Help us improve your experience.

Let us know what you think.

Do you have time for a two-minute survey?

 
 

レイヤー 2 VPN、レイヤー 2 回線、VPLS 向け VCVC の BFD サポート

MX シリーズ デバイスでの仮想回線接続検証(VC BFD)のサポートにより、対応する操作、管理、管理機能に加え、その制御チャネルで使用する偽ワイヤ用の制御チャネルを設定できます。

BFD は、PseudoWire データ パスの継続的な監視や障害の検出を行う低データ プレーン提供します。この機能は、RFC 5885、Pseudowire Virtual Circuit Connectivity Verification(VCWC)の BFD(Bidirectional Forwarding Detection)で説明されているとおり、VCの非同期モード BFD をサポートします。または、ping 操作を使用して偽ワイヤ障害を検出できます。しかし、ping 操作に必要な処理リソースは、BFD に必要なリソースよりも高い。さらに、BFD は VCVC への ping よりもデータ プレーン障害を迅速に検知できます。pseudowire の BFD は、レイヤー 2 回線(LDP ベース)、レイヤー 2 VPN(BGP ベース)、VPLS(LDP ベースまたは BGP ベース)でサポートされます。

リリース 12.1 から、Junos OS VCVC の BFD 用分散モデルが導入されています。以前のリリースでは、VC の BFD は ルーティング エンジン ベースの実装に従いましたが、リリース 12.1 以降では、VCVC の BFD は、DPC、FPC、MPC などの PIC コンセントレータによる分散実装に従います。

分散型 BFD の場合、ユニット 0 で、適切なファミリーが有効になっている lo0 インターフェイスを設定する必要があります。

注:

VCVC の分散型 BFD を機能するには、ループバック インターフェイスで MPLS ファミリー( family mpls )を設定する必要があります。

12.1 Junos OS 以降では、PIC コンセントレータ上の定期的なパケット管理プロセス(ppm)により、VCVC 用 BFD の定期的なパケット管理(送受信)が処理されます。これにより、vc Junos OSの BFD を作成し、エラー検知の時間を短縮できます。同様に、分散実装ではルーティング エンジンのパフォーマンスが向上します。VCVC 実装用の BFD に使用される ルーティング エンジン リソースは、VCVC 関連の処理の BFD が PIC コンセントレータに移動すると、ルーティング エンジン 関連アプリケーションで使用できます。また、VCVC の実装向け分散型 BFD は、VCVC のセッションの BFD をグレースフル リスタート時にも維持できます。