Help us improve your experience.

Let us know what you think.

Do you have time for a two-minute survey?

 
 

traceoptions (LLDP)

Syntax

Hierarchy Level

Description

リンクレイヤー発見プロトコル (LLDP) のトレース操作を定義します。LLDP および物理トポロジの SNMP MIB の LLDP の下でメッセージをトレースできます。

注:

Traceoptions ステートメントは、QFX3000 QFabric システムではサポートされていません。

Default

デフォルトの LLDP プロトコルレベルのトレースオプションは、グローバルtraceoptionsステートメントから継承されます。

Options

disable

ナトレース操作を無効にします。このオプションの使用方法の1つは、さまざまなトレース操作 (など) を定義したときに、 all単一の操作を無効化することです。

ファイル ファイル名

トレース操作の出力を受信するファイルの名前。名前は二重引用符で囲みます。すべてのファイルがディレクトリ/var/logに配置されます。スパニングツリープロトコルトレース出力をファイル/var/log/stp-logに配置することをお勧めします。

ファイル 番号

ナトレースファイルの最大数。トレースファイルの名前trace-fileが最大サイズに達すると、トレースファイルtrace-file.0の数trace-file.1が上限に達するまで、名前が変更されてから、その後、その後になります。その後、最も古いトレースファイルが上書きされます。

最大ファイル数を指定する場合は、 sizeオプションを使用して最大ファイルサイズも指定する必要があります。

  • 2~1000ファイル

  • 1 トレース ファイルのみ

フラグ

実行するトレース操作を指定します。複数flagのトレース操作を指定するには、いくつかのステートメントを含めます。

  • 指定LLDP 固有のトレースオプションは以下のとおりです。

    • all:すべての運用をトレースします。

    • configuration—設定イベントをログに記録します。

    • interface—インターフェイスの更新イベントをトレースします。

    • packet—パケット イベントをトレースします。

    • protocol—プロトコル情報をトレースします。

    • rtsock:ソケット イベントをトレースします。

    • snmp:SNMP 設定操作をトレースします。

    • vlan—VLAN の更新イベントをトレースします。

    グローバルトレースオプションは以下のとおりです。

    • all:すべてのトレース操作。

    • config-internal:内部のトレース構成。

    • general—一般的なイベントをトレースします。

    • normal—通常のイベントすべて。これがデフォルトです。このオプションが指定されていない場合、異常な操作や異常動作のみがトレースされます。

    • parse:トレース設定解析。

    • policy:トレース ポリシーの運用とアクション。

    • regex-parse—正規表現の解析をトレースします。

    • route—変更をルーティング テーブル追跡します。

    • state:トレース状態の変化。

    • task:プロトコルタスクの処理をトレースします。

    • timer:トレース プロトコル タスク タイマー処理。

世界でも読みやすい

ナすべてのユーザーがログファイルを読み取るのを防止します。これがデフォルトです。このオプションが含まれていない場合、トレース出力は既存のトレースファイルに追加されます。

サイズ 最大ファイル サイズ

(オプション)各トレース ファイルの最大サイズ(KB(キロバイト)またはメガバイト(MB) トレースファイルの名前trace-fileがこのサイズに達すると、名前trace-file.0が変更されます。trace-fileこれが最大サイズに達すると、 trace-file.0名前がtrace-file.1変更trace-fileされtrace-file.0、名前が変更されることになります。このスキームの名前は、トレースファイルが最大数に達するまで続けられます。その後、最も古いトレースファイルが上書きされます。

最大ファイルサイズを指定する場合は、[files] (ファイル) オプションを使用してトレースファイルの最大数を指定する必要があります。

  • 構文xk を使用して KB を xm 指定し、MB を指定するか xg 、GB を指定します。

  • システムでサポートされる最大ファイル サイズまで 10 KB

  • 1 MB

世界で読みやすい

ナすべてのユーザーがログファイルを読み取ることができるようにします。

Required Privilege Level

routing— このステートメントを設定で表示するには。

routing-control—このステートメントを設定に追加します。

Release Information

文は Junos OS リリース9.0 で導入されました。