Help us improve your experience.

Let us know what you think.

Do you have time for a two-minute survey?

 
 

show system license (View)

構文

説明

ライセンスとライセンスの使用方法に関する情報を表示します。

オプション

none

すべてのライセンス情報を表示します。

installed

(オプション)インストール済みライセンスのみを表示します。

keys

(オプション)ライセンス キーのリストを表示します。この情報を使用して、予想されるライセンス キーが存在することを確認します。

status

(オプション)指定された論理システムまたはすべての論理システムのライセンス ステータスを表示します。

usage

(オプション)ライセンスされた機能の状態を表示します。

必須権限レベル

ビュー

出力フィールド

表 1 は、コマンドの出力フィールドを show system license リストします。出力フィールドは、表示される概算順にリストされます。

表 1: show system license 出力フィールド

フィールド名

フィールドの説明

Feature name

設定済み機能に割り当てられた名前。この情報を使用して、ライセンスをインストールしたすべての機能が存在することを確認します。

Licenses used

デバイスで使用されるライセンス数。この情報を使用して、使用するライセンスの数が設定された数と一致することを確認します。ライセンスされた機能が設定されている場合、その機能は使用されていると見なされます。

Licenses installed

インストールされているライセンス キーに関する情報:

  • License identifier—ライセンス キーに関連付けられた識別子。

  • License version—ライセンスのバージョン。バージョンは、ライセンスの検証方法、署名のタイプ、ライセンス キーの署名者を示しています。

  • Valid for device—ライセンス キーを使用できるデバイス。

  • Features—ライセンスに関連付けられた機能。

Licenses needed

使用する機能に必要だが、まだ適切にライセンスされていないライセンス数。

Expiry

使用する機能のライセンスが必要になる前の猶予期間の残り時間。

Logical system license status

論理システムでライセンスが有効になっているかどうかを示します。

サンプル出力

システム ライセンスを表示

show system licenseed(システム ライセンスがインストール済み)

システム ライセンス キーを表示

システム ライセンスの使用状況を表示

show system license status logical-system all

リリース情報

Junos OS リリース 9.5 で導入されたコマンド。Junos OS リリース 11.2 に論理システム ステータス オプションが追加されました。