Help us improve your experience.

Let us know what you think.

Do you have time for a two-minute survey?

 
 

VLAN および VPLS ルーティング インスタンスの VLAN 識別子の設定

VLAN または VPLS ルーティング インスタンスの VLAN 識別子は、以下の方法で設定できます。

  • ステートメントまたはステートメント vlan-id のいずれかを使用 vlan-tags して、正規化 VLAN 識別子を設定します。このトピックでは、VLAN 識別子の正規化がどのように処理され、VLAN または VPLS ルーティング インスタンスで変換されるのかについて説明します。

  • input-vlan-map と、 または 階層レベルのステートメントを使用して output-vlan-map VLAN [edit interfaces interface-name unit logic-unit-number] [edit logical-systems logical-system-name interfaces interface-name unit logic-unit-number] マッピングを設定します。

メモ:

ACX5048 ルーターおよび ACX5096 ルーターでは、モードではなく モードの場合にのみ VLAN マップ connectivity-type ce の操作がサポート permanent されます。

vlan-id とステートメントは、VLAN または VPLS ルーティング インスタンスの下で、正規化された VLAN 識別子 vlan-tags を指定するために使用されます。正規化された VLAN 識別子は、受信したパケットの VLAN タグを Learn VLAN 識別子に変換または正規化できます。

メモ:

vlan ID またはステートメントを使用して VLAN または VPLS ルーティング インスタンスの正規化 VLAN 識別子を設定した場合、 input-vlan-mapとステートメントを使用して VLAN マッピングを設定することはできません output-vlan-map vlan-tags

VLAN の VLAN 識別子を設定するには、または階層レベルに vlan-id または ステートメントのいずれかを含め、その論理インターフェイスを VLAN 設定に vlan-tags [edit interfaces interface-name unit logic-unit-number] [edit logical-systems logical-system-name interfaces interface-name unit logic-unit-number] 含める必要があります。

VPLS ルーティング インスタンスの場合、または階層レベルに vlan-id または ステートメントのいずれかを含め、その論理インターフェイスを VPLS ルーティング インスタンスの設定 vlan-tags [edit interfaces interface-name unit logic-unit-number] [edit logical-systems logical-system-name interfaces interface-name unit logic-unit-number] に含める必要があります。

メモ:

ACX シリーズは階層をサポート [edit logical-systems] していない。

メモ:

単一の VLAN または VPLS ルーティング インスタンスの場合、vlan-idまたは ステートメントのどちらかを含め、両方を vlan-tags 含めません。VLAN または VPLS ルーティング インスタンスにvlan-idまたはvlan-tagsを設定しない場合、受信したレイヤー 2 パケットは、レイヤー 2 インターフェイスで出力 vlan-mapが設定されていない限り、VLAN タグが変更されることなく、アウトバウンド レイヤー 2 インターフェイスに転送されます。このため、フレームはレイヤー 2 インターフェイスの設定とは異なる VLAN タグを持つレイヤー 2 インターフェイスに転送されます。レイヤー 2 インターフェイスから受信したフレームは、インターフェイス設定で指定された VLAN タグと一致する必要があります。無効な設定により、レイヤー 2 ループが発生する可能性があります。ACX5048およびACX5096ルーターでは、インターフェイスVLANがvlan-id-listとして設定されている場合、VPLSルーティング インスタンスを正規化するために必須です。vlan-id all ACX5048およびACX5096ルーターではサポートされていません。

インバウンド論理インターフェイスに関連付けられたVLANタグを、正規化されたVLAN識別子と比較しました。タグが異なる場合は、表 2 に示すとおり にタグが書き換えされます。受信したMAC アドレスの送信元パケットパケットを、正規化された VLAN 識別子に基づいて学習します。

アウトバウンド論理インターフェイスに関連付けられたVLANタグと正規化VLAN識別子が異なる場合は、表 3に記載されているとおり、正規化されたVLAN識別子が、アウトバウンド論理インターフェイスのVLANタグと一致するように書き換まれます。

次の手順では、VLAN または VPLS ルーティング インスタンスにvlan-id number またはステートメントを使用して正規化 VLAN 識別子を指定する際に、レイヤー 2 論理インターフェイスを使用して受信したパケットをブリッジングするプロセスについて概説します vlan-tags

  1. 物理ポートでパケットを受信すると、パケットのVLAN識別子が、そのポートに設定された論理インターフェイスの1つのVLAN識別子と一致する場合にのみ受け入れされます。
  2. 次に、受信パケットの VLAN タグと正規化された VLAN 識別子が比較されます。パケットの VLAN タグが正規化された VLAN 識別子と異なる場合、VLAN タグは表 2 に記載されたとおりに 書き換てられます
  3. 受信したMAC アドレスの送信元パケット のアドレスが送信元MACテーブルに存在しない場合、正規化されたVLAN識別子に基づいて学習されます。
  4. その後、パケットは宛先パケットパケットに基づいて、1つ以上のアウトバウンドレイヤー2論理インターフェイスに転送MAC アドレス。既知のユニキャスト宛先を持つMAC アドレス パケットは、1 つのアウトバウンド論理インターフェイスにのみ転送されます。各アウトバウンド レイヤー 2 論理インターフェイスでは、VLAN または VPLS ルーティング インスタンスに設定された正規化された VLAN 識別子と、その論理インターフェイスで設定された VLAN タグが比較されます。アウトバウンド論理インターフェイスに関連付けられたVLANタグが、VLANまたはVPLSルーティング インスタンスに設定されている正規化されたVLAN識別子と一致しない場合、VLANタグは表 3に記載されたとおりに書き換てられます。

以下の表は、VLAN に対する vlan ID とステートメントの設定方法、VLAN または VPLS ルーティング インスタンスの論理インターフェイスに対する識別子の設定方法に応じて、VLAN と VLAN 間で送信されるトラフィックに VLAN タグがどのように適用されるのかについて示しています。 vlan-tags 設定に応じて、VLAN タグでは次の書き換え操作が実行されます。

  • pop— VLAN タグ スタックの一番上から VLAN タグを削除します。

  • pop-pop— フレームの外部および内部 VLAN タグの両方を削除します。

  • pop-swap—フレームの外部 VLAN タグを削除し、フレームの内部 VLAN タグを交換します。

  • swap— フレームの VLAN タグを交換します。

  • push— 新しい VLAN タグを VLAN スタックの一番上に追加します。

  • push-push—フレームの前に 2 つの VLAN タグをプッシュします。

  • swap-push—フレームの VLAN タグを置き換え、VLAN スタックの一番上に新しい VLAN タグを追加します。

  • swap-swap—フレームの外部および内部 VLAN タグの両方を交換します。

表 1 は、 サポートされている入力および出力 VLAN マップ設定を示しています。

表 1:サポートされる入力および出力 VLAN マップ設定

インターフェイス タイプ

入力マップ

出力マップ

構成

パラメーター

構成

パラメーター

タグ

プッシュ

tpid.outer-vlan

ポップ

なし

プッシュプッシュ

tpid.outer-vlan/ inner-vlan

pop-pop

なし

単一タグ付き

スワップ

tpid.outer-vlan

スワップ

tpid.outer-vlan

プッシュ

tpid.outer-vlan

ポップ

なし

swap-push

tpid.outer-vlan/ inner-vlan

pop-swap

なし

デュアルタグ付き

スワップ

tpid.outer-vlan

スワップ

tpid.outer-vlan

ポップ

なし

プッシュ

tpid.outer-vlan

swap-swap

tpid.outer-vlan/inner-vlan

swap-swap

tpid.outer-vlan

表 2 は 、設定に応じて VLAN に送信されたパケットの VLAN タグが処理および変換される方法の特定の例を示しています。「–」とは、ステートメントが指定された論理インターフェイス VLAN 識別子でサポートされていません。「動作しない」とは、受信パケットのVLANタグが、指定された入力論理インターフェイスに変換されないという意味です。

の VLAN 識別子に対するステートメントの使用と入力書き換え操作
表 2:VLAN

論理インターフェイスの VLAN 識別子

VLAN の VLAN 設定

vlan-id なし

vlan-id 200

vlan タグ 外部 100 内部 300

なし

動作なし

push 200

push 100、push 300

200

pop 200

動作なし

swap 200~300、 プッシュ 100

1000

pop 1000

スワップ 1000~200

swap 1000~300、 プッシュ 100

vlan タグ 外部 2000 内部 300

pop 2000、pop 300

pop 2000、swap 300~200

swap 2000~100

vlan タグ 外部 100 内部 400

pop 100、pop 400

pop 100、swap 400~200

スワップ 400~300

表 3 は 、設定に応じて VLAN から送信されたパケットの VLAN タグを処理および変換する方法の特定の例を示しています。「–」とは、ステートメントが指定された論理インターフェイス VLAN 識別子でサポートされていません。「ノーオペレーション」とは、指定された出力論理インターフェイスに対して、アウトバウンド パケットのVLANタグが変換されないという意味です。

VLAN 識別子に対するステートメントの使用と出力書き換え操作
表 3:VLAN

論理インターフェイスの VLAN 識別子

VLAN の VLAN 設定

vlan-id なし

vlan-id 200

vlan タグ 外部 100 内部 300

なし

動作なし

pop 200

pop 100、pop 300

200

push 200

動作なし

pop 100、swap 300~200

1000

プッシュ 1000

スワップ 200~1000

pop 100、swap 300 to 1000

vlan タグ 外部 2000 内部 300

push 2000、push 300

swap 200~300、push 2000

スワップ 100~2000

vlan タグ 外部 100 内部 400

プッシュ 100、プッシュ 400

swap 200~400、 プッシュ 100

スワップ 300~400