Help us improve your experience.

Let us know what you think.

Do you have time for a two-minute survey?

 
 

レイヤー 2 インターワーキング インターフェイスを使用してレイヤー 2 回線をレイヤー 2 VPN に相互接続する

レイヤー 2 回線から受信したパケットをループするために物理トンネル PIC を使用する代わりに、レイヤー 2 インターワーキング インターフェイスは Junos OS を使用して両方のレイヤー 2 VPN ルートをつなぎ合わせています。

相互運用インターフェイスを設定するには、 iw0 ステートメントを含めます。 iw0 ステートメントは 、[edit interfaces] 階層レベルで設定されます。これは、2 つの論理インターフェイス間のピアリングを指定します。この設定は、論理トンネル インターフェイスの設定と似ています。論理インターフェイスは、レイヤー 2 回線およびレイヤー 2 VPN 接続のエンドポイントに関連付ける必要があります。

ステートメントを階層レベルに含め、and iw0 インターフェイスをl2circuit[edit protocols]指定して、レイヤー 2 回線プロトコルをneighbor設定します。

ステートメントを階層レベルに[edit routing-instances]含め、オプションをrouting-instance-name指定して、レイヤー 2 VPN 接続を設定しますinstance-type l2vpn

インターフェイス設定 iw0 に加えて、レイヤー 2 インターワーキング プロトコルも l2iw 有効にする必要があります。 l2iw 設定を行わないと、 l2iw インターフェイスが存在するかどうか iw に関係なく、ルートは形成されません。l2iw プロトコル内では、標準の方法で設定できるのはトレース オプションのみです。機能を機能させるために必要な最小構成を以下に示します。