Help us improve your experience.

Let us know what you think.

Do you have time for a two-minute survey?

 
 

show route table

構文

構文(EX シリーズ スイッチ、QFX シリーズ スイッチ)

説明

特定のルート エントリをルーティング テーブル。

オプション

要約|詳細|広範な|簡潔

(オプション)指定された出力レベルを表示します。

論理システム(全| logical-system-name)

(オプション)すべての論理システムまたは特定の論理システムで、この操作を実行します。このオプションは、サポートされている機能Junos OS。

routing-table-name

名前がこの文字列で始まるすべてのルーティング テーブルのルート エントリーを表示します(例: inet.0 と inet6.0 は、コマンドの実行時に両方とも表示 show route table inet されます)。

必須の権限レベル

ビュー

出力フィールド

表 1 は 、 コマンドの出力フィールドを示 show route table しています。出力フィールドは、概して表示される順序で一覧表示されます。

表 1: show ルート テーブルの出力フィールド

フィールド名

フィールドの説明

routing-table-name

ルーティング テーブル 名(inet.0 など)。

再起動完了

この場合、すべてのプロトコルが再起動ルーティング テーブル。

再起動の状態:

  • Pending:protocol-name—このプロトコルのグレースフル リスタートをまだ完了していないプロトコルのルーティング テーブル。

  • Complete—この設定のために、すべてのプロトコルがルーティング テーブル。

たとえば、出力が-

  • LDP.inet.0             : 5 routes (4 active, 1 holddown, 0 hidden)
        Restart Pending: OSPF LDP VPN

    これは、 OSPFLDPVPNおよびのプロトコルがデバイスの再起動しなかったことをルーティング テーブルLDP.inet.0

  • vpls_1.l2vpn.0: 1 destinations, 1 routes (1 active, 0 holddown, 0 hidden)
    Restart Complete

    これは、すべてのプロトコルがデバイスの再起動ルーティング テーブル vpls_1.l2vpn.0

number 目的 地

ネットワーク内にルートがある宛先ルーティング テーブル。

number ルート

以下の状態でのルートルーティング テーブルおよびルートの総数:

  • active (アクティブなルート)

  • holddown (非アクティブ宣言になる前に保留中のルート)

  • hidden (ルート数が 150,000 をルーティング ポリシー)

route-destination (エントリー、発表)

ルート宛先(例:10.0.0.1/24)。値 entry は、この宛先の announced ルート数であり、値は、この宛先に対して発表されるルートの数です。場合によっては、ルートの宛先が次のような別の形式で表示される場合があります。

  • MPLS-label (例:80001)。

  • interface-name (例:ge-1/0/2 など)。

  • neighbor-address:control-word-status:encapsulation type:vc-id:(source レイヤー 2 回線のみ、例:10.1.1.195:NoCtrlWord:1:1:Local/96)。

    • neighbor-address—近隣のアドレス。

    • control-word-status—この仮想回線で制御ワードの使用がネゴシエートされたかどうか: NoCtrlWord または CtrlWord.

    • encapsulation type—カプセル化のタイプは、(1)フレーム リレー DLCI、(2)ATM AAL5 VCC トランスポート、(3)ATM 透過セル トランスポート、(4)イーサネット、(5)VLAN イーサネット、(6)HDLC、(7)PPP、(8)ATM VCC セル トランスポート、(10)ATM VPC セル トランスポートで表されます。

    • vc-id—仮想回線識別子。

    • source—広告の送信元: Local または Remote.

  • inclusive multicast Ethernet tag route—(例:3:100.100.100.100.100:100:0:10::100.100.100.10/384 など)で表されるルート宛先のタイプ:

    • route distinguisher—(8オクテット) RD(ルート識別)は、NLRIを宣伝しているEVI(EVPNインスタンス)のRDである必要があります。

    • Ethernet tag ID—(4 オクテット) イーサネット タグの識別子。0 または有効なイーサネット タグ値に設定できます。

    • IP address length—(1 オクテット) IP アドレスの長さ(ビット)

    • originating router’s IP address—(4 または 16 オクテット) プロバイダ エッジ(PE)デバイスの IP アドレスを設定する必要があります。このアドレスは PE デバイス上のすべての EV で共通で、PE デバイスのループバック アドレスである場合があります。

ラベル スタック

(MPLSのみ)MPLSラベル スタックの奥行きを提供するネクストトラストホップ ルーティング デバイスです。この場合、ラベルポップ操作が必要で、スタックの一番上から1つ以上のラベルを削除します。ルートのペアが表示されます。これは、スタックの奥行きが 2 つ以上のラベルである場合にのみポップ操作が実行されるためです。

  • S=0 route 受信ラベル スタックの奥行きが 2 以上のパケットが、ラベルが 1 つ少ないこのルーティング デバイスから出て行く(ラベルポップ操作が実行される)示します。

  • 情報がない S= 場合、ルートは通常の MPLS ルートで、スタックの奥行きは 1 です(ラベルポップ操作は実行されません)。

[protocol, preference]

ルートが学習されたプロトコルと、ルートの好み値。

  • +—プラス記号は、アクティブ ルート(デバイスから転送テーブルにインストールルーティング テーブルを示します。

  • -—ハイフンは最後のアクティブ ルートを示します。

  • *— アスタリスクは、ルートがアクティブなルートと最後のアクティブ ルートの両方である必要があります。行の前にアスタリスク to が付いた場合、ルートへの最適なサブパスが示されます。

デフォルト属性を除くすべてのルーティング BGP LocalPref では、より少ない値が望まれます。共通の比較ルーティンを使用するために、Junos OSフィールドの値を1 LocalPref の補足値に格納 Preference2 します。たとえば、ルート LocalPref 1 の値が 100 Preference2 の場合、値は -101 になります。 LocalPref Route 2 の値が 155 の場合、 Preference2 値は -156 になります。ルート 2 が望ましいのは、値が高く、 LocalPref 値が小さいため Preference2 です。

レベル

(IS-ISのみ)。そのIS-IS、単一のASエリアと呼ばれる小さなグループに分割できます。エリア間のルーティングは階層的に構成され、ドメインを管理的に小さな領域に分割できます。この組織は、レベル 1 とレベル 2 の中間システムを設定して完了します。エリア内のレベル 1 システム ルート宛先がエリアの外にある場合、その宛先はレベル 2 システムに向かってルーティングします。レベル2中間システムは、エリア間および他のSSへのルートです。

ルートの識別

64 ビット プレフィックスで強化された IP サブネット。

PMSI

プロバイダ マルチキャスト サービス インターフェイス(MVPN ルーティング テーブル)。

ネクストホップ タイプ

ネクスト ホップのタイプ。このフィールドで使用できる値の詳細については、表 2 を参照してください

ネクストホップ リファレンス数

ネクスト ホップに対する参照数。

フラッド ネクストホープ ブランチが最大メッセージを超える

フラッド ネクスト ホップ ブランチの数がシステムの上限である 32 の支社/拠点を超え、カーネルにはフラッド ネクスト ホップ ブランチのサブセットのみがインストールされていることを示します。

ソース

ルート ソースの IP アドレス。

ネクスト ホップ

直接到達可能な近隣システムのネットワーク レイヤー アドレス。

を介して

ネクスト ホップに到達するために使用されるインターフェイス。ネクスト ホップに使用可能なインターフェイスが複数ある場合、実際に使用されているインターフェイスの名前の後に単語が付きます Selected。このフィールドには、以下の情報も含まれます。

  • 重み — プライマリ、セカンダリ、バックアップ ルートの識別に高速再ルート値。重み情報は、MPLS LSP(ラベルスイッチ パス)リンク保護、ノードリンク保護、または 高速再ルート が有効になっている場合、またはセカンダリ パスでスタンバイ状態が有効になっている場合に使用できます。より低い重量値が望ましいです。同じ重み値を持つルートの中ロード バランシングを使用できます。

  • バランス — ルーティング デバイスで等しくないコスト 処理を実行している場合に、ネクスト ホップ間で等しくないコストのトラフィックがどのように分散されるのかを示す係数ロード バランシング。この情報は、マルチパス パス サービスを有効BGPときにロード バランシング。

ラベルスイッチ パス lsp-path-name

ネクスト ホップに到達するために使用される LSP の名前。

ラベル操作

MPLSで発生するラベルと動作を確認します。操作には pop push swap (スタックの一番上からラベルが削除されている場合)、 (別のラベルがラベル スタックに追加されている場合)、 (ラベルが別のラベルで置き換えられる場合)を選択できます。

インターフェイス

(ローカルのみ)ローカル インターフェイス名。

プロトコルのネクスト ホップ

プレフィックスをアドバタイズしたリモート ルーティング デバイスのネットワーク レイヤー アドレス。このアドレスを使用して、転送ネクスト ホップを導き出します。

間接ネクスト ホップ

プロトコルのネクスト ホップ、タグ、カーネル エクスポート ポリシー、転送ネクスト ホップ間のマッピングを指定するために使用されるインデックス指定。

状態

ルートの状態(ルートが複数の状態にある場合があります)。表 3 を参照してください

ローカルAS

ASルーティング デバイスの数を指定します。

年齢

ルートがどのくらい知られているか。

AIGP

内部ゲートウェイ プロトコル(AIGP)が蓄積されたBGP属性。

メトリックn

示されたルートのコスト値。ネットワーク内のルートASは、コストはルートとIGPプロトコル メトリックによって決まります。外部ルート、宛先、またはルーティング ドメインの場合、コストは優先値によって決定されます。

MED プラス IGP

ネクスト ホップ宛先BGPパス選択のIGPのメトリック値が追加されています。

TTL アクション

指定MPLS LSPの場合、TTL伝播属性の状態。すべての RSVP 信号 LSP および LDP 信号 LSP または特定の VRF ルーティング インスタンスについて、有効または無効にできます。

タスク

ルートを追加したプロトコルの名前。

お知らせ

このルートBGPしたピアまたはプロトコルの数Junos OS、その後にアナウンスされた受信者のリストが表示されます。Junos OS、パケット転送エンジン、解決ツリー、レイヤー 2 VC、または VPN にルートをインストールするためのルートをカーネル ルーティング テーブル(KRT)にアナウンスすることができます。たとえば、指定 n-Resolve inet されたルートが、指定されたルートのネクスト ホップのルート解決に使用ルーティング テーブル。

  • n—顧客サポートでのみ使用ジュニパーネットワークスインデックス。

AS パス

ASが学習されたパスを示します。AS パスの末尾にある文字は、パスの送信元を示し、パスの送信元であるルートの状態AS示します。

  • I—IGP。

  • E—EGP。

  • Recorded—サンプル ASパスはサンプル プロセスによって記録されます(サンプル)。

  • ?—不完全、通常はASパスが集約されました

ルートASパス番号が含まれている場合、その形式は次のとおりです。

  • [ ]—角括弧は、パスの前にある番号ASします。この数字は、RFC 4271で定義されたとして計算された場合の、パスにAS存在する ASの数を表します。この値は、RFC 4893で定義されたASパスマージプロセスで使用されます。

  • [ ]:ルーティング デバイス上で複数の AS 番号が設定されている場合、または AS パスの未追加が設定されている場合、角括弧は、ルーティング パスに関連付けられたローカル AS AS 番号を囲みます。

  • { }—中括弧は、AS重要ではない番号のグループASセットを囲います。一般的に、セットはルート アグリゲーションから生みます。各フィールド セットのAS順序で表示されます。

  • ( )—括弧はコンフェデレーションを囲む。

  • ( [ ] )—括弧と角括弧は、コンフェデレーション セットを囲みます。

メモ:

Junos OSリリース10.3以降では、BGPが属性128(属性セット)を受信し、どのルーティング インスタンスでも独立ドメインを設定していない場合、ASパス フィールドには、認識されていない属性と関連する16進値が表示されます。

検証状態

(BGP学習したルート)ルートの検証ステータス:

  • Invalid:プレフィックスが見つかっていますが、EBGP ピアから受信した対応する AS がデータベースに表示される AS ではなく、または BGP 更新メッセージ内のプレフィックス長さが、データベースで許可されている最大長よりも長いのいずれかを示します。

  • Unknown—プレフィックスがデータベース内のプレフィックスまたはプレフィックス範囲に含第 1 に含えからなかどうかを示します。

  • Unverified—プレフィックスの起点がデータベースに対して検証されないかどうかを示します。これは、データベースが設定され、BGPインポート ポリシーで検証が呼び出されない場合、オリジンの検証が有効になっているか、BGPピアでオリジンの検証が有効になっていないためです。

  • Valid—プレフィックスと自律システムのペアがデータベースに見つかり、示します。

ルーティングにバインドされた FEC

マルチポイント LDP(M-LDP)インバンド シグナリングが設定されている場合、ポイント対マルチポイント ルート アドレス、マルチキャスト ソース アドレス、マルチキャスト グループ アドレスを示します。

プライマリ アップストリーム

マルチポイント LDP とマルチキャスト専用インターフェイス高速再ルート(MoFRR)が設定されている場合、はプライマリ アップストリーム パスを示します。MoFRR は、レシーバからプライマリ パス上のソースにマルチキャスト参加メッセージを送信すると同時に、セカンダリ マルチキャスト参加メッセージをレシーバからバックアップ パス上のソースに送信します。

RPF ネクストホープ

MoFRR を使用するマルチポイント LDP が設定されている場合、RPF(リバース パス フォワーディング)ネクスト ホップ情報を示します。データ パケットは、プライマリ パスとセカンダリ パスの両方から受信されます。冗長パケットは RPF チェックにより、トポロジのマージ ポイントで破棄されます。

ラベル

複数のMPLS MoFRR ストリーム選択の制御に使用されます。各ラベルは別々のルートを表しますが、各リファレンスは同じインターフェイス リスト チェックを参照します。プライマリ ラベルだけが転送され、他のすべてのラベルは破棄されます。複数のインターフェイスが、同じラベルを使用してパケットを受信できます。

重量

MoFRR プライマリ ルートとバックアップ ルートの識別に使用される値。より低い重量値が望ましいです。同じ重み値を持つルートの中ロード バランシングを使用できます。

VCラベル

MPLS 2回線仮想接続に割り当てられたラベルを設定します。

MTU

レイヤー 2 回線MTU送信ユニット(最大)です。

VLAN ID

レイヤー 2 回線の VLAN 識別子。

ルーティングにバインドされたプレフィックス

このルートにバインドされた FEC(転送同等クラス)。LDP によってインストールされたルートにのみ適用されます。

コミュニティ

コミュニティパス属性にルートを提供できます。この フィールドで使用できるすべての 値については、表 4 を参照してください。

レイヤー 2 情報:カプセル化

レイヤー 2 カプセル化(VPLS など)。

制御フラグ

制御フラグ: または none Site Down.

Mtu

最大送信単位(MTU)情報。

ラベルベース、範囲

ラベルのブロックの最初のラベルとラベル ブロック サイズ。リモート PE ルーティング デバイスは、この最初のラベルを使用して、広告 PE ルーティング デバイスにトラフィックを送信します。

ステータス ベクトル

レイヤー2 VPNおよびVPLSネットワークレイヤー到達可能性情報(NLRI)

受け入れマルチパス

マルチパスの設定時BGPアクティブ パス

LongLivedStale の受け入れ

LongLivedStale フラグは、LLGR レシーバー モードの動作の一環として、このルーターによってルートが LLGR-stale としてマークされた状態を示します。このフラグまたは LongLivedStaleImport フラグのいずれか、またはルートに対して表示される場合があります。これらのどちらのフラグも、Stale(通常の GR stale)フラグと同時に表示されません。

LongLivedStaleImport の受け入れ

LongLivedStaleImport フラグは、ピアから受信したルートまたはインポート ポリシーによって、ルートが LLGR-stale としてマークされた状態を示します。このフラグまたは LongLivedStale フラグのいずれか、またはルートに対して表示される場合があります。これらのどちらのフラグも、Stale(通常の GR stale)フラグと同時に表示されません。

設定済みのBGPから学習した、長寿命のグレースフル リスタート(LLGR)および LLGR の古いルートから受信した全ルートを受け入れ、inet.0 ポートにインポートルーティング テーブル

ImportAccepted LongLivedStaleImport

設定済みのBGPから学習し、inet.0 インターフェイスにインポートされた、長い稼働時間のグレースフル リスタート(LLGR)および LLGR の古いルートから受信した全ルートを受け入ルーティング テーブル

LongLivedStaleImport フラグは、ピアから受信したルートまたはインポート ポリシーによって、ルートが LLGR-stale としてマークされた状態を示します。

受け入れマルチパスコントリブ

現在マルチパスに関連BGPパス。

Localpref

ルートに含まれるローカル設定値。

ルーター ID

BGPメッセージ内で近隣によってアドバタイズされているルーターIDを指定します。

プライマリ ルーティング テーブル

グループ内ルーティング テーブルルートが存在するプライマリ ルーティング テーブルの名前を指定します。

セカンダリ テーブル

ネットワーク グループルーティング テーブルルートが存在する 1 つ以上のセカンダリ テーブルの名前。

表 2 は 、ネクスト ホップ タイプ出力フィールドで可能なすべての値を示しています。

表 2:ネクストホップ タイプ出力フィールド値

ネクストホップ タイプ

説明

ブロードキャスト(キャスト)

ブロードキャストネクストホップ。

拒否

拒否ネクスト ホップ。

破棄

破棄ネクスト ホップ。

洪水

フラッドネクストホップ。最大 32 の支社/拠点を持つ、支店と呼ばれるコンポーネントで構成されています。各フラッド ネクスト ホップ ブランチは、トラフィックのコピーを転送インターフェイスに送信します。ポイント to-マルチポイント RSVP、ポイント対マルチポイント LDP、ポイント対マルチポイント CCC、マルチキャストで使用されます。

保持

ネクスト ホップは、ユニキャスト タイプまたはマルチキャスト タイプに解決されるのを待っています。

インデックス作成(idxd)

インデックス付きネクスト ホップ

間接(indr)

リモートのプロトコルのネクスト ホップ アドレスを持つアプリケーションで使用されます。BGP のネクスト ホップが直接接続されていない BGP ネイバーの場合、内部 BGP(IBGP)ルートに対してこのネクスト ホップ タイプが表示される可能性があります。

インターフェイス

インターフェイスに割り当てられたネットワーク アドレスに使用されます。ルーターのネクスト ホップとは異なり、インターフェイスのネクスト ホップはネットワーク上の特定のノードを参照しない。

ローカル(locl)

インターフェイス上のローカル アドレス。このネクスト ホップ タイプでは、この宛先アドレスを持つパケットをローカルで受信します。

マルチキャスト(mcst)

ワイヤー マルチキャスト ネクスト ホップ(LAN に限定)。

マルチキャスト破棄(mdsc)

マルチキャスト破棄

マルチキャスト グループ(mgrp)

マルチキャスト グループ メンバー

受信(recv)

受信。

拒否(rjct)

破棄。ICMP に到達できないメッセージが送信されました。

解決(rslv)

ネクスト ホップの解決

Routed Multicast(mcrt)

定期的なマルチキャストネクストホップ。

ルーター

ルーティング デバイスがルート プレフィックスに一致するパケットを転送するノードまたはノードのセット。

ネクストホップ タイプ ルーターとして機能するには、ルートが以下の条件を満たす必要があります。

  • ルーティング デバイスの直接またはローカル サブネットである必要があります。

  • ルーティング デバイスに直接接続されたネクスト ホップが必要です。

テーブル

ルーティング テーブルのネクスト ホップ

ユニキャスト(数百日)

ユニキャスト。

Unilist(ulst)

ユニキャストのネクスト ホップのリスト。このネクスト ホップに送信されたパケットは、リスト内の任意のネクスト ホップに移動します。

表 3 は、状態出力フィールドで可能なすべての値を示しています。ルートは複数の状態(たとえば)にできます<Active NoReadvrt Int Ext>

表 3:状態出力フィールド値

説明

会計

ルート ニーズ アカウンティング

アクティブ

ルートはアクティブです。

常に MED を比較

低いマルチ Exit 識別子(MED)を持つパスを使用できます。

AS パス

より短ASパスの提供が可能です。

Cisco の非 Deterministic MED 選択

Cisco の非定義的 MED が有効で、MED が低いパスを使用できます。

クローン

ルートはクローンです。

クラスター リストの長さ

ルート リフレクタによって送信されるクラスター リストの長さ。

削除

ルートが削除されている。

外部ルート。

内線

BGPネイバーから受信したBGPを設定します。

フラッシュオール

すべてのプロトコルに、プレフィックスに対してアクティブまたは非アクティブなルートへの変更を通知します。設定されていない場合、プロトコルはアクティブ ルートが変更された場合にのみプレフィックスに通知されます。

隠さ れた

ルーティングが理由で使用ルーティング ポリシー。

IfCheck

ルート ニーズ転送 RPF チェック

IGP 指標

より低い指標を持つネクスト ホップIGPパスを使用できます。

非アクティブな理由

特定の宛先に最適として選択されていないこのルートのフラグ。

初期

追加するルート。

Int

内部ルート。

IntExt

BGPまたはコンフェデレーション ピアからBGP ピア受けたBGPルートを定義します。

内部> 外部>外側、内部を介して

直接、静的、IGP、EBGP のパスを使用できます。

ローカル設定

ローカル設定値が大きいパスを使用できます。

火星

ルートは martian です(明らかに無効なので無視されます)。

MartianOK

ルート免除のマーティアンフィルタリング。

ネクスト ホップ アドレス

より低いメトリックのネクスト ホップを持つパスを使用できます。

違いなし

低いIPアドレスを持つネイバーからのパスを使用できます。

NoReadvrt

アドバタイズされないルート。

NotBest

最も低い MED を持たないので、ルートは選択されません。

グループ内でベストではない

受信BGP ASはグループのベストではありません(最適ASは 1 つのみです)。

NotInstall

転送テーブルに設置しないルート。

ゲートウェイ数

より多くのネクスト ホップを持つパスを使用できます。

起源

より低いオリジン コードを持つパスを使用できます。

保留 中

別のルートで設定されたホールドダウンが理由のルート 保留中。

リリース

リリース予定のルート。

RIB 設定

番号が大きいルートからのルートルーティング テーブル使用できます。

ルートの識別

IP サブネットを一意にするために 64 ビット プレフィックスを追加。

ルート メトリックと MED の比較

低いメトリックまたは MED を持つルートを使用できます。

ルート設定

設定値が低いルートを使用できます。

ルーター ID

ID が低いネイバーを通過するパスを使用できます。

セカンダリ

プライマリ ルートではなくルート。

使用できないパス

以下のいずれかの条件により、パスを使用できません。

  • ルートがダンピングされています。

  • インポート ポリシーによってルートが拒否されます。

  • ルートは未解決です。

ソースの更新

最後のタイブレークは、IP アドレスの最小値です。

VxlanLocalRT

ルートは EVPN タイプ 5 ルート(IP プレフィックス ルート)です。

表 4 は、[Communities output] フィールドで使用できる値を示しています。

表 4:コミュニティーの出力フィールド値

説明

area-number

4バイト、32ビットエリア番号をエンコード。外部ASルートの場合、値は0です。0 以外の値は、ルートをドメイン内の内部、およびOSPFされたエリア内として識別します。エリア番号は特定のドメインとドメインOSPFされます。

帯域 幅: local AS number:link-bandwidth-number

等しくないコストトラフィックに使用されるリンク帯域幅コミュニティ値ロード バランシング。マルチBGPパスで使用可能な複数の受験者パスがある場合、すべての受験者パスにこの属性がない限り、リンク帯域幅コミュニティに応じて非等コスト ロード バランシング を実行しません。

domain-id

特定のドメインを識別する一意OSPF番号。

ドメイン ID ベンダー

ホスト ドメインをさらに識別する一意の設定可能OSPF番号。

link-bandwidth-number

リンク帯域幅番号:0~4,294,967,295(バイト/秒)

local AS number

ローカルAS番号:1~65,535。

options

1 バイト。現在、これはルート タイプが 5 または 7 の場合にのみ使用されます。フィールドで最小有効ビットを設定すると、ルートはタイプ 2 メトリックを運ぶ必要があります。

起源

(VPN で使用)ルートの基先を特定します。

ospf-route-type

エリア内ルートで1または2としてエンコードされた1バイト(ルートがタイプ1またはタイプ2 LSAから来たかどうかに応じて)。3(サマリ ルート用)、5(外部ルートの場合)(エリア番号は0である必要があります)、NSSA ルートの場合は 7。シャムリンクエンドポイントアドレスの場合は129です

ルートタイプベンダー

ルートのエリア番号、ルート OSPF オプションを表示します。これは、 拡張コミュニティ属性BGPを使用して設定0x8000。形式は .area-number:ospf-route-type:options

rte-type

ルートのエリア番号、ルート OSPF オプションを表示します。これは、 拡張コミュニティ属性BGP使用して設定0x0306。形式は .area-number:ospf-route-type:options

ターゲット

ルートが参加する VPN を定義します。target の形式は . 32-bit IP address:16-bit numberたとえば、10.19.0.0:100。

未知のIANA

受信IANA とポート間の値を0x1コード0x7fff。拡張コミュニティ属性BGPこのコードは受け入れできますが、認識されません。

未知のOSPFベンダー コミュニティ

受信IANAを超す値を持つ受信トラフィック 0x8000。拡張コミュニティ属性BGPこのコードは受け入れできますが、認識されません。

evpn-mcast-flags

拡張コミュニティおよびスヌーピングが有効かどうかを示す、マルチキャスト フラグの値を識別します。0x1 は、ルートが IGMP プロキシをサポートしている場合を示します。

evpn-l2-info

マルチホーム プロキシー MAC と IP アドレス ルート アドバタイズメントが有効かどうかを識別します。0x20 は、プロキシ ビットが設定されているを示します。.

ステートメントを show bridge mac-ip-table extensive 使用して、MAC および IP アドレス ルートがローカルで学習されたのか、PE デバイスから学習されたのかを判断します。

出力例

show route table bgp.l2vpn.0

show route table inet.0

show route table inet.3

show route table inet.3 protocol ospf

show route table inet6.0

show route table inet6.3

show route table l2circuit.0

show route table lsdist.0

show route table lsdist.0 detail

show route table lsdist.0 extensive

show route table lsdist.0 extensive IPv6プレフィックス属性を含めるコマンドの出力。

show route table mpls

show route table mpls.0 protocol ospf

show route table VPN-AB.inet.0

リリース情報

リリース7.4 Junos OS前に導入されたコマンド。

スイッチのリリース リリース で紹介されたJunos OSルート テーブル evpn ステートメント15.1X53-D30をQFX シリーズします。