Help us improve your experience.

Let us know what you think.

Do you have time for a two-minute survey?

 
 

コンソール ポート タイプの設定(CLI手順)

一部のデバイスには、2 つのコンソール ポートがあります。RJ-45 コンソール ポートと Mini-USB Type-B コンソール ポートを備えどちらのポートを使用してデバイスを設定および管理することもできます。パッシブ ポートを使用してデバイスに接続するには、まずポートをアクティブとして設定してから、デバイスを再起動する必要があります。

コンソール ポートがアクティブの場合、初期ブートおよび低レベルのメッセージ出力すべてが表示されます。このポートから、指定プロンプトでデバイスにアクセスできます。一部のデバイスでは、一度に 1 つのコンソール ポートだけがアクティブで、そのポートではコンソール入力がアクティブになります。特定のデバイスのハードウェア ガイドで、両方のポートが同時にアクティブになるかどうかを確認します。

デフォルトでは、RJ-45 コンソール ポートはアクティブ ポートです。Mini-USB Type-B コンソール ポートをアクティブにするには、次の方法に示します。

  1. アクティブなコンソール ポートを使用して、または管理インターフェイスを使用してリモートでホスト マシンをデバイスに接続します。デフォルトではRJ-45コンソール ポートであるアクティブなコンソール ポートを使用して接続するには、 RJ-45コネクターを使用してデバイスを管理コンソールに接続 を参照してください。
  2. Mini-USB Type-Bコンソール ポートを使用してデバイスに接続します。ポートへの接続方法については、特定のデバイスのハードウェア ガイドを参照してください。
  3. ポート タイプは次のように設定します mini-usb
  4. 設定をコミットし Exit 、 をクリックします。最初のログには、Mini-USB Type-B コンソール ポートがアクティブとして表示されます。
  5. スイッチを再起動します。ブート ログがアクティブ化されたコンソールに表示されます。デバイスで同時にアクティブ状態の両方のポートがサポートされている場合は、両方のポートがアクティブになります。コンソール ポートとして使用できます。
注:

コマンドを使用 delete system ports auxiliary port-type して、ポート タイプの設定を削除することはできません。常に コマンドを set system ports auxiliary port-type type 使用して、アクティブな管理コンソールのポート タイプを変更します。

RJ-45 コンソール ポートをアクティブ ポートとして設定するには、 コマンドと同じ手順を使用 set system ports auxiliary port-type rj45 します。