Help us improve your experience.

Let us know what you think.

Do you have time for a two-minute survey?

 
 

認証順序(システム)

構文

階層レベル

説明

ユーザーの認証を試行するときに、ソフトウェアがさまざまなユーザー認証方法を試行する順序を設定します。ログインが試行されるたびに、ソフトウェアは認証方法を順に実行します。最初の方法からパスワードが一致するまで開始されます。

authentication-orderステートメントが含まれていない場合、ユーザーは構成されたパスワードに基づいて検証されます。

オプション

authentication-order [method1 method2...

ユーザーの認証を試みる際にソフトウェアが異なる認証方法を試みる順序を指定します。

  • 指定以下の認証方法のいずれか1つ以上を、試行しなければならない順で記載されています。

    • ldaps—LDAP 認証サービスを使用します。

    • password— 階層レベルで ステートメントを使用してユーザー authentication に設定されたパスワード [edit system login user] を使用します。

    • radius—認証RADIUSを使用します。

    • tacplus—TACACS+ 認証サービスを使用します。

必須の権限レベル

system — このステートメントを設定に表示するには。

system-control— このステートメントを設定に追加します。

リリース情報

Junos OS リリース7.4 の前に導入された文。

リリース ldaps リリースでJunos OSオプション20.2R1。