Help us improve your experience.

Let us know what you think.

Do you have time for a two-minute survey?

 
 

セキュリティ pki ローカル証明書を表示

構文

説明

ローカルデジタル証明書、およびスイッチにインストールされている対応する公開鍵に関する情報を表示します。

オプション

なし

(「簡易」と同じ)すべてのローカルデジタル証明書および対応する公開鍵に関する情報を表示します。

brief |詳述

ナローカルデジタル証明書、および指定された出力レベルの対応する公開鍵に関する情報を表示します。

certificate-id certificate-id-name(証明書 ID 証明書名)

ナ指定されたローカルデジタル証明書とそれに対応する公開鍵のみに関する情報を表示します。

システムで生成された

ナ自動生成された自己署名証明書に関する情報を表示します。

必須の権限レベル

'95'5c

出力フィールド

表 1show security pki local-certificateコマンドの出力フィールドの一覧が表示されます。出力フィールドは、表示されている順序で表示されます。

表 1: セキュリティ pki ローカル証明書出力フィールドを表示します。

フィールド名

フィールドの説明

出力レベル

Certificate identifier

デジタル証明書の名前。

すべてのレベル

Certificate version

デジタル証明書のリビジョン番号。

detail

Serial number

デジタル証明書のユニークなシリアル番号。

detail

Issued by

デジタル証明書を発行した機関。

なし brief

Issued to

デジタル証明書を発行したデバイスです。

なし brief

Issuer

識別名形式を使用して編成された機関の詳細を含む、デジタル証明書を発行した機関。考えられるサブフィールドは以下のとおりです。

  • Common name—権限の名前。

  • Organization—組織の原産組織。

  • Organizational unit—組織内の部門。

  • State—発生源の状態。

  • Country—発生元の国。

detail

Subject

識別名形式を使用して編成された、デジタル証明書の所有者の詳細。考えられるサブフィールドは以下のとおりです。

  • Common name—権限の名前。

  • Organization—組織の原産組織。

  • Organizational unit—組織内の部門。

  • State—発生源の状態。

  • Country—発生元の国。

detail

Alternate subject

デジタル証明書に関連するデバイスのドメイン名または IP アドレス。

detail

Validity

デジタル証明書が有効な期間。値は以下のとおりです。

  • Not before—デジタル証明書が有効になってから開始します。

  • Not after—デジタル証明書が無効になった場合の終了時間。

すべてのレベル

Public key algorithm

などのプライベートキーで使用される暗号化アルゴリズム rsaEncryption (1024 bits)

すべてのレベル

Public key verification status

公開鍵の検証ステータス:FailedまたPassedはです。このdetail出力は、検証ハッシュも提供します。

すべてのレベル

Signature algorithm

CA がデジタル証明書に署名するために使用する暗号化アルゴリズムsha1WithRSAEncryption

detail

Fingerprint

デジタル証明書の識別に使用されるセキュアハッシュアルゴリズム (SHA1) およびメッセージダイジェスト 5 (MD5) ハッシュ。

detail

Distribution CRL

証明書失効リスト (CRL) サーバーの識別名情報と URL。

detail

Use for key

Certificate signing、、、またはCRL signingDigital signatureKey enciphermentなどの公開キーを使用します。

detail

サンプル出力

セキュリティ pki ローカル証明書を表示

セキュリティ pki ローカル証明書の詳細を表示

リリース情報

Junos OS リリース11.1 で導入されたコマンド