Help us improve your experience.

Let us know what you think.

Do you have time for a two-minute survey?

 
 

PPPoE の設定

メモ:

このメニューは、すべてのデバイスSRX300 SRX550M デバイスでのみ使用できます。

現在の場所: ネットワーク>接続とPPPoE>の 1 つ

PPPoEは、イーサネットLAN上の複数のホストを、単一の CPE(顧客設置機器)デバイス(リモート デバイス)を介してリモート サイトジュニパーネットワークスします。

PPPoEタスクの設定を使用してPPPoE接続を設定します。PPPoEウィザードでは、イーサネット接続経由でPPPoEクライアントを設定します。

メモ:

すべての支社/SRX シリーズでは、PPPoE ウィザードには次の制限があります。

  • ロードおよび保存機能を使用している間、ポートの詳細はクライアント ファイルに保存されません。

  • このウィザードを使用しない接続オプションは、編集または削除できません。このボックスをCLI、接続の編集または削除を行います。

  • バックエンド ファイルが破損した場合、PPPoE ウィザードを起動できません。

  • ウィザード以外の接続が同じユニットを共有している場合、PPPoEウィザードをクライアントファイルからロードできません。

  • PPPoEウィザードでは、保存したファイルをあるプラットフォームから別のプラットフォームにロードできません。

  • PPPoEウィザード フェーズ2からPPPoEウィザードのフェーズ1への下位互換性はありません。その結果、以前のリリースにダウングレードした場合、フェーズ 2 からの PPPoE 接続はフェーズ 1 に表示されません。