Help us improve your experience.

Let us know what you think.

Do you have time for a two-minute survey?

 
 

VPLS マルチホーミングに自動検出を使用するメリット

VPLS(仮想プライベートLANサービス)は、1つ以上のメトロポリタンエリアにまたがり、複数のサイトが同じイーサネットLANに接続されているかのように複数のサイト間の接続を提供できるマルチポイントツーマルチポイントイーサネットサービスを提供します。

VPLSは、IPおよびMPLSサービスプロバイダのインフラストラクチャを使用しています。サービス プロバイダの視点では、スパニング ツリー プロトコル(STP)や MPLS ラベルではなく、IP および MPLS ルーティング プロトコルと手順を VLAN ID の代わりに使用することで、VPLS サービスの拡張性が大幅に向上します。

サービス プロバイダが顧客に 1 つ以上のサイトへの冗長接続を提供することが必要になるのはよくあることです。この機能はマルチホーミングと呼ばれます。

VPLSマルチホーミングにより、顧客サイトを2つ以上のPEルーターに接続して、冗長な接続を提供できます。冗長 PE ルーターは、障害が検出されるとすぐに顧客サイトにネットワーク サービスを提供できます。VPLSマルチホーミングは、以下のタイプのネットワーク障害が発生した場合に、マルチホームサイト間のVPLSサービスとトラフィック転送を維持するのに役立ちます。

  • PE ルーターから CE デバイス へのリンク障害

  • PE ルーター障害

  • ローカル PE ルーターとリモート PE ルーター間の MPLS 到達可能性障害

Junos®オペレーティングシステム(Junos OS)は、FEC(転送等価クラス)128とFEC 129の両方をサポートしています。FEC 128では、手動で設定された疑似配線が必要です。FEC 129 は、VPLS 自動検出を使用してエンドポイント情報を伝えます。PE ルーターを自動検出すると、疑似配線が自動的に作成されます。

FEC 129をサポートするVPLSマルチホーミングにより、LDP信号VPLSの他のベンダーの自動検出との相互運用が可能です。この相互運用性により、最高の価値を提供するベンダーを選択できます。