Help us improve your experience.

Let us know what you think.

Do you have time for a two-minute survey?

 
 

interface (VoIP)

Syntax

Hierarchy Level

  • ELS を使用するプラットフォーム用:

  • ELS なしのプラットフォーム用:

Description

(必須)インターフェイス上で Voice over IP(VoIP)を有効にします。

Options

すべての

すべてのインターフェイスで VoIP を有効にします。

interface-name

特定のインターフェイスで VoIP を有効にします。

アクセスポート

(ELS を使用しないスイッチのみ)すべてのアクセスポートで VoIP を有効にします。

forwarding-class forwarding-class(転送クラス)

(オプション)スイッチEX シリーズ、VoIP インターフェイスでパケットを処理するために使用する転送クラスを設定します。

注:

[ ] 階層レベルのステートメントは、VoIP 電話の機能を宣伝するために forwarding-classedit ethernet-switching-options voip interface interface-name LLDP-MED によってのみ使用されます。VoIP トラフィックを分類するために使用されるわけではありません。

  • 指定以下のいずれかを指定します。

    • 保証された転送: 保証されたフォワーディング(AF)には、定義可能な値のグループが提供され、次の 4 つの保証が含まれます。AF1、AF2、AF3、AF4、それぞれに3つの drop 確率があります。低、中、高です。

    • ベスト労力: サービスプロファイルを提供なし。ベストエフォート型転送クラスの場合、損失の優先度は通常、サービスクラス (CoS) 値には含まれず、ランダムな早期検知 (赤色) ドロッププロファイルが採用されています。

    • 遅延保証:低損失、低遅延、低ジッター、保証された帯域幅、エンドツーエンドのサービスを提供します。

    • ネットワーク制御:プロトコル制御をサポートする上で、一般的に優先度が高くなります。

  • 無効

vlan (vlan-id |vlan-name |タグ付けされていない)

(必須)認証サーバーから IP 電話に送信する、またはタグ付けされていない VLAN トラフィックを許可する、VLAN に関連付けられた VLAN 名または VLAN タグ識別子を指定します。

  • 構文以下のいずれかを指定します。

    • vlan-name— VLAN の名前。

    • vlan-id— VLAN タグ識別子。

    • タグ付けされていない —タグ付けされていない VLAN トラフィックを許可します。

  • vlan-id範囲は1~4094です。タグ 0 と 4095 は、サイト によって予約Junos OS。設定しません

Required Privilege Level

routing— このステートメントを設定で表示するには。

routing-control—このステートメントを設定に追加します。

Release Information

文は Junos OS リリース9.0 で導入されました。

Junos OS の[edit switch-options]リリース 13.2 x50 に導入された階層レベル(ELS に関する情報については、拡張レイヤー2ソフトウェア CLI の使用を参照してください)。