Help us improve your experience.

Let us know what you think.

Do you have time for a two-minute survey?

 

USBデバイスQFX5100、デバイスまたはデバイスに参加QFX5110 バーチャル シャーシアップグレードバーチャル シャーシ ファブリック

この手順を使用して、「QFX 5シリーズ」Junos OSソフトウェアを実行しているスタンドアロンQFX5100スイッチを「QFX 5eシリーズ」ソフトウェア イメージにアップグレードして、QFX5100スイッチをQFX5110 バーチャル シャーシまたはバーチャル シャーシ ファブリック(VCF)に接続できます。

QFX QFX5110 バーチャル シャーシまたはVCFは、「QFX 5eシリーズ」ソフトウェアと互換性QFX5110スイッチQFX5100スイッチとスイッチを組み合Junos OS組み合わせて使用できます。この手順では、QFX5100スイッチに対する互換性のある「QFX 5eシリーズ」インストール パッケージを特定し、USBブート デバイスをインストール メディアとして作成し、ブート デバイスを使用してQFX5100スイッチのソフトウェアを「QFX 5eシリーズ」イメージにアップグレードする方法について説明します。新しいソフトウェア イメージをインストールした後、QFX5100 を再起動すると、スイッチは互換ソフトウェア イメージを実行しています。このイメージを QFX5110 バーチャル シャーシ または VCF に追加できます。

注:

Junos OSリリース17.3R2または17.4R1より前のリリースでは、2種類のデバイスのブート構造とホストOSソフトウェアの違いにより、このUSBインストール方法を使用する必要があります。

Junos OS リリース 17.3R2 および 17.4R1 から、USB インストール方法を使用して、QFX5100 スイッチを「QFX 5 シリーズ」から「QFX 5e シリーズ」イメージにアップグレードする必要はありません。代わりに、 CLI コマンド リクエスト システム ソフトウェアの追加 を使用して、直接「QFX 5e シリーズ」パッケージ をインストールできますQFX5000 への標準ソフトウェア パッケージのインストール を参照し、EX4600 スイッチの使用についてCLIを参照してください。

QFX5100スイッチがすでに「QFX 5eシリーズ」イメージを実行している場合(ソフトウェア パッケージのファイル名に文字列「-qfx-5e-」が含まれています)、QFX5110 バーチャル シャーシまたはVCFは、バーチャル シャーシまたはVCFに追加すると、適切なリリースに自動的に更新できます。詳細 については、「 ソフトウェア アップグレードの詳細 バーチャル シャーシにおけるソフトウェア アップグレードについて 」 を参照バーチャル シャーシ ファブリック。

仮想マシンまたは VCF QFX5100 スイッチ実行するための互換ソフトウェアQFX5110 バーチャル シャーシ識別

スタンドアロン QFX5100 スイッチは、これまでJunos OS「QFX 5 シリーズ」ソフトウェアで実行され、対応するインストール メディアとインストール ソフトウェア パッケージ ファイル名には、文字列「-qfx-5-」が含まれています。例えば:

QFX5110スイッチはJunos OSソフトウェア「QFX 5eシリーズ」を実行し、起動時にセキュアブート方法を使用します。そのため、QFX5110スイッチのインストール メディアとソフトウェア パッケージのファイル名には、「-qfx-5e-」と「secure」が含まれます。例えば:

QFX5100 スイッチは「5e シリーズ」ソフトウェアを実行できますが、Junos OS リリース 17.3R2 または 17.4R1 以前のリリースでは、QFX5110 スイッチと同じセキュア ブート方法を使用しません。そのため、「QFX 5e シリーズ」は、QFX5100 スイッチのメディア およびソフトウェア パッケージ ファイル名をインストールします。「secure」キーワードは含されません。例えば:

QFX5100 スイッチを QFX5110 バーチャル シャーシ または VCF に追加するには、QFX5100 が バーチャル シャーシ または VCF の他のスイッチと同じ「QFX 5e シリーズ」ソフトウェア バージョンを実行している必要があります。QFX5100 に「QFX 5 シリーズ」イメージがある場合は、セキュア ブート方法を採用していない USB ブート デバイスを使用して、最初に手動で「QFX 5e シリーズ」イメージにアップグレードする必要があります。

USBブート デバイスを作成するには(「 QFX5100スイッチのUSBブート デバイスの作成 」を参照してください)、他のQFX5110 バーチャル シャーシまたはVCFメンバー上で実行されている状態と一致する「secure」キーワードを使用せずに、同じインストール メディアファイル名を使用します。例えば:

バーチャル シャーシまたはVCFが、デバイス スイッチ用にこのインストール メディア パッケージからソフトウェアを実行している場合(セキュアブート方法QFX5110使用)。

次に、デバイス スイッチに一QFX5100 メディア パッケージをインストールします(セキュア ブート方法は使用しません)。

スイッチがQFX5100「QFX 5eシリーズ」イメージを実行すると 「secure」キーワードと同じ「jinstall-host-qfx-5e-」パッケージ ファイルを使用して、バーチャル シャーシ または VCF のすべてのメンバーで実行されている「QFX 5e シリーズ」ソフトウェアを更新できます。これは、起動時に、セキュアブートのインストール ソフトウェアが、実行しているスイッチのタイプに基づいてセキュアブート方法を使用するかどうかを決定します。バーチャル シャーシ または VCF は、メンバーの追加または置換のための自動ソフトウェア更新機能、または最初の バーチャル シャーシ または VCF 構成の際にも、必要に応じて任意の「QFX 5e シリーズ」メンバー スイッチを正常に更新できます。

注:

QFX5100 スイッチを QFX5110 バーチャル シャーシ または VCF から削除し、スタンドアロン スイッチとして動作する QFX5100 スイッチを「QFX 5 シリーズ」ソフトウェア イメージに戻す場合、USB ブート デバイスを使用してセキュアブート方法を使用しない qfx-5-install メディア ファイルと同じイメージをスイッチに再インストールする必要があります。

デバイス スイッチ用のUSBブート デバイスQFX5100作成

QFX5100スイッチのJunos OS「QFX 5eシリーズ」インストール メディア パッケージ(パッケージファイル名に「-qfx-5e-」が含まれています)を使用してUSBブート デバイスを作成するには、次の手順に従います。その後、USBブート デバイスを使用して、デバイスのQFX5100をアップグレードして、イメージを実行できます。

注:

アップグレードするスイッチ、別の ジュニパーネットワークス スイッチまたはルーター、Linux をサポートする PC またはラップトップ上に、USB ブート デバイスを作成できます。次の手順では、デバイスからブート デバイスを作成Junos OS、ブート デバイスの作成に使用するデバイスによって異なる可能性があります。

開始する前に、デバイスへのインストール メディア https://www.juniper.net/customers/support/ ファイルをダウンロードして、ブート デバイスを作成します。インストール メディア のファイル名は、QFX5110 バーチャル シャーシ または VCF と同じ Junos OS リリースに「-qfx-5e-」という文字列を含める必要がありますが、ファイル名に「secure」キーワードは含めず、QFX5110 スイッチと同じセキュアブート方法を使用せずに QFX5100 スイッチを最初にアップグレードする必要があります。(詳細 については、 ソフトウェア または VCF QFX5100 スイッチ QFX5110 バーチャル シャーシ実行する方法については、 互換性のあるソフトウェアの識別 を参照してください)。

注:

QFX5110メンバーで実行されるJunos OSソフトウェアは、secure-boot方法を使用する「QFX 5eシリーズ」イメージである必要があります。そのため、QFX5110スイッチで使用されるインストール メディアとパッケージのファイル名には「secure」キーワードが含まれています。QFX5100 スイッチ上に「QFX 5e シリーズ」ソフトウェア イメージを最初にインストールした後、どちらのスイッチ モデルでもセキュア ブートをサポートする同じソフトウェア イメージが実行され、実行されているスイッチに基づいて適切なブート方法が決定されます。このため、今後の更新に向け、バーチャル シャーシ または VCF の QFX5110 スイッチと QFX5100 スイッチの両方に「secure」キーワードを使用して同じイメージを直接インストールできます。

USBブート Junos OS作成するデバイスでは、次の手順に示します。

  1. FTP を使用して、インストール メディア ファイルを /var/tmp ディレクトリにコピー します。
  2. USBストレージ デバイスをUSBポートに挿入します。
  3. Junos OS コマンドライン インターフェイス(CLI)から、シェルを起動します。
  4. コマンドを使用して root アカウントに su 切り替えます。
    注:

    パスワードは、ブート メディアを作成するデバイスの root パスワードです。rootとしてデバイスにログインした場合、この手順を実行する必要はされません。

  5. (オプション)インストール メディア ファイルをUSBデバイスにコピーする前に、USBデバイスのブートセクターを消去します。場合によっては、USBデバイスの以前のフォーマット方法に応じて、この手順により、USBブート プロセス中に予期しない動作を回避できます。たとえば、次のコマンドを入力します。
  6. 次のコマンドを入力して、インストール メディア ファイルをUSBデバイスにコピーします(「 QFX5100 スイッチで実行するQFX5100 スイッチ QFX5110 バーチャル シャーシ対応ソフトウェアの識別 」を参照)。

    デバイスは、インストール メディア イメージをUSBデバイスに指定します。例えば:

  7. シェルからログアウトします。
  8. USBストレージ デバイスをUSBポートから取り外します。

これで、USBストレージ デバイスを使用して、スイッチに「QFX 5eシリーズ」Junos OSソフトウェア イメージをインストールQFX5100できます。

USBブート QFX5100を使用Junos OS「QFX 5シリーズ」から「QFX 5eシリーズ」ソフトウェアへのアップグレード

「QFX 5 シリーズ」ソフトウェアを実行しているスタンドアロン QFX5100 スイッチを「QFX 5e シリーズ」ソフトウェアにアップグレードしてから、スイッチが QFX5110 バーチャル シャーシ または VCF に参加する前に行う必要があります。このアップグレードでは、USBブート デバイスを使用してソフトウェアを起動してインストールする必要があります。

開始する前に、 スイッチ用のUSBブート デバイスの作成 で説明されているとおり、Junos OSのソフトウェア インストール パッケージを準備したUSBブート デバイス をQFX5100してください。アップグレード プロセスでは、QFX5100 スイッチ上の内部フラッシュ ストレージの内容が上書きされます。必要な場合は、アップグレードを実行する前に、既存の設定、バックアップ設定、その他の保存ファイルをリモート システム、サーバー、その他のストレージ デバイスに保存します。そうしたら:

  1. アップグレードが必要なスイッチの USB ポートに USB ブート デバイスをQFX5100し、スイッチの電源をQFX5100します。
  2. スイッチが起動し、USBデバイスから起動して Juniper Linux Installer .
    注:

    スイッチがUSBデバイスから自動的に起動しない場合、スイッチの再起動中にESCキーを押すと、BIOSブート マネージャーが起動し、USBデバイスから手動で起動を選択できます。

    このインストール メニューから、次のオプションを入力するよう求めるプロンプトが表示されます。

    選択するオプションを通じてタブを開き Install Juniper Linux Platform 、Enter を押します。

  3. このインストールプロセス中 にステータスメッセージを表示し、ローカルストレージパーティションを作成してフォーマットし、ホストOSとスイッチにJunos OSインストールします。

    インストールが完了すると、起動オプションのリストが表示され、数秒後に起動するデフォルト オプションが自動的に選択されます Juniper Linux 。スイッチはホスト OS を起動し、自動的にデバイス を選択してJunos OS。インストールと再起動プロセスが完了すると、スイッチにログイン プロンプトがJunos OS表示されます。

  4. スイッチ上の Junos OS にログインし、動作モードに入り、show version コマンドを実行して新しいバージョンのソフトウェアが正しくインストールされていることを確認します。

    QFX5100スイッチが「QFX 5eシリーズ」ソフトウェア イメージを実行した後は、他の設定と設定を継続して、QFX5100をQFX5110 バーチャル シャーシまたはVCFに追加できます。例:バーチャル シャーシポート(VSP)の設定。

リリース履歴テーブル
リリース
説明
17.4R1
Junos OS リリース 17.3R2 および 17.4R1 から、USB インストール方法を使用して、QFX5100 スイッチを「QFX 5 シリーズ」から「QFX 5e シリーズ」イメージにアップグレードする必要はありません。代わりに、 CLI コマンド リクエスト システム ソフトウェアの追加を使用して「QFX 5e シリーズ」パッケージを直接インストールできます。