Help us improve your experience.

Let us know what you think.

Do you have time for a two-minute survey?

 
 

dot1x

Syntax

Hierarchy Level

Description

ポートIEEE ネットワーク アクセス コントロール用に 802.1X 認証を設定します。802.1X 認証は、PVLA(プライベート VLAN)のメンバーであるインターフェイスでサポートされています。

Default

802.1 x は無効になっています。

Options

ssl-certificate-path-name

デフォルト パスを使用しない場合は、SSL 証明書のファイル パスを指定します。SSL証明書のデフォルト パスは /var/tmp です。

残りのステートメントは個別に説明されています。詳細については、 CLI エクスプローラーで文を検索するか、「シンタックス」セクションでリンクされた文をクリックします。

Required Privilege Level

routing— このステートメントを設定で表示するには。routing-control—このステートメントを設定に追加します。

Release Information

文は Junos OS リリース9.0 で導入されました。

ssl-certificate-path リリース 19.4 Junos OS導入されました。

ip-mac-session-binding リリース 20.2 Junos OS導入