Help us improve your experience.

Let us know what you think.

Do you have time for a two-minute survey?

 
 

例:EX4200バーチャルシャーシアクセススイッチとEX4200バーチャルシャーシ分散スイッチ間のアグリゲートイーサネット高速アップリンクの設定

EX シリーズ スイッチを使用すると、複数のイーサネット リンクを 1 つの論理インターフェイスに結合して、より高い帯域幅と冗長性を実現できます。この方法で組み合わされたポートは、LAG(リンク アグリゲーション グループ)またはバンドルと呼ばれます。LAG に組み合わせることができるイーサネット リンクの数は、EX シリーズ スイッチ モデルによって異なります。

この例では、バーチャル シャーシ アクセス スイッチをバーチャル シャーシ分散スイッチに接続するようにアップリンク LAG を設定する方法について説明します。

要件

この例では、次のソフトウェアコンポーネントとハードウェアコンポーネントを使用します。

  • EX シリーズ スイッチ用 Junos OS リリース 9.0 以降

  • EX4200-48Pスイッチ2台

  • EX4200-24Fスイッチ2台

  • XFP アップリンク モジュール x 4

LAG を設定する前に、次のことを確認してください。

概要とトポロジー

最大の速度と耐障害性を実現するために、アクセス スイッチとディストリビューション スイッチ間のアップリンクを LAG に組み合わせることができます。LAG を使用すると、マルチメンバー バーチャル シャーシ アクセス スイッチをマルチメンバー バーチャル シャーシ分散スイッチに接続する場合に特に効果的です。

この例のバーチャル シャーシ アクセス スイッチは、2 つのメンバー スイッチで構成されています。各メンバー スイッチには、2 個の 10 ギガビット イーサネット ポートを備えたアップリンク モジュールがあります。これらのポートはトランク ポートとして設定され、アクセス スイッチとディストリビューション スイッチを接続します。

アップリンクを LAG として設定すると、次のようなメリットがあります。

  • オプションでリンク ネゴシエーション用に LACP(リンク アグリゲーション制御プロトコル)を設定できます。

  • 各アップリンクの速度が 10 Gbps から 20 Gbps に 2 倍になります。

  • 何らかの理由で 1 つの物理ポートが失われた場合(ケーブルが取り外されているか、スイッチ ポートに障害が発生した場合、または 1 つのメンバー スイッチが使用できない場合)、論理ポートは残りの物理ポート上で透過的に機能し続けます。

この例で使用するトポロジーは、1 つのバーチャル シャーシ アクセス スイッチと 1 つのバーチャル シャーシ分散スイッチで構成されています。アクセス スイッチは、2 つの EX4200-48P スイッチ(SWA-0 および SWA-1)で構成され、ホスト A のメンバー スイッチとしてバーチャル シャーシ ポート(VCP)と相互に相互接続されています。ディストリビューション スイッチは、2 台の EX4200-24F スイッチ(SWD-0 および SWD-1)で構成され、その VCP と Host-D のメンバー スイッチとして相互接続されています。

アクセス スイッチの各メンバーには、アップリンク モジュールがインストールされています。各アップリンク モジュールには 2 つのポートがあります。アップリンクはトランク ポートとして機能するように設定され、アクセス スイッチとディストリビューション スイッチを接続します。SWA-0 からの 1 つのアップリンク ポートと SWA-1 からの 1 つのアップリンク ポートが LAG ae0 から SWD-0 に組み合わされます。このリンクは、1 つの VLAN に使用されます。SWA-0 および SWA-1 からの残りのアップリンク ポートは、SWD-1 への 2 番目の LAG 接続(ae1)として組み合わされます。LAG ae1 は別の VLAN に使用されます。

メモ:

LAG リンクのリモートエンドがセキュリティ デバイスの場合、セキュリティ デバイスは決定的な設定を必要とするため、LACP がサポートされていない可能性があります。この場合、LACP を設定しないでください。LAG 内のすべてのリンクは、イーサネット物理レイヤーまたはデータ リンク レイヤー内のリンク障害をスイッチが検出しない限り、永続的に動作します。

図 1:EX4200 バーチャル シャーシ アクセス スイッチを EX4200 バーチャル シャーシ 分散スイッチ Topology for LAGs Connecting an EX4200 Virtual Chassis Access Switch to an EX4200 Virtual Chassis Distribution Switchに接続する LAG のトポロジー

表 1 に、この設定例で使用するトポロジについて詳しく説明します。

表 1:バーチャル シャーシ アクセス スイッチをバーチャル シャーシ 分散スイッチに接続するためのトポロジーのコンポーネント
スイッチ ホスト名および VCID ベース ハードウェア アップリンク モジュール メンバー ID トランク ポート

SWA-0

Host-A アクセス スイッチ

VCID 1

EX4200-48Pスイッチ

XFP アップリンク モジュール x 1

0

xe-0/1/0 SWD-0 へ

xe-0/1/1 SWD-1 へ

SWA-1

Host-A アクセス スイッチ

VCID 1

EX4200-48Pスイッチ

XFP アップリンク モジュール x 1

1

xe-1/1/0 SWD-0 へ

xe-1/1/1 SWD-1 へ

SWD-0

ホスト D 分散スイッチ

VCID 4

EX4200 L-24Fスイッチ

XFP アップリンク モジュール x 1

0

xe-0/1/0 SWA-0 に移行

xe-0/1/1 SWA-1 に移行

SWD-1

ホスト D 分散スイッチ

VCID 4

EX4200 L-24Fスイッチ

XFP アップリンク モジュール x 1

1

xe-1/1/0 SWA-0 に移行

xe-1/1/1 SWA-1 に移行

構成

バーチャル シャーシ アクセス スイッチからバーチャル シャーシ分散スイッチに 2 つのアップリンク LAG を設定するには、

手順

CLI クイック設定

バーチャル シャーシ アクセス スイッチとバーチャル シャーシ分散スイッチ間のアグリゲート イーサネット高速アップリンクを迅速に設定するには、次のコマンドをコピーして、スイッチの端末ウィンドウに貼り付けます。

手順

バーチャル シャーシ アクセス スイッチとバーチャル シャーシ分散スイッチ間のアグリゲート イーサネット 高速アップリンクを設定するには、次の手順に基づきます。

  1. シャーシに作成する LAG の数を指定します。

  2. LAG インターフェイスに必要なリンク数を ae0 以下のように up指定します。

  3. LAG インターフェイスに必要なリンク数を ae1 以下のように up指定します。

  4. リンクのメディア速度を ae0 指定します。

  5. リンクのメディア速度を ae1 指定します。

  6. LAG ae0に含めるアップリンクのインターフェイスIDを指定します。

  7. LAG ae1に含めるアップリンクのインターフェイスIDを指定します。

  8. 従業員ブロードキャスト ドメインのサブネットに LAG ae0 が属することを指定します。

  9. LAG ae1 がゲスト ブロードキャスト ドメインのサブネットに属することを指定します。

結果

設定の結果を表示します。

検証

スイッチングが動作し、2 つの LAG が作成されていることを確認するには、次のタスクを実行します。

LAG ae0 が作成されたことを検証する

目的

スイッチ上に LAG ae0 が作成されていることを確認します。

アクション

show interfaces ae0 terse

意味

出力はリンクが ae0 稼働していることを確認し、このリンクに family 割り当てられた IP アドレスとを示します。

LAG ae1が作成されたことを検証する

目的

スイッチ上に LAG ae1 が作成されていることを確認します。

アクション

show interfaces ae1 terse

意味

出力はリンクが ae1 ダウンしていることを示しています。

トラブルシューティング

ダウンしている LAG のトラブルシューティング

問題

このコマンドは show interfaces terse 、LAGが down

ソリューション

以下を確認します。

  • 設定の不一致がないことを確認します。

  • すべてのメンバー ポートが稼働していることを確認します。

  • LAG が、ファミリー イーサネット スイッチング(レイヤー 2 LAG)またはファミリー inet(レイヤー 3 LAG)の一部であることを確認します。

  • LAG メンバーがもう一方の端で正しい LAG に接続されていることを確認します。

  • LAG メンバーが同じスイッチ(または同じバーチャル シャーシ)に属していることを確認します。