Help us improve your experience.

Let us know what you think.

Do you have time for a two-minute survey?

 
 

static (802.1X)

Syntax

Hierarchy Level

Description

MAC アドレスを 802.1X 認証から除外するように設定します。静的 MAC リストは、サプリカントがポートに接続するための認証バイパス メカニズムを提供し、802.1X 対応ポートで 802.1X 対応でないプリンターなどのデバイスをネットワークに接続できます。

この 802.1X 認証バイパス メカニズムを使用すると、MAC アドレスに接続されたサプリカントが正常に認証されたと見なされ、ポートが開かれます。サプリカントに対してこれ以上認証を行う必要はありません。

必要に応じて、サプリカントが移動するように VLAN を設定するか、MAC アドレスからアクセスできるインターフェイスを設定できます。

Options

mac アドレス

802.1X認証をバイパスし、デバイスがポートへのアクセスを許可するデバイスのMACアドレス。

ブリッジドメインの割り当て ブリッジドメインの割り当て

(MX シリーズのみ)RADIUS 認証のバイパスを許可する MAC アドレスのブリッジドメイン名または 802.1q タグ識別子を指定します。

インターフェイス[interface-names]

指定されたMACアドレスがRADIUS認証をバイパスし、認証なしでLANに接続できるインターフェイスのリストを指定します。

vlan-assignment(vlan-id | vlan-name

(EX、QFX、SRX シリーズのみ)RADIUS 認証のバイパスを許可する MAC アドレスのリストに関連付けられている VLAN 802.1q タグ識別子または VLAN 名を指定します。

Required Privilege Level

routing —このステートメントを設定で表示します。routing-control — このステートメントを設定に追加します。

Release Information

Junos OS リリース 9.0 で導入されたステートメント。