Help us improve your experience.

Let us know what you think.

Do you have time for a two-minute survey?

 
 

セキュリティ ssh キーペアの要求-アイデンティティの生成

構文

説明

指定された id に対して SSH プライベートおよび公開鍵ペアを生成します。ディレクトリにはプライベートキーと公開キーのファイルが格納 /var/db され、rootのみからアクセスできます。ファイル名は、 identity-name拡張子付きのをベースにしています。これらのファイルは、Junos OS に格納されている証明書ファイルに類似しています。

オプション

  • identity-name—アイデンティティ名。

  • passphrase passphrase— 大使で生成されたSSHアイデンティティ。パスフレーズは、ファイルシステムに格納されている秘密鍵ファイルを保護するために使用されます。このオプションでは、ユーザーは脆弱なパスフレーズを入力できないため、セキュリティが強化されます。リモートサーバーへの接続には秘密鍵が使用され、システムが侵害されても、サーバー間での表示や転送が行われることはありません。パスフレーズが不明な場合は、プライベートキーを使用してリモートサーバーに接続することはできません。

    注:

    デフォルトでは、 passphraseは、暗号ブロックチェーン (CBC) モードで、Advanced Encryption STANDARD (AES) 128 を使用して、秘密鍵を暗号化します。生成された鍵はすべてディレクトリに保存 /var/db/ssh_key されます。

必須の権限レベル

maintenance

出力フィールド

このコマンドを入力すると、リクエストのステータスに関するフィードバックが提供されます。

サンプル出力

パスフレーズを使用したセキュリティー ssh キーペア id の要求

リリース情報

Junos OS Release 15.1 X49-D70 で導入されたコマンド