Help us improve your experience.

Let us know what you think.

Do you have time for a two-minute survey?

 
 

traceoptions (LLDP)

Syntax

Hierarchy Level

Description

LLDP(Link Layer Discovery Protocol)のトレース操作を定義します。LLDP および物理トポロジの SNMP MIB については、LLDP の下でメッセージをトレースできます。

注:

traceoptions ステートメントは、QFX3000 QFabric システムではサポートされていません。

Default

デフォルトの LLDP プロトコル レベル トレース オプションは、グローバル traceoptions ステートメントから継承されます。

Options

無効

(オプション)トレース操作を無効にします。このオプションの 1 つの用途は、など、トレース操作の幅広いグループを定義した場合、1 つの操作を無効にすることです all

ファイル ファイル名

トレース操作の出力を受信するファイルの名前。名前を引用符で囲みます。すべてのファイルがディレクトリに配置されます /var/log。スパニングツリー プロトコル トレース出力をファイル /var/log/stp-logに配置することをお勧めします。

ファイル 番号

(オプション)トレース ファイルの最大数。名前の付いたtrace-fileトレース ファイルが最大サイズに達すると、トレース ファイルの最大数に達するまで、そのファイルの名前が変更trace-file.0trace-file.1されます。次に、最も古いトレース ファイルが上書きされます。

ファイルの最大数を指定する場合は、オプションを使用して最大ファイル サイズも指定する size 必要があります。

  • 範囲:2~1000ファイル

  • 既定:1 トレース・ファイルのみ

フラグ

実行するトレース操作を指定します。複数のトレース操作を指定するには、複数の flag ステートメントを含めます。

  • 値:以下に、LLDP 固有のトレース オプションを示します。

    • all—すべての操作をトレースします。

    • configuration—設定イベントをログに記録します。

    • interface— インターフェイス更新イベントをトレースします。

    • packet—パケット イベントをトレースします。

    • protocol—プロトコル情報をトレースします。

    • rtsock—ソケット イベントをトレースします。

    • snmp—SNMP 設定の操作をトレースします。

    • vlan— VLAN 更新イベントをトレースします。

    グローバル トレース オプションは次のとおりです。

    • all—すべてのトレース操作。

    • config-internal—設定内部をトレースします。

    • general—一般的なイベントをトレースします。

    • normal—すべての正常なイベント。これがデフォルトです。このオプションを指定しない場合は、通常とは異なる操作または異常な操作のみがトレースされます。

    • parse—設定解析をトレースします。

    • policy—ポリシーの運用とアクションをトレースします。

    • regex-parse—正規表現解析をトレースします。

    • route—ルーティング テーブルの変更をトレースします。

    • state—状態の推移をトレースします。

    • task—プロトコルタスクの処理をトレースします。

    • timer—プロトコル タスク タイマー処理をトレースします。

世界で読み取り不可能

(オプション)ユーザーがログ ファイルを読み取らないようにします。これがデフォルトです。このオプションを含めなければ、トレース出力は既存のトレース・ファイルに追加されます。

最大ファイル サイズ

(オプション)各トレース ファイルの最大サイズ(KB(キロバイト)または MB(メガバイト))。という名前 trace-file のトレース ファイルがこのサイズに達すると、名前が変更されます trace-file.0trace-fileもう一度最大サイズに達すると、trace-file.0名前が変更trace-file.1され、trace-file名前が変更されますtrace-file.0。この名前変更スキームは、トレース・ファイルの最大数に達するまで続きます。次に、最も古いトレース ファイルが上書きされます。

最大ファイル サイズを指定する場合は、file オプションを使用してトレース ファイルの最大数も指定する必要があります。

  • 構文:xk KB を指定するか、 xm MB を指定するか、または xg GB を指定します。

  • 範囲:システムでサポートされている最大ファイル サイズまで 10 KB

  • 既定:1 MB

世界で読み取り可能

(オプション)すべてのユーザーにログ ファイルの読み取りを許可します。

Required Privilege Level

routing —このステートメントを設定で表示します。

routing-control — このステートメントを設定に追加します。

Release Information

Junos OS リリース 9.0 で導入されたステートメント。