Help us improve your experience.

Let us know what you think.

Do you have time for a two-minute survey?

 
 

dynamic-requests

Syntax

Hierarchy Level

Description

動的リクエストを受信して処理するようにRADSECクライアントを設定します。RADSEC サーバーは、CoA(許可の変更)メッセージや RADIUS 開始切断(RID)メッセージなどの動的 RADIUS 要求のソースとして使用できます。

RADSEC サーバーの IP アドレスをリクエストの送信元アドレスとして設定する必要があります。クライアントが動的要求を監視するソース ポートを指定することもできます。ポートが明示的に設定されていない場合は、デフォルトのRADSECポート2083が使用されます。

Options

routing-instance routing-instance-name

ルーティング インスタンス名を指定します。

送信元アドレス IP アドレス

(必須)RADSEC サーバーの IP アドレスである送信元 IP アドレスを設定します。送信元アドレスが設定されていない場合、動的リクエストは拒否されます。

送信元ポート ポート番号

(オプション)クライアントが動的要求を監視する送信元ポートを指定します。ポートが明示的に設定されていない場合は、デフォルトが使用されます。

  • 既定:2083

  • 範囲:1~65535

Required Privilege Level

アクセス:このステートメントを設定で表示します。

アクセスコントロール — このステートメントを設定に追加します。

Release Information

Junos OS リリース 19.2R1 で導入されたステートメント。