Help us improve your experience.

Let us know what you think.

Do you have time for a two-minute survey?

 
 

仮想スイッチのブリッジ ドメインのアクセス インターフェイスでの MAC ピン接続の設定

MAC の移動は、MAC アドレスが学習したインターフェイスとは異なる物理インターフェイスに頻繁に表示される場合に発生します。頻繁な MAC の移動は、ループの存在を示します。仮想スイッチのインターフェイス間でループを回避するには、MAC ピン接続を設定します。

このトピックでは、仮想スイッチのブリッジ ドメインのアクセス インターフェイスで MAC ピン接続を設定する方法について説明します。仮想スイッチは、データ リンク レイヤーでのみトラフィックをフィルタリングして転送するレイヤー 2 ネットワークを表します。仮想スイッチの各ブリッジ ドメインは、レイヤー 2 ラーニングおよび転送に参加します。ブリッジ ドメインのアクセス インターフェイスがタグ付きまたはタグなしパケットを受信すると、インターフェイスの VLAN ID がパケットに追加されます。パケットは、一致する VLAN ID で設定されたブリッジ ドメイン内で転送されます。

仮想スイッチのブリッジ ドメインのアクセス インターフェイスで MAC ピン接続を設定するには、次の手順に基づいて設定します。

  1. インターフェイスをアクセス インターフェイスとして設定し、VLAN ID を指定します。
  2. ルーティング インスタンスを仮想スイッチとして設定し、アクセス インターフェイスを指定します。
  3. ブリッジ ドメインを設定し、VLAN ID のリストを指定します。
  4. インターフェイスで MAC ピン接続を設定します。
  5. 設定モードで、設定を検証します。