Help us improve your experience.

Let us know what you think.

Do you have time for a two-minute survey?

 
 

EX シリーズ スイッチの接続と設定(J-Web プロシージャ)

EX シリーズ スイッチは、J-Web インターフェイスを使用するか、CLIを使用するコンソールを使用して設定できます。

Junos OS リリース 22.3R1 以降、J-Web は EX4400 スイッチをサポートします。

Junos OS リリース 22.4R1 以降、J-Web は EX4100 および EX4100-F スイッチをサポートします。

Junos OS リリース 23.1R1 以降、J-Web は EX4400-24X スイッチをサポートします。

Junos OSリリース23.2R1以降、J-WebはEX4400およびEX4400-24Xスイッチ用のEX4400-EM-1Cアップリンクモジュールをサポートしています。

スイッチ設定のカスタマイズを開始する前に、以下の値を手元に用意しておいてください。

  • ホスト

  • root認証パスワード

  • 管理ポートの IP アドレス

  • デフォルト ゲートウェイの IP アドレス

  • (オプション)DNS サーバーと SNMP 読み取りコミュニティ

工場出荷時のデフォルト設定からJunos OSを初めて設定する方法は、以下のとおりです。

  1. スイッチに接続して設定する前に、コンソール サーバーまたは PC で次のパラメータ値を設定します。
    • ボーレート—9600

    • フロー制御 - なし

    • データ—8

    • パリティ - なし

    • ストップ ビット - 1

    • DCD状態—無視

  2. デバイスの電源を入れます。
  3. PC のイーサネット ポートとスイッチをイーサネット ケーブルで接続します。
    • EX2200、EX3200、またはEX4200スイッチ—スイッチのフロントパネルにあるポート0(ge-0/0/0)にケーブルを接続します。

    • EX3300、EX4100、EX4100-Fスイッチ—スイッチの背面パネルにある MGMT というラベルの付いたポートにケーブルを接続します。

    • EX4400-24X、EX4500、またはEX4550スイッチ:スイッチのフロントパネル(LCDパネル側)にある MGMT というラベルの付いたポートにケーブルを接続します。

    • EX4650またはEX4400スイッチ—スイッチの背面パネルにある CON というラベルの付いたポートにケーブルを接続します。

    • EX6200スイッチ—EX6210スイッチのスロット4または5にあるスイッチファブリックルーティングエンジン(SRE)モジュールの MGMT というラベルの付いたポートの1つにケーブルを接続します。

    • EX8200スイッチ—EX8208スイッチのスロットSRE0にあるスイッチファブリックルーティングエンジン(SRE)モジュールのMGMTというラベルの付いたポート、またはEX8216スイッチのスロットRE0にあるルーティングエンジン(RE)モジュールの MGMT というラベルの付いたポートにケーブルを接続します。

  4. Junos OSのログイン プロンプトで、 root と入力してログインします。

    パスワードを入力する必要はありません。ラップトップまたはデスクトップ PC をコンソール ポートに接続する前にソフトウェアが起動した場合、プロンプトを表示するために Enter キーを押す必要がある場合があります。

    メモ:

    最新のJunosソフトウェアを実行しているEXスイッチは、ゼロタッチプロビジョニング(ZTP)に対して有効になっています。ただし、EXスイッチを初めて設定する場合は、ZTPを無効にする必要があります。その方法をここで紹介します。コンソールに ZTP 関連のメッセージが表示された場合は、無視してください。

  5. CLI を起動します。
  6. 構成モードにします。
  7. ZTP設定を削除します。工場出荷時のデフォルト設定は、リリースによって異なる場合があります。ステートメントが存在しないことを示すメッセージが表示される場合があります。心配しないでください、続行しても安全です。
  8. root 管理ユーザー・アカウントにパスワードを追加します。プレーンテキストのパスワード、暗号化されたパスワード、またはSSH公開キー文字列を入力します。この例では、プレーンテキストのパスワードを入力する方法を示します。
  9. 現在の設定をアクティブにして、コンソール上の ZTP メッセージを停止します。
  10. ホスト名を設定します。
  11. スイッチの管理インターフェイスの IP アドレスとプレフィックス長を設定します。この手順の一環として、管理インターフェイスの工場出荷時のデフォルトの DHCP 設定を削除します。
  12. 管理ネットワークのデフォルト ゲートウェイを設定します。
  13. SSHサービスを設定します。デフォルトでは、root ユーザーはリモートでログインできません。このステップでは、SSH サービスを有効にし、SSH を介したルートログインも有効にします。
  14. Web 管理アクセスを構成します。
  15. オプション: DNS サーバーの IP アドレスを構成します。
  16. オプション: SNMP 読み取りコミュニティーを構成します。
  17. オプション: CLI を使用して構成のカスタマイズを続行します。
  18. 設定をコミットして、スイッチ上で有効にします。
  19. スイッチの設定が完了したら、設定モードを終了します。
  20. ラップトップまたは PC から Web ブラウザーを開き、ステップ #ex シリーズ-初期設定-設定-アップ-jweb__step-IP アドレスで構成した IP アドレスをアドレス フィールドに入力し、Enter キーを押します。
    J-Webログイン ページが表示されます。
  21. root のユーザー名とパスワードを入力し、[ログイン] をクリックして [オプションの構成] ページを表示します。
    スイッチの設定を続行できます。