Help us improve your experience.

Let us know what you think.

Do you have time for a two-minute survey?

 
 

アプリケーションの監視

現在地: > マップとチャート>アプリケーションを監視します。

このページを使用して、帯域幅消費、セッション確立、およびアプリケーションに関連するリスクに関する情報を表示します。ネットワークアプリケーションを分析することで、データ損失につながる異常アプリケーション、帯域幅の浪費、時間のかかるアプリケーション、ビジネスリスクを高めるパーソナルアプリケーションなど、有用なセキュリティ管理情報が得られます。

メモ:

[アプリケーション]ページは、SRX5000シリーズを除くすべてのSRXシリーズ デバイスで利用できます。

メモ:

[アプリケーション] ページでデータを表示するには、次のことを確認します。

  • オンボックス トラフィック ログとレポートが有効になっています。そうでない場合は、[ デバイス管理 ] > [ 基本設定 ] > [ セキュリティ ログ] に移動し、[ ストリーム モード ログ ] と [オンボックス レポート] を有効にします。

  • 一致するトラフィックファイアウォールポリシーのロギングが有効になっています。そうでない場合は、 セキュリティポリシーとオブジェクト > セキュリティポリシー に移動し、ルールオプションの下の ロギング オプションを有効にします。

  • アプリケーション トラッキングがセキュリティ ゾーンで有効になっている。そうでない場合は、ゾーン/画面>セキュリティポリシーとオブジェクトに移動し、[ゾーンの追加]ページでアプリケーション追跡を有効にします。

[グリッド ビュー] タブまたは [チャート ビュー] タブのいずれかを選択して、データを表示できます。

  • グリッド ビュー - アプリケーションの包括的な詳細を、並べ替え可能な列を含む表形式で表示します。ボリューム別の上位ユーザー、ボリューム別の上位アプリ、期間、ユーザー名などを使用して、アプリケーションをグループ化できます。このテーブルには、アプリケーション名、ボリューム、ユーザーなどの情報が含まれています。 表 1 に、「グリッド・ビュー」ページのフィールドを示します。

  • チャート表示 - すべてのアプリケーションの概要を表示します。ネットワークで最大帯域幅を消費している上位 50 個のアプリケーションが表示されます。データは、バブル グラフ、ヒート マップ、またはズーム可能なバブル グラフとしてグラフィカルに表示されます。 表 2 に、「チャート・ビュー」ページのウィジェットを示します。

表 1: アプリケーション - グリッド ビュー ページのフィールド

フィールド

説明

ボリューム別の上位ユーザー

アプリケーションのトップユーザー。帯域幅消費量でソート。

ボリュームでトップアプリ

アマゾン、フェイスブックなどのネットワークトラフィックの上位アプリケーション。帯域幅消費量でソート。

ボリュームによるトップカテゴリ

アプリケーションのWeb、インフラストラクチャなどのトップカテゴリ。帯域幅消費量でソート。

ボリュームによるトップ特性

アプリケーションの誤用されやすい、帯域幅の消費者など、上位の動作特性。

リスク別セッション数

受信したイベント/セッションの数。リスク別にグループ化。

期間

期間を選択できます。[ カスタム ] をクリックして、希望する日付を選択します。

アプリログの表示

アプリケーション ログを表示できます。

検索

データから特定のコンテンツを検索できます。

アプリケーション名

アプリケーションの名前 (Amazon、Facebook など)。

リスクレベル

アプリケーションに関連するリスク:重大、高、安全ではない、中程度、低、不明。

ユーザー

アプリケーションにアクセスするユーザーの合計数。

ボリューム

アプリケーションによって使用される帯域幅。

合計セッション数

アプリケーションセッションの合計数。

カテゴリ

アプリケーションのカテゴリ (Web、インフラストラクチャなど)。

サブカテゴリー

アプリケーションのサブカテゴリ。たとえば、ソーシャル ネットワーキング、ニュース、広告などです。

メモ:

1 つのカテゴリに多数のサブカテゴリを含めることができます。たとえば、カテゴリがマルチメディアの場合、ビデオストリーミングやオーディオストリーミングなどのサブカテゴリを持つことができます。

特性

アプリケーションの特性。例えば、誤用されやすく、消費者の帯域幅は、トンネリングが可能な。

メモ:

多くの特性がコンマ区切り記号で表示されることがあります。たとえば、特性はサポートファイル転送、生産性の損失、帯域幅として表示することができます。

表 2: アプリケーション - チャート ビュー ページのウィジェット

フィールド

説明

上位50アプリケーション

ネットワークで最大帯域幅を消費している上位 50 個のアプリケーションを表示します。

データは、バブル グラフ、ヒート マップ、またはズーム可能なバブル グラフとしてグラフィカルに表示されます。

表示者

ドロップダウンから、帯域幅またはセッション数でバブルグラフの順序を変更できます。

[帯域幅] が選択されている場合、バブルのサイズは使用する帯域幅によって異なります。一方、[セッション数]が選択されている場合、バブルのサイズはセッション数によって異なります。

期間

時間を選択できます。[ カスタム ] をクリックして、希望する日付を選択します。

グループ化

バブルグラフを帯域幅別にグループ化したり、リスクまたはカテゴリに基づいてドロップダウンからセッション数別にグループ化できます。