Help us improve your experience.

Let us know what you think.

Do you have time for a two-minute survey?

 

例: VPLS 設定(BGP シグナリング)

図 1:VPLSトポロジーの図 VPLS Topology Diagram

1 では、ルーター PE1 と PE2 の間でシンプルな VPLS トポロジが有効になっています。CE CE1 および CE2 は、イーサネットベースのインターフェイスを使用して VLAN 600 をローカル PE ルーターに接続します。PE ルーター PE1 と PE2 は、MPLS、BGP、RSVP、およびサービスを実行するサービス プロバイダ バックボーンで LSP によって接続OSPF。

という名前のVPLSルーティング インスタンスでは、PE1はローカル インターフェイスと仮想ポートを持っています(VPLSが設定されている場合、仮想ポートはトンネル サービスPIC上に動的に green fe-0/1/0 vt-0/3/0.32770 作成されます)。PE2 には、同じ fe-0/1/0 インスタンス内のローカル vt-0/3/0.32771 インターフェイスと仮想ポート green があります。その結果、ルーター CE1 と CE2 は、イーサネット トラフィックが LAN 上で物理的に接続されている場合に、互いにイーサネット トラフィックを送信します。

ルーター CE1 で設定する必要がある唯一の項目は、PE1 に接続する高速イーサネット インターフェイスです。VLAN 識別子と IP アドレスを必ず書き込み、後で CE2 で一致することができます。

ルーター CE1

ルーター PE1 が最もMX シリーズ場合は、トンネル サービス インターフェイスを設定する必要があります。

仮想ルーター上にトンネル インターフェイスをMX シリーズ、 [ ] 階層レベルに tunnel-services edit chassis fpc slot-number pic number ステートメントを含める。トンネル インターフェイスの帯域幅を設定するには、 [ ] 階層レベルに bandwidth edit chassis fpc slot-number pic number tunnel services ステートメントを含てます。

次の例は、1 台のルーターのスロット 0 にインストールされている PFE DPC 3 上に 1 Gbps の帯域幅を設定したトンネル インターフェイスMX シリーズ示しています。

ルーター PE1 で、VPLS 用にルーターを準備するには、デバイスの設定、BGP、MPLS、OSPF RSVP を設定します。(これらのプロトコルは、VPLS を含むほとんどのレイヤー 2 VPN 関連アプリケーションのベースです)。VPLS は内部ノードにレイヤー 2 VPN と同じインフラストラクチャを使用BGP signaling [edit protocols bgp group group-name family l2vpn] 階層レベルにステートメントを含める。

注:

Junos OS リリース 7.3 以降では、ステートメントは階層レベル signaling でステートメント unicast[edit protocols bgp group group-name family l2vpn] 置き換える必要があります。VPLS ドメインとレイヤー 2 VPN を同時に設定する場合は、 ステートメント signaling を使用する必要があります。

次に、ルーター CE1 に接続された高速イーサネット インターフェイスで VLAN タギングを設定します。物理インターフェイス と論理インターフェイス の両方のレベルに VLAN VPLS カプセル化を含める。1 つの VPLS インスタンスの一部であるすべてのイーサネット インターフェイスに同じ VLAN ID を使用してください。最後に、高速イーサネット インターフェイスをVPLSルーティング インスタンスに追加し、サイト範囲、サイトID番号、サイト名を指定します。

ルーター PE1

ルーター P0 で、PE1 と PE2 を相互接続BGP、MPLS、設定、OSPF RSVP を設定します。

ルーター P0

ルーター PE2 がアクセス デバイスMX シリーズ、トンネル サービス インターフェイスを設定する必要があります。

仮想ルーター上にトンネル インターフェイスMX シリーズするには、 [ ] 階層レベルに tunnel-services edit chassis fpc slot-number pic number ステートメントを含てます。トンネル インターフェイスの帯域幅を設定するには、 [ ] 階層レベルに bandwidth edit chassis fpc slot-number pic number ステートメントを含てます。

次の例は、トンネル ルーターのスロット 0 にインストールされている PFE の PFE DPC 3 上に 1 Gbps の帯域幅を設定したトンネル インターフェイスMX シリーズ示しています。

ルーター PE2 で、PE1 BGP、MPLS、OSPF RSVP を設定して、PE1 の設定を補足します。次に、ルーター CE2 に接続された高速イーサネット インターフェイスで VLAN タギングを設定します。物理インターフェイス と論理インターフェイス の両方のレベルに VLAN VPLS カプセル化を含める。1 つの VPLS インスタンスの一部であるすべてのイーサネット インターフェイスに同じ VLAN ID を使用してください。最後に、高速イーサネット インターフェイスをVPLSルーティング インスタンスに追加し、サイト範囲、サイトID番号、サイト名を指定します。

ルーター PE2

ルーター CE2 で、PE2 に接続する高速イーサネット インターフェイスを設定して VPLS ネットワークを完了します。ルーター CE1 で使用されているのと同じ VLAN 識別子と IP アドレス プレフィックスを使用します。

ルーター CE2

作業の検証

VPLS が適切に動作確認するには、次のコマンドを使用します。

  • clear vpls mac-address instance instance-name

  • show interfaces terse

  • show route forwarding-table family mpls

  • show route forwarding-table family vpls (destination | extensive | matching | table)

  • show route instance (detail)

  • show system statistics vpls

  • show vpls connections

  • show vpls statistics

次のセクションでは、設定例の結果として、ルーター PE1 上のこれらのコマンドの出力を示します。

アカウンティング情報を持つVPLS MAC アドレス宛先を表示するには、 、 、 destination extensive matching table オプションを コマンドと一緒に使用 show route forwarding-table family vpls します。表示出力を分析する場合、以下の注意が必要です。

  • VPLS MAC アドレス アカウンティングは、VPLS インスタンスごとに MAC アドレスごとに処理されます。すべての情報は、データ テーブルMAC アドレスのエントリから取得MAC アドレスされます。VPLS アカウンティングMAC アドレスは、ローカル ルーター上でのみCEされます。

  • 送信元および宛先MACアドレスのVPLSカウンターは、エントリーがタイム アウトした場合、またはVPLSインスタンスが再起動した場合に、メモリ バッファーから最も古いMAC アドレスエントリーが削除されるまで、継続的に増加します。

VPLSテーブルMAC アドレスのすべてのVPLSエントリーを消去するには、 コマンドを発行 clear vpls mac-address instance instance-name します。論理システム logical-system logical-system-name 内のVPLSインスタンスのエントリーを消去するオプションを追加します。オプションを mac-address 使用して、個々の MAC アドレスを削除します。