Help us improve your experience.

Let us know what you think.

Do you have time for a two-minute survey?

 
 

IP および MPLS 情報に基づく VPLS ロード バランシングの設定

Junos OS リリース 9.4 以降では、VPLS トラフィックのロード バランシングを設定して、M120 および M320 ルーターに IP 情報と MPLS ラベルを含めるハッシュ キーを設定できます。以前の Junos OS リリースでは、レイヤー 2 の情報のみに基づいてロード バランシングを設定できます。Junos OS リリース 9.5 以降では、MX シリーズ ルーターのレイヤー 3 IP およびレイヤー 4 情報に基づいて VPLS トラフィックのロード バランシングを設定できます。詳細については、「 MX シリーズ 5G ユニバーサル ルーティング プラットフォームでの VPLS ロード バランシングの設定」を参照してください。

IPv4 トラフィックの場合、ハッシュ キーには IP 送信元アドレスと宛先アドレスのみが含まれます。MPLS および IPv4 トラフィックには、1 つまたは 2 つの MPLS ラベルと IPv4 送信元アドレスと宛先アドレスが含まれます。MPLS イーサネット pseudowire の場合、ハッシュ キーには 1 つまたは 2 つの MPLS ラベルのみが含まれます。

メモ:

MPLS ラベルと IP 情報に基づく VPLS ロード バランシングは、M120 および M320 ルーターでのみサポートされます。Junos OS リリース 9.5 以降では、MX シリーズ ルーターでのみ、IP およびレイヤー 4 の情報に基づいて VPLS ロード バランシングを設定できます。

IP および MPLS 情報に基づいて複数のパスにわたる VPLS フローを最適化するには、階層レベルに family multiservice ステートメントを [edit forwarding-options hash-key] 含めます。

ハッシュ キーで最初の MPLS ラベルを使用するには、ステートメントを label-1 含めます。

2 番目の MPLS ラベルを使用するには、and label-2 ステートメントの両方をlabel-1含めます。

ハッシュ キーでパケットの IPv4 ペイロードを使用するには、and ip ステートメントをpayload含めます。

メモ:

サポートされているのは IPv4 のみです。

IPv4 ペイロードからのレイヤー 3 情報のみを含める場合は、ステートメントにオプションをlayer-3-onlypayload ip指定します。

1 番目と 2 番目の MPLS ラベルとパケットの IP ペイロードをハッシュ キーで使用するには、次のように 、 、label-2および ステートメントをlabel-1payload ip含めます。