Help us improve your experience.

Let us know what you think.

Do you have time for a two-minute survey?

 
 

例:MAC の移動による VPLS ネットワークでのループ防御の設定

VPLSネットワークにおけるMAC移動ループ防止の概要

Junos OS 14.2 以降では、VPLS ネットワークでのループを防止するようにルーターを設定できます。仮想プライベート LAN サービス(VPLS)の導入では、以前に学習した MAC(メディア アクセス コントロール)アドレスが、ローカル インターフェイス(ギガビット イーサネット インターフェイス)やラベル交換インターフェイス(LSI)など、別の物理インターフェイス上に表示される場合、または同じ物理インターフェイスの異なるユニット内に表示され、この動作が頻繁に発生する場合、MAC の移動と見なされます。

次のパラメータに基づいて MAC アドレスの移動を報告するようルーターを設定できます。

  • MAC アドレスの移動が発生した回数

  • MAC アドレスの移動が発生する時間の指定期間

ネットワークの設定エラーにより、トラフィックが循環パスやループの終わりを強制する可能性があります。VPLSネットワークのこれらのループは、さまざまなインターフェイス間で頻繁にMACを移動させます。これは、ネットワーク内のそのようなインターフェイスを無効にすることで、問題を修正するために使用できます。ループの原因となるインターフェイスを無効にするには、次の 2 つのアプローチを使用できます。

  • 基本学習インターフェイス(ベース IFL)アプローチ アルゴリズム- これはループ インターフェイスを無効にするのに使用される主なアプローチです。ベース インターフェイス情報は、ルーティング インスタンス内のすべての MAC に対して維持されます。MAC が最初に 300 秒間学習されたインターフェイスにとどまっている場合、インターフェイスと MAC の関連付けは安定していると見なされ、このインターフェイスは MAC のベース インターフェイスと見なされます。MAC の基本インターフェイスが LSI である間に、ローカル インターフェイスと LSI インターフェイス間で MAC の移動が頻繁に発生する場合、ローカル インターフェイスはループしていると見なされ、無効にする必要があります。

  • 統計的アプローチ アルゴリズム – これは、ループインターフェイスを無効にするのに使用される二次的なアプローチです。インターフェイスで MAC が 300 秒以上学習されていない場合、MAC はベース インターフェイスを持たないため、統計的アプローチが使用されます。

    ベース インターフェイス情報を持たない MAC(Base Learning Interface は null)の移動を開始すると、このような MAC の統計情報が異なるインターフェイス間を移動します。統計情報に MAC が LSI からローカル インターフェイスに移動するか、ローカル インターフェイスからローカル インターフェイスに移動すると、ローカル インターフェイスはループしていると見なされ、無効になります。

仮想ルーター冗長プロトコル(VRRP)の主な役割変更など、さまざまなインターフェイス間を移動できる特定の MAC があります。このようなMAC移動のベースインターフェイスは、ループ作成の前提につながるので、維持できません。そのため、このような MAC は仮想 MAC として設定する必要があります。仮想 MAC の例は、VRRP の場合は 00:00:01:xx、ホット スタンバイ ルーター プロトコル(HSRP)の場合は 00:00:00:0c:07:ac:xx、グローバル サーバー ロード バランシング(GSLB)では 00:07:b4:00:01:xx、VLB では 02:bf:xx:xx:xx です。

Junos OS リリース 17.4R1 以降では、ステートメントが global-mac-move 置き換えられます vpls-mac-move 。ステートメントの下の次のタイマーは、 global-mac-move 無効なインターフェイスの監視に役立ちます。

  • クールオフ時間 : インターフェイスが無効になると、クールオフ時間が開始します。この間、ルーティング インスタンスで発生している MAC の移動は無視されます。これにより、ルーティング インスタンス上で一度に 1 つのインターフェイスのみがブロックされ、特定の MAC の移動が依然として観察された場合に限り、クールオフ タイマーの期限切れ後にのみ別のインターフェイスのブロックが実行されます。デフォルトでは、クールオフ時間は 30 秒です。

  • インターフェイス回復時間— インターフェイスが無効になると、それは永久に無効になります。インターフェイスの回復時間を設定すると、インターフェイスの回復時間が完了すると、インターフェイスが有効になります。インターフェイスの復旧時間を 300 秒以上に設定することをお勧めします。

  • 統計的アプローチの待ち時間 — MACアドレスにベースIFLがない場合にループの存在を判断するために、MACの移動後に統計が収集される時間。.既定では、統計的アプローチの待機タイマーは 30 秒です。

    MAC アドレスの基本学習インターフェイスが確立される前に、統計的アプローチ アルゴリズムが MAC 移動ループ防止で使用されます。統計的アプローチ アルゴリズムを使用すると、問題の MAC アドレスが 00:00:00:00:00:00 の MAC アドレスで表示されます。MAC アドレスの基本学習インターフェイスが確立されるまで、ルーティング ループを持つインターフェイスが誤って識別される可能性があります。

MAC 移動による VPLS ループ防御の設定

仮想プライベート LAN サービス(VPLS)の導入では、以前に学習した MAC(メディア アクセス コントロール)アドレスが、ローカル インターフェイス(ギガビット イーサネット インターフェイス)やラベル交換インターフェイス(LSI)など、別の物理インターフェイス上に表示される場合、または同じ物理インターフェイスの異なるユニット内に表示され、この動作が頻繁に発生する場合、MAC の移動と見なされます。ルーターは、MAC アドレスの移動が発生した回数と、MAC アドレスの移動が実行される指定された時間に基づいて、MAC アドレスの移動を報告します。VPLS ネットワークの設定エラーにより、さまざまなインターフェイス間で頻繁に MAC が移動するループが発生する可能性があります。これらの移動は、ネットワーク内のそのようなインターフェイスを無効にすることで、問題を修正するために使用できます。インターフェイスを無効にするには、次の 2 つのアプローチを使用できます。

  • 基本学習インターフェイス(ベース IFL)アプローチ アルゴリズム — これはループローカル インターフェイスを無効にするのに使用される主なアプローチです。

  • 統計的アプローチ アルゴリズム— これはループローカル インターフェイスを無効にするのに使用される二次アプローチです。

一部の仮想 MAC は実際に異なるインターフェイス間を移動でき、このような MAC は移動を無視するように設定できます。冷却時間と統計的アプローチの待ち時間は、ループインターフェイスを見つけるために内部で使用されます。インターフェイスリカバリー時間は、ネットワーク内のループにより無効になるインターフェイスを自動有効にするように設定できます。

VPLS ネットワークでループ防止の設定を開始する前に、以下の手順を行います。

  1. VPLS トポロジを設定します。

  2. VPLS ルーティング インスタンスを設定します。

  3. VPLS インスタンスで VPLS MAC 移動アクションを有効にします。

  4. ルーティングおよびシグナリング プロトコルを設定します。

次のコマンドは global-mac-move 、Junos OS リリース 17.4R1 以降のコマンドを置き換えた vpls-mac-move コマンドを使用しています。

VPLS ネットワークでループ防止を設定するには、以下の手順に応じます。

  1. しきい値の時間としきい値カウントを設定して、MAC の移動を検出します。

    たとえば、しきい値の時間を 30、しきい値カウントを 4 として設定して MAC の移動を検出します。

    メモ:

    しきい値の時間としきい値の数が設定されていない場合は、デフォルト値が使用されます。しきい値時間のデフォルト値は 1 秒、しきい値カウントのデフォルト値は 50 です。

  2. (オプション)この期間中にルーティング インスタンスのインターフェイスが無効になると、他のインターフェイスが無効にならないように、クールオフ時間を設定します。
  3. (オプション)MAC アドレスのベース IFL がない場合に MAC の移動が観察された後に収集された統計情報に基づいてループの存在を判断するための統計的アプローチの待機時間を設定します。
  4. (オプション)インターフェイスの回復時間を設定して、インターフェイスの回復時間が完了すると、無効なインターフェイスが有効になっていることを確認します。
  5. (オプション)ループ作成の前提に至る MAC の移動を無視するように仮想 MAC アドレスを設定します。
  6. インターフェイスの VPLS ルーティング インスタンスを設定します。
  7. VPLS インスタンスのインターフェイスで MAC 移動アクションを有効にして、VPLS ネイバーを設定します。

例:MAC の移動による VPLS ネットワークでのループ防御の設定

この例では、異なる物理インターフェイス間のMAC移動により、VPLSネットワーク内のループを防止する方法を示しています。

VPLSネットワークでMACの移動が検出されると、Junos OSはベースIFLまたは統計的アプローチアルゴリズムを使用してインターフェイスを無効にすることで、ネットワーク内のループを防止できます。

要件

この例では、次のハードウェアおよびソフトウェア コンポーネントを使用します。

  • 4 つの MX シリーズ 5G ユニバーサル ルーティング プラットフォーム

  • すべてのデバイスで実行されているJunos OSリリース14.2以降

開始する前に、以下を行います。

  1. VPLS トポロジを設定します。

  2. VPLS ルーティング インスタンスを設定します。

  3. VPLS インスタンスで VPLS MAC 移動アクションを有効にします。

  4. ルーティングおよびシグナリング プロトコルを設定します。

概要

Junos OSリリース14.2以降、ベースIFLアプローチまたは統計的アプローチアルゴリズムを使用して、そのようなインターフェイスを識別して無効にすることで、異なる物理インターフェイス間の頻繁なMAC移動によるVPLSネットワークでのループ作成を防止できます。

アルゴリズムが base IFL approach 主なアプローチです。ベース インターフェイス情報は、ルーティング インスタンス内のすべての MAC に対して維持されます。MAC が最初に 300 秒間学習されたインターフェイスにとどまっている場合、インターフェイスと MAC の関連付けは安定していると見なされ、このインターフェイスは MAC のベース インターフェイスと見なされます。MAC の基本インターフェイスが LSI である間に、ローカル インターフェイスと LSI インターフェイス間で MAC の移動が頻繁に発生する場合、ローカル インターフェイスはループしていると見なされ、無効にする必要があります。

この statistical approach アルゴリズムは、ループインターフェイスを無効にするための二次アプローチです。インターフェイスで MAC が 300 秒以上学習されていない場合、MAC はベース インターフェイスを持たないため、統計的アプローチが使用されます。ベース インターフェイス情報を持たない MAC(Base Learning Interface は null)の移動を開始すると、そのような MAC の統計情報が異なるインターフェイス間を移動することが学習されます。統計情報に MAC が LSI からローカル インターフェイスに移動するか、ローカル インターフェイスからローカル インターフェイスに移動すると、ローカル インターフェイスはループしていると見なされ、無効になります。

トポロジ

図 1 に示すトポロジでは、VPLS ネットワーク内のデバイス PE1 でループが検出されました。

図 1:VPLS ネットワークでの MAC 移動によるループ防止の例 Example Loop Prevention Due to MAC Move in VPLS Network

構成

CLI クイック設定

この例を迅速に設定するには、次のコマンドをコピーしてテキスト ファイルに貼り付け、改行を削除し、ネットワーク設定に一致するために必要な詳細情報を変更してから、コマンドを階層レベルで [edit] CLI にコピーアンドペーストします。

この例では、Junos OS リリース 17.4R1 以降のvpls-mac-moveコマンドを置き換えたコマンドを使用global-mac-moveしています。

PE0

PE1

PE2

PE3

デバイス PE1 の設定

手順

次の例では、設定階層のさまざまなレベルに移動する必要があります。CLI のナビゲーションの詳細については、『CLI ユーザー ガイドの「設定モードでの CLI エディターの使用」を参照してください。

デバイス PE1 を設定するには、次の手順に従います。

メモ:

ルーターの適切なインターフェイス名、アドレス、およびその他のパラメータを変更した後、ルーター PE0、PE2、PE3 に対してこの手順を繰り返します。

  1. インターフェイスを設定します。

  2. ルーティング オプションを設定します。

  3. インターフェイスで MPLS プロトコルを設定します。

  4. OSPF プロトコルを設定します。

  5. インターフェイスで LDP プロトコルを設定します。

  6. しきい値の時間としきい値カウントを設定して、MAC の移動を検出します。

  7. クールオフ時間、統計的アプローチ待ち時間、インターフェイス回復時間、仮想MACなどのVPLS MAC移動パラメータを設定します。

  8. VPLS インスタンス vpls_1のインターフェイスで MAC 移動アクションを有効にします。

結果

設定モードから、 、 show protocolsshow routing-optionsおよび コマンドをshow interfaces入力して設定をshow routing-instances確認します。出力に意図した設定が表示されない場合は、この例の手順を繰り返して設定を修正します。

デバイスの設定が完了したら、設定モードから入力 commit します。

検証

設定が正しく機能していることを確認します。

VPLS ネットワークでの MAC 移動の検証

目的

VPLS ネットワークで MAC の移動が確認されていることを確認します。

アクション

動作モードから、デバイス PE1 の show vpls mac-move-action コマンドを実行します。

意味

出力は、VPLS MAC Move が VPLS ネットワークで観察されることを示す、インスタンス名、ローカル インターフェイス、使用したアルゴリズムを示しています。

VPLS インスタンスでの MAC 移動の検証

目的

VPLS インスタンスで MAC の移動が確認されていることを確認します。

アクション

動作モードから、デバイス PE1 の show vpls mac-move-action instance instance-name コマンドを実行します。

意味

出力はローカル インターフェイスを示し、VPLS MAC の移動が VPLS インスタンスで観察されたことを示すアルゴリズムが使用されています。

VPLS ネットワークにおける MAC 移動バッファの検証

目的

MAC 移動バッファを検証して、VPLS ネットワークで発生している MAC の移動を監視します。

アクション

動作モードから、デバイス PE1 の show l2-learning mac-move-buffer コマンドを実行します。

ベース IFL アプローチ アルゴリズムの VPLS MAC テーブルの検証

目的

MAC アドレスの基本学習インターフェイスを検証します。.

アクション

動作モードからコマンドを show vpls mac-table extensive 実行して、VPLS MAC テーブルの詳細情報を取得します。

意味

コマンド show vpls mac-table extensive の出力は、MAC アドレスの基本学習インターフェイスを示しています。

インターフェイスが無効になっていることを確認する

目的

MAC アドレスの基本学習インターフェイスが無効になっていることを確認します。

アクション

動作モードから、デバイス PE1 の show interfaces interface-name コマンドを実行します。

意味

出力のフラグ link-layer-down は、インターフェイスが無効であることを示します。

統計的アプローチ アルゴリズムの VPLS MAC テーブルの検証

目的

統計的アプローチ アルゴリズムの VPLS MAC テーブルを検証します。

アクション

動作モードから、デバイス PE1 の show vpls mac-table extensive コマンドを実行します。

意味

is Base learning interface null は、統計的アプローチが使用中であることを示します。

リリース履歴テーブル
リリース
説明
14.2
Junos OS 14.2 以降では、VPLS ネットワークでのループを防止するようにルーターを設定できます。