Help us improve your experience.

Let us know what you think.

Do you have time for a two-minute survey?

 
 

nas-port-id-format (Subscriber Management)

Syntax

Hierarchy Level

Description

認証およびアカウンティング中に RADIUS サーバーに渡される NAS ポート ID (RADIUS 属性 87) にルーターが含むオプションの情報を指定します。オプション値の任意の組み合わせを含めることができます。

NAS ポート ID の値を指定すると、値をデフォルトの順序で表示するか、または選択した順序で設定することができます。

注:

デフォルトおよびカスタムの注文方法は相互に排他的です。両方のタイプの注文の値を含む NAS ポート ID を設定しようとすると、設定が失敗します。

オプションの値が NAS ポート ID のデフォルトの順序で表示されるように指定するには、そのステートメントのnas-port-id-formatすぐ下で値を設定します。デフォルトの順序は次のとおりです。区切り#文字は次のとおりです。

nas-identifier # interface-description # interface-text-description # agent-circuit-id # agent-remote-id # postpend-vlan-tags

NAS ポート ID の文字列に対して独自の順序を指定するには、 orderこのオプションを使用します。文字列にorder含める各オプション値の前にオプションを含めて、選択肢を表示する順番に指定します。たとえば、この設定ではorder interface-text-description order nas-identifier order agent-remote-id 、次の NAS ポート ID が生成されます。 #この場合、文字は区切り記号になります。

interface-text-description # nas-identifier # agent-remote-id

Default

ルーターには、オプションの値が指定されていない場合に、インターフェイスの説明が NAS ポート ID で含まれています。

Options

agent-circuit-id—DHCP オプション 82 または DSL フォーラム VSA からのエージェント回線 ID を含める。

agent-remote-id—DHCP オプション 82 または DSL フォーラム VSA からのエージェント リモート ID を含める。

interface-description—インターフェイスの説明(インターフェイス識別子)を含けます。

interface-text-description—インターフェイスの説明を追加します(インターフェイスで静的に設定されたテキストの説明CLI。

nas-identifier—NAS識別子値を含RADIUSします(RADIUS 32)。

order—オプションの値を NAS-Port-ID に含め、値を表示するカスタマイズされた順序を指定します。各オプション値のorder前にオプションを指定する必要がありorder agent-circuit-id order interface-descriptionます (例、など)。

postpend-vlan-tags—VLAN タグを含める。ルーターには、二重タグ付き VLAN :<outer-tag>-<inner-tag>の形式でタグが含まれて:<outer-tag>います。また、1つのタグが付いた vlan の場合もあります。

Required Privilege Level

admin — このステートメントを設定に表示するには。

admin-control — このステートメントを設定に追加します。

Release Information

文は Junos OS リリース11.4 で導入されました。

Junos OS interface-text-descriptionリリースorder15.1 でpostpend-vlan-tags導入されたオプション、、および。