Help us improve your experience.

Let us know what you think.

Do you have time for a two-minute survey?

 
 

mac-radius

Syntax

Hierarchy Level

Description

特定のインターフェイスに MAC RADIUS 認証を構成します。MAC RADIUS 認証により、許可された MAC アドレスへの LAN アクセスが可能になります。インターフェイスに新MAC アドレスが表示されたら、デバイスはRADIUSサーバーを参照して、MAC アドレスが許可されたアドレスかどうかを確認します。MAC アドレスが RADIUS サーバー上で設定されている場合、そのデバイスは LAN へのアクセスを許可されるようになっています。

MAC ポートRADIUS設定されている場合、デバイスはまず、802.1X 認証用にホストから応答を取得しようと試みしました。ホストが応答しない場合、デバイスは MAC デバイスを使用して認証を試RADIUS。

認証をMACアドレスにのみ制限RADIUS、 オプションを使用 restrict します。制限モードでは、すべての 802.1 X パケットが削除され、インターフェイス上の接続されたデバイスが応答のないホストと見なされます。

Options

フラップオンプレコネクト

(オプション)サーバーがRADIUS切断メッセージをサプリカントに送信すると、デバイスはサプリカントが認証されているインターフェイスをリセットします。インターフェイスが複数のサプリカント モードに設定されている場合、デバイスは指定されたインターフェイス上のすべてのサプリカントをリセットします。このオプションは、オプションも設定 restrict されている場合にのみ有効になります。

制限

ナ認証を MAC RADIUS のみに制限します。設定 mac-radius restrict されている場合、デバイスは 802.1X パケットすべてのパケットをドロップします。このオプションは、802.1 X の認証方法 (ゲスト VLAN など) がインターフェイスで必要とされておらず、スイッチが、接続されたデバイスが非 802.1 X 対応ホストであると判断したときに、遅延を解消する場合に便利です。

残りのステートメントは個別に説明されています。詳細については、 CLI エクスプローラーで文を検索するか、「シンタックス」セクションでリンクされた文をクリックします。

Required Privilege Level

routing— このステートメントを設定で表示するには。routing-control—このステートメントを設定に追加します。

Release Information

文は Junos OS リリース9.3 で導入されました。

flap-on-disconnect リリース 9.4 Junos OSで導入されました。