Help us improve your experience.

Let us know what you think.

Do you have time for a two-minute survey?

 
このページで
 

フラッピング VPN トンネルのトラブルシューティング

説明

サイト間 VPN トンネルまたはリモート IPsec VPN トンネル フラッピング(簡易的に上下に移動)

診断

  1. この問題は 1 つの VPN にのみ影響しますか?

    • うん:システム ログを確認し、ステップ 2 に進みます。ログを show log messages 表示するには、 コマンドを使用します。メッセージが正しく報告されるようにするには、情報レベルのロギングを有効にする必要があります。

      user@host # set system syslog file messages any info

      次に、フラッピング VPN トンネルを報告するシステム ログの例を示します。

      VPN up/down events:

      Unstable VPN behavior (VPN constantly rebuilding):

    • 違います:すべての設定済みVPNに問題がある場合は、インターネット接続とデバイスインターフェイスおよびスイッチ インターフェイスに関連するSRX シリーズを調査します。デバイス インターフェイスでSRX シリーズを確認するには、 コマンドを実行 show interfaces extensive します。

  2. コマンドを使用して、このVPNでVPNモニターが有効になっているか検証 show configuration security ipsec vpn vpn-name します。

    VPN モニターは有効になっていますか。

    • うん:ステップ 3 に進みます。

    • 違います:ステップ 5 に進みます。

  3. VPN 監視を無効にし、VPN を確認します。

    VPNは安定していますか?

    • うん:不安定性は VPN モニターの構成に関係があります。ステップ 4 に進みます。

    • 違います:ステップ 5 に進みます。

  4. リモート VPN 接続は ICMP echo リクエストをブロックするように設定されていますか。

    • うん:VPN Monitor を再び有効に再設定して、送信元インターフェイスと宛先 IP オプションを使用します。KB10119 を参照してください。

    • 違います:ステップ 5 に進みます。

  5. デバイスに接続されたリモート デバイスはSRX シリーズ非接続デバイスジュニパーか?

    • うん:デバイスと ピアVPNデバイスの SRX シリーズプロキシID値を検証します。

    • 違います:ステップ 6 に進みます。

  6. 一時期VPNは安定していたのか その後上下に動き始めましたか?

    • うん:ネットワークやデバイスの変更、または環境に新しいネットワーク機器が追加されたかどうかを調査します。

    • 違います:VPN デバイスの両端のサイト間のログを収集し、技術サポート担当者にケースをオープンします。カスタマー サポートについては、「 データ収集 」を参照してください