Help us improve your experience.

Let us know what you think.

Do you have time for a two-minute survey?

 
 

interface (VoIP)

Syntax

Hierarchy Level

  • ELS を使用するプラットフォームの場合:

  • ELS を使用しないプラットフォームの場合:

Description

(必須)インターフェイスで Voice over IP(VoIP)を有効にします。

Options

all

すべてのインターフェイスで VoIP を有効にします。

interface-name

特定のインターフェイスで VoIP を有効にします。

アクセス ポート

(ELSなしのスイッチのみ)すべてのアクセス ポートで VoIP を有効にします。

転送クラスの 転送クラス

(オプション)EX シリーズ スイッチでは、VoIP インターフェイス上のパケットの処理に使用する転送クラスを設定します。

注:

forwarding-class[edit ethernet-switching-options voip interface interface-name] 階層レベルのステートメントは、VoIP 電話の機能をアドバタイズするために LLDP-MED によってのみ使用されます。VoIP トラフィックの分類には使用されません。

  • 値:次のいずれかを指定します。

    • 保証された転送: AF(保証された転送)は、定義できる値のグループを提供し、4 つのサブクラスを含みます。AF1、AF2、AF3、AF4 は、それぞれ 3 つのドロップ確率を持つ。低、中、高です。

    • ベストエフォート:サービス プロファイルを提供しません。ベスト エフォート型転送クラスの場合、損失の優先度は通常、サービス クラス(CoS)値では行われず、RED(Random Early Detection)ドロップ プロファイルはより積極的です。

    • expedited-forwading:低損失、低遅延、低ジッター、保証された帯域幅、エンドツーエンドのサービスを提供します。

    • ネットワーク制御:プロトコル制御をサポートしているため、一般的に高い優先度を提供します。

  • 既定:無効

vlan(vlan-id | vlan-name |タグなし)

(必須)認証サーバーからIP電話に送信するか、タグなしVLANトラフィックを許可するVLANに関連付けられたVLAN名またはVLANタグ識別子を指定します。

  • 構文:次のいずれかを指定します。

    • vlan-name — VLAN の名前。

    • vlan-id — VLAN タグ識別子。

    • タグなし — タグなし VLAN トラフィックを許可します。

  • 範囲:vlan-id の範囲は 1~4094 です。タグ 0 と 4095 は Junos OS によって予約されています。構成しないでください。

Required Privilege Level

routing —このステートメントを設定で表示します。

routing-control — このステートメントを設定に追加します。

Release Information

Junos OS リリース 9.0 で導入されたステートメント。

Junos OS リリース 13.2X50-D10 で導入された階層レベル [edit switch-options] 。(ELS の詳細については、「拡張レイヤー 2 ソフトウェア CLI の使用 」を参照してください)。