Help us improve your experience.

Let us know what you think.

Do you have time for a two-minute survey?

 

VPLS ロード バランシングの設定

デフォルトでは、アクティブ なルートに同じ宛先への複数の等コスト パスがある場合、Junos OS はハッシュ アルゴリズムを使用して、転送テーブルにインストールするネクスト ホップ アドレスのいずれかを選択します。宛先のネクスト ホップ のセットが変更されるたびに、ハッシュ アルゴリズムを使用してネクスト ホップ アドレスを再取得します。

アクティブ ルートに対Junos OS宛先のすべてのネクスト ホップ アドレスが転送テーブルにインストールされた状態に設定できます。この機能はパケット単位のパケット 単位ロード バランシング。このスイッチを使用ロード バランシング、ルーター間の複数のパスにトラフィックを分散できます。また、パケット単位のポリシー 設定によりロード バランシングパス間の VPLS トラフィック フローを最適化できます。

注:

VPLS マニュアルでは、PE ルーターなどの用語「ルーター」は、ルーティング機能を提供するデバイスを参照するために使用されます。

VPLS トラフィックは、レイヤー 2 MAC(ネットワーク インターフェイス)情報、IP 情報メディア アクセス制御ラベルに基づいてロードバランシングMPLS、ラベルMPLSできます。

注:

プラットフォームサポートの情報については、 ファミリーマルチ サービス をご覧ください

複数のパスにわたるVPLSトラフィックフローを最適化するには、階層レベル family multiservice にステートメントを [edit forwarding-options hash-key] 含める:

指定されたパケット情報を使用して、ロードバランシングを行うオプションを 1 つ以上設定できます。

  • destination-mac—宛先アドレスの MAC 情報をレイヤー 2 ホストのハッシュ キーに含ロード バランシング。

  • source-mac—送信元アドレスの MAC 情報をハッシュ キーに含める。

  • label-1—ハッシュ キーにMPLS付けします。IP 情報とパケット ラベルに基づいて IPv4 VPLS トラフィックのフローロード バランシングパケットを含む場合にMPLSされます。

  • label-2 —2 つ目の MPLSをハッシュ キーに含める。と を指定した場合、最初のラベルと2番目のラベルの最初の label-1 label-2 16ビット全体がハッシュされます。

  • payload—パケットの IP ペイロードをハッシュ キーに含める。

  • ip—IPv4 または IPv6 ペイロードの IP アドレスをハッシュ キーに含める。

  • layer-3-only—パケットの IP ペイロードからのレイヤー 3 情報のみをハッシュ キーに含める。

  • layer-3—パケットの IP ペイロードからのレイヤー 3 情報をハッシュ キーに含める。

  • destination-address-only—宛先 IP アドレスのみを、ハッシュ キーにペイロードに含める。

    注:

    または ステートメントのどちらかを source-address-only 含め destination-address-only 、両方を含めません。これらは 1 つ限定されます。

  • source-address-only—送信元 IP アドレスのみをハッシュ キーにペイロードに含める。

    注:

    または ステートメントのどちらかを source-address-only 含め destination-address-only 、両方を含めません。これらは 1 つ限定されます。

  • layer-4—パケットの IP ペイロードからのレイヤー 4 情報をハッシュ キーに含める。

  • symmetric-hash—対称ハッシュまたは対称ハッシュを設定して、802.3ad リンク アグリゲーション グループロード バランシング対称ハッシュを設定します。

  • complement—対称ハッシュの補いをハッシュ キーに含める。

パケット単位のポリシー設定方法の詳細についてはロード バランシング ルーティング ポリシー、ファイアウォール フィルター、トラフィック ポリサー ユーザー ガイド を参照してください