケーション

  • ユーザーごとにブロックされるリスクの高いアプリケーション

トップトーカー

Top Talkers レポートには、以下の内容が含まれています。

  • 帯域幅別の上位ソースIP

  • 帯域幅別の上位の宛先 IP

  • セッション別のトップソースIP

  • セッション別のトップ宛先 IP

  • 帯域幅別の上位ユーザー

  • ユーザー数の上位

IPS 脅威環境

IPS 脅威環境レポートには、以下の内容が含まれています。

  • 重大度別の IPS 攻撃(時間の経過に伴う)

  • 重大度別の IPS 攻撃の総数

  • ブロックされた上位 IPS カテゴリー

  • ブロックされた上位 IPS 攻撃

  • IP でターゲットを絞った上位ホスト

  • ユーザー別のターゲットホストの上位

メモ:

IPS脅威環境レポートは、テナントユーザーに対してサポートされていません。

ブロックされたウィルス

ブロックされたウィルス レポートには、以下の内容が含まれています。

  • 時間の経過とともにブロックされたウイルスの総数

  • ブロックされた上位ウィルス

メモ:

ブロックされたウィルスは、テナント ユーザーに対してサポートされていません。

URLレポート

URL レポートには、以下の内容が含まれています。

  • 帯域幅別の上位 URL

  • トップ URL(カウント別)

  • 帯域幅別の上位 URL カテゴリー

  • カウント別の上位 URL カテゴリー

  • 時間の経過に合わせてブロックされた URL の総数

  • ブロックされた上位 URL

  • ブロックされた上位の URL カテゴリー(カウント別)

  • ブロックされた URL が最も多いユーザー

ウィルス: ブロック済み上位

ウィルス: ブロックされた上位のレポートにウィルス: ブロックされた上位のコンテンツが含まれています。

メモ:

ウィルス: ブロックされた上位のテナント ユーザーはサポートされていません。

ファイアウォールのトップ イベント

上位のファイアウォール イベント レポートには、上位のファイアウォール イベントが含まれています。

ファイアウォール拒否の上位の宛先

[上位ファイアウォール拒否の宛先] レポートには、上位のファイアウォール拒否の宛先が含まれています。

上位のファイアウォールが拒否

上位ファイアウォール拒否レポートには、上位のファイアウォール拒否が含まれています。

上位の IPS イベント

トップ IPS イベント レポートには、上位 IPS イベントが含まれています。

メモ:

上位 IPS イベントはテナント ユーザーにはサポートされていません。

検出された上位のアンチスパム

トップ アンチスパム検出レポート トップ アンチスパム検知。

メモ:

検出された上位のアンチスパムは、テナント ユーザーに対してサポートされていません。

トップ スクリーン攻撃者

トップスクリーン攻撃者レポートには、トップスクリーン攻撃者が含まれています。

トップスクリーンの犠牲者

Top Screen Victimsレポートには、トップスクリーンの犠牲者が含まれています。

トップスクリーンヒット

トップスクリーンヒットレポートには、トップスクリーンヒットが含まれています。

上位のファイアウォール ルール

トップ ファイアウォール ルール レポートには、上位のファイアウォール ルールが含まれています。

ファイアウォールの送信元拒否の上位

上位のファイアウォール拒否ソースレポートには、上位のファイアウォール拒否ソースが含まれています。

IPS 攻撃の上位ソース

上位 IPS 攻撃ソース レポートには、上位の IPS 攻撃ソースが含まれています。

IPS 攻撃の上位の宛先

上位 IPS 攻撃先レポートには、上位 IPS 攻撃先が含まれています。

メモ:

上位 IPS 攻撃の宛先は、テナント ユーザーに対してサポートされていません。

上位の IPS ルール

トップ IPS ルール レポートには、上位 IPS ルールが含まれています。

メモ:

上位 IPS ルールは、テナント ユーザーにはサポートされていません。

トップ Web アプリケーション

トップ Web アプリケーション レポートには、上位 Web アプリケーションが含まれています。

メモ:

トップ Web アプリケーションは、テナント ユーザー向けにサポートされていません。

ブロックされた上位のアプリケーション

ブロックされた上位アプリケーションのレポートには、ブロックされた上位アプリケーションが含まれています。

メモ:

ブロックされた上位アプリケーションは、テナント ユーザーに対してサポートされていません。

ユーザー別トップ URL

ユーザー別トップ URL レポートには、ユーザー別の上位 URL が含まれています。

メモ:

ユーザー別トップ URL はテナント ユーザーにはサポートされていません。

ボリューム別の上位ソース ゾーン

ボリューム別の上位ソース ゾーンレポートには、ボリューム別の上位ソース ゾーンが含まれています。

ユーザー別の上位アプリケーション

ユーザー別上位アプリケーションレポートには、ユーザー別の上位アプリケーションが含まれています。

IDP ログを介した送信元アドレス別のボットネット脅威の上位

IDPログによる送信元アドレス別の上位ボットネット脅威レポートには、IDPログを介した送信元アドレス別のトップボットネット脅威が含まれています。

メモ:

IDPログを介した送信元アドレス別の上位ボットネット脅威は、テナントユーザーにはサポートされていません。

IDP ログを介した宛先アドレス別のボットネット脅威の上位

IDPログによる宛先アドレス別の上位ボットネット脅威レポートには、IDPログを介した宛先アドレス別のトップボットネット脅威が含まれています。

メモ:

IDPログを介した宛先アドレス別の上位ボットネット脅威は、テナントユーザーにはサポートされていません。

IDPログによる脅威の重大度別のボットネット脅威の上位

IDPログによる脅威の重大度別の上位ボットネット脅威レポートには、IDPログによる脅威の重大度別のトップボットネット脅威が含まれています。

メモ:

IDPログによる脅威の重大度別の上位ボットネット脅威は、テナントユーザーにはサポートされていません。

IDP ログを介した送信元アドレス別のマルウェア上位の脅威

IDPログによる送信元アドレス別の上位マルウェア脅威レポートには、IDPログを介した送信元アドレス別の上位マルウェア脅威が含まれています。

メモ:

IDP ログ経由の送信元アドレス別の上位マルウェア脅威は、テナント ユーザーにはサポートされていません。

IDP ログを介した宛先アドレス別のマルウェアの上位脅威

IDPログによる宛先アドレス別の上位マルウェア脅威レポートには、IDPログを介した宛先アドレス別の上位マルウェア脅威が含まれています。

メモ:

IDP ログ経由の宛先アドレス別の上位マルウェア脅威は、テナント ユーザーにはサポートされていません。

IDP ログによる脅威の重大度別のマルウェア上位の脅威

IDP ログによる脅威の重大度別の上位マルウェアの脅威レポートには、IDP ログを介した脅威の重大度別の上位マルウェアの脅威が含まれています。

メモ:

IDPログを介した脅威の重大度別の上位マルウェア脅威は、テナントユーザーにはサポートされていません。

Webfilterログを介してブロックされたアプリケーションの上位

Webfilter Logs によるブロックされた上位アプリケーションレポートには、Webfilter ログ経由でブロックされた上位アプリケーションが含まれています。

メモ:

Webfilter ログ経由でブロックされた上位アプリケーションは、テナント ユーザー向けにサポートされていません。

Webfilterログを介して許可されるアプリケーションサブカテゴリー(量別)

Webfilterログレポートを介して、ボリューム別の上位許可アプリケーションサブカテゴリーには、Webfilterログを介してボリューム別の上位許可アプリケーションサブカテゴリーが含まれています。

メモ:

Webfilterログ経由で、ボリューム別の上位許可アプリケーションサブカテゴリーは、テナントユーザーにはサポートされていません。

Webfilterログ経由のカウントで許可されるアプリケーションサブカテゴリーの上位

「ウェブフィルターログを使用したカウント別の上位許可アプリケーションサブカテゴリー」レポートには、Webfilterログ経由のカウント別の上位許可アプリケーションサブカテゴリーが含まれています。

メモ:

Webfilterログ経由で数ごとの上位許可アプリケーションサブカテゴリーは、テナントユーザーにはサポートされていません。