Help us improve your experience.

Let us know what you think.

Do you have time for a two-minute survey?

 
 

MAC ピン留めについて

リリース 16.1 Junos OSから、MX シリーズ Junos OSループを防止するために MAC ピン留めをサポートしています。MAC の移動は、デバイスがMAC アドレスした物理インターフェイス上で、学習したインターフェイスとは異なる物理インターフェイス上に頻繁に表示された場合に発生します。頻繁な MAC 移動は、レイヤー 2 ブリッジと VPLS(仮想プライベート LAN サービス)ネットワークにループが存在すると示します。ループを回避するには、インターフェイス上でMACピン留め機能を有効にできます。MAC ピン留め機能は、インターフェイス上で MAC アドレスの動的学習が有効になっている場合にのみ適用されます。

ブリッジ ドメインまたは VPLS ドメインのインターフェイス上で MAC ピン留めを有効にした場合、MAC アドレス が最初のインターフェイスで無効になるか、MAC テーブルから消去されるまで、そのインターフェイスを使って学習した MAC アドレスを、同じブリッジ ドメインまたは VPLS ドメイン内の他のインターフェイスで再学習することはできません。同じパケットを持つMAC アドレス同じブリッジ ドメイン内の他のインターフェースに到着すると、パケットは破棄されます。これにより、ネットワークの移動MAC アドレス効果的に制御し、レイヤー 2 ブリッジおよび VPLS ドメインでのループの作成を回避できます。

メモ:

MAC アドレスのタイムアウト間隔がステートメントを設定して指定されていない場合、MAC ピン留めインターフェイスを使用して学習した MAC アドレスは、デフォルトのタイムアウト期間までインターフェイスに固定 mac-table-aging-time されます。

ブリッジング環境とVPLSルーティング インスタンスで、MACピン留めを設定できます。ブリッジング環境では、アクセス インターフェイスとトランク インターフェイスで MAC ピン留めを有効にできます。スイッチのアクセス インターフェイスまたはトランク インターフェイスで MAC ピン留めを有効仮想スイッチ。ブリッジング環境でループを回避するには、このトピックで前述した設定をすべて使用できます。MACの移動とループを回避するには、16の異なるMACピン設定のいずれかを使用できます。

Junos OS リリース 17.2 より、MAC ピン留め機能は、全アクティブ モードとシングルアクティブ モードの両方で、カスタマー エッジ(CE)インターフェイスや PBB コア上の EVPN など、プロバイダ バックボーン ブリッジング(PBB)とイーサネット VPN(EVPN)統合で有効になっています。

PBB-EVPN の MAC ピン留めを設定するには、 、 の ステートメントを バックボーン ポート(B コンポーネント)上の PBB ルーティング インスタンス mac-pinning [edit routing-instances pbbn protocols evpn] pbbn に含けます。この設定では、CE インターフェイス上の PBB I-Component(カスタマー ルーティング インスタンス)ブリッジ ドメインと PBB-MPLS コア インターフェイスで動的に学習された MAC アドレスが使用されます。これにより、MACが重複するMAC検出に移行するのを防ぎ、ネットワークでのループ作成を回避できます。

リリース履歴テーブル
リリース
説明
17.2R1
Junos OS リリース 17.2 より、MAC ピン留め機能は、全アクティブ モードとシングルアクティブ モードの両方で、カスタマー エッジ(CE)インターフェイスや PBB コア上の EVPN など、プロバイダ バックボーン ブリッジング(PBB)とイーサネット VPN(EVPN)統合で有効になっています。
16.1
リリース 16.1 Junos OSから、MX シリーズ ルーター上のループJunos OS防止するために MAC ピン留めをサポートしています。