Help us improve your experience.

Let us know what you think.

Do you have time for a two-minute survey?

 
 

さまざまなルートを表示

構文

構文 (EX シリーズスイッチ)

説明

ルーティングテーブル内のアクティブなエントリに関する幅広い情報を表示します。

オプション

なし

ルーティングテーブル内のすべてのアクティブなエントリを表示します。

宛先プレフィックス

ナ指定されたアドレスまたはアドレス範囲のアクティブなエントリを表示します。

論理システム(全| 論理システム名)

ナこの操作は、すべての論理システムまたは特定の論理システムで実行します。

必須の権限レベル

'95'5c

出力フィールド

表 1show route extensiveコマンドの出力フィールドについて説明します。出力フィールドは、表示されている順序で表示されます。

表 1: [ルート拡張出力フィールドを表示する]

フィールド名

フィールドの説明

ルーティングテーブル名

ルーティングテーブルの名前 (inet. 0 など)。

宛先 の数

ルーティングテーブルにルートが存在する宛先の数。

番号 ルート数

ルーティングテーブル内のルート数と以下の状態でのルート数の合計:

  • active(アクティブなルート)

  • holddown(非アクティブな宣言が行われる前に保留状態にあるルート)。

  • hiddenルーティングポリシーのために使用されていないルートです。

ルート宛先( エントリー、発表)

ルート宛先 (例: 10.0.0.1/24). このentry値は宛先のルート数を示し、 announced value はその宛先に対してアナウンスされているルートの数を示します。ルート宛先は、次のような別の形式で提示される場合があります。

  • MPLS-label (例: 80001)

  • interface-name(たとえば、ge-1/0/2)。

  • neighbor-address:control-word-status:encapsulation type:vc-id:source(レイヤー2サーキットのみ、たとえば 10.1.1.195: NoCtrlWord: 1: 1: ローカル/96 など)。

    • neighbor-address—近隣のアドレス。

    • control-word-status—この仮想回線に対して制御ワードの使用がネゴシエートされたかどうか:NoCtrlWordまたCtrlWordはです。

    • encapsulation type—番号で表されるカプセル化のタイプ: (1) フレームリレー DLCI (2) atm AAL5 VCC transport, (3) ATM 透明セルトランスポート、(4) イーサネット、(5) VLAN イーサネット、(6) HDLC、(7) PPP、(8) ATM VCC セルトランスポート、(10) ATM VPC セルトランスポート。

    • vc-id—仮想回線識別子。

    • source—広告の送信元:LocalまたRemoteはです。

Tsi

プロトコルヘッダー情報。

ラベルスタック

(MPLS の最終ホップルーティングデバイス、その両方)スタックの一番上から1つまたは複数のラベルを削除するラベルポップ操作が必要な MPLS ラベルスタックの深さ。ルートのペアが表示されるのは、pop 操作が実行されるのは、スタック深度が2つ以上のラベルである場合のみです。

  • S=0 route着信ラベルスタックの深さが2以上のパケットは、このルーターを1つ少ないラベル (ラベルポップ操作が実行される) で終了することを示します。

  • 情報がない S=場合、ルートは通常の MPLS ルートです。これはスタックの深さが1になっています (ラベルをポップする操作は実行されません)。

[プロトコル設定]

ルートが学習されたプロトコルとルートの優先度値。

  • +—プラス記号は、デバイスから転送テーブルにインストールルーティング テーブルルートを示します。

  • - —ハイフンは最後のアクティブ ルートを示します。

  • *— アスタリスクは、ルートがアクティブなルートと最後のアクティブ ルートの両方かどうかを示します。線のto前にあるアスタリスクは、ルートへの最適なサブパスを示します。

BGP LocalPref属性を除くすべてのルーティングメトリックでは、より小さい値が優先されます。共通の比較ルーチンを使用するために、Junos OS はLocalPrefPreference2フィールドの値の1の補数を格納します。たとえば、ルート1のLocalPref値が100の場合、 Preference2値は-101 になります。ルート 2 LocalPrefの値が155の場合、 Preference2値は-156 になります。ルート2は、値が大きくLocalPref 、値が小さいPreference2ため、推奨されています。

レベル

(IS-IS のみ)。IS-IS では、単一の自律システム (AS) をエリアと呼ばれる小さなグループに分割できます。エリア間のルーティングは階層的に編成されており、ドメインの管理を小規模な領域に分割できます。この組織は、レベル1とレベル2の中間システムを構成することで達成されています。エリア内でのレベル1のシステムルート宛先がエリア外にある場合は、レベル2のシステムへとルーティングされます。レベル2の中間システムは、エリア間およびその他の路線の方向にルートされます。

ルート識別子

IP サブネットは、64ビットプレフィックスで補強されています。

PMSI

プロバイダマルチキャストサービスインターフェイス (MVPN ルーティングテーブル)。

次ホップタイプ

次ホップのタイプ。

Next-hop 参照カウント

次ホップに行われた参照数です。

Nexthop の枝が最大メッセージ数を超えています

フラッドの次ホップブランチの数が、32ブランチのシステム制限を超えていることを示します。また、フラッド次ホップブランチのサブセットのみがカーネルにインストールされています。

ソース:

ルートソースの IP アドレス。

次ホップ

直接到達可能な近接システムのネットワークレイヤーアドレス。

Next-hop に到達するために使用されるインターフェース。次ホップに使用可能なインターフェイスが複数ある場合は、実際に使用されるインターフェイスの名前の後に、その単語Selectedが続きます。このフィールドには、以下の情報も含めることができます。

  • 重み — プライマリ、セカンダリ、バックアップ ルートの識別に高速再ルート値。重み情報は MPLS ラベルスイッチパス (LSP) リンク保護、ノードリンク保護、または高速再ルーティングが有効になっている場合、またはセカンダリパスでスタンバイ状態が有効になっている場合に使用できます。低重量値を使用することをお勧めします。同じ重量値を持つルートの中には、負荷分散が可能です。

  • バランス — ルーティング デバイスで等しくないコスト 処理を実行している場合に、ネクスト ホップ間で等しくないコストのトラフィックがどのように分散されるのかを示す係数ロード バランシング。この情報は BGP マルチパスのロードバランシングを有効にすると利用できます。

ラベルスイッチ パス lsp-path-name

次ホップに到達するために使用される LSP の名前。

ラベルオペレーション

このルーティングデバイスで発生するラベルと運用を MPLS します。この操作は、 pop (スタックの一番上からラベルが削除される)、 pushまたは (別のラベルがラベルスタックに追加されてswapいる)、または (ラベルが別のラベルに置き換えられている場合は) 実行できます。

オフセット

メトリックがオフセット値によって増加または減少したかどうか。

インターフェイス

(ローカルのみ)ローカルインターフェイス名。

プロトコルのネクストホップ

プレフィックスをアドバタイズしたリモートルーティングデバイスのネットワークレイヤーアドレス。このアドレスは、フォワーダーの次ホップを再帰的に導き出すために使用されます。

ラベル操作

このルーティングデバイスで発生するラベルと運用を MPLS します。この操作は、 pop (スタックの一番上からラベルが削除される)、 pushまたは (別のラベルがラベルスタックに追加されてswapいる)、または (ラベルが別のラベルに置き換えられている場合は) 実行できます。

間接ネクスト ホップ

この場合、次ホップ宛先へのパスを解決するために使用されるノードのリストが、解決された順に表示されます。

BGP PIC エッジが有効になっている場合、リンクIndirect next hop: weight障害が発生しているパスを修復するためにソフトウェアが使用できる出力ラインは、次のホップを含むことになります。次ホップ重量には、以下のいずれかの値があります。

  • 0x1 は、アクティブな次ホップを示します。

  • 0x4000 はパッシブの次ホップを示します。

都道府県

ルートの状態 (ルートは複数の状態である場合があります)。

セッション ID

MPLS 高速再ルーティング (FRR) とループフリーの代替 (LFA) を使用した保護を表す BFD セッション ID 番号。

重量

バックアップパスの重み。間接的な次ホップの重量が0より大きい場合は、加重値が表示されます。

無効な理由

ルートが非アクティブな場合は、現在の状態の理由が示されます。主な理由は次のとおりです。

  • Active preferred— 現在アクティブなルートが、このルート上で選択されました。

  • Always compare MED:低い複数出口識別子(MED)を持つパスが使用できます。

  • AS path:ネットワーク パスAS短くできます。

  • Cisco Non-deterministic MED selection:Cisco の非定義的 MED が有効で、低い MED のパスを使用できます。

  • Cluster list length:クラスター リストの長さを短くしたパスを使用できます。

  • Forwarding use only—パスは転送目的でのみ使用できます。

  • IGP metric—ネクスト ホップを通過するパスと、低いIGPを使用できます。

  • IGP metric type:下位リンクOSPFのアドバタイズメント タイプを持つパスを使用できます。

  • Interior > Exterior > Exterior via Interior:直接、静的、IGP、EBGP のパスを使用できます。

  • Local preference—ローカル設定値が高いパスを使用できます。

  • Next hop address—低いメトリックのネクスト ホップを持つパスを使用できます。

  • No difference:低い IP アドレスを持つネイバーからのパスを使用できます。

  • Not Best in its group—同一の外部ノードの複数のピアAS同じプレフィックスをアドバタイズし、選択プロセスでグループ化されている場合に発生します。この理由が表示されると、追加の理由が提示されます (通常はその他の理由が記載されています)。

  • Number of gateways—より多くのネクスト ホップを持つパスを使用できます。

  • Origin—より低いオリジン コードを持つパスを使用できます。

  • OSPF version—パスは、指定されたバージョンにOSPFされていません。

  • RIB preference—番号の大きいルートからのルーティング テーブル使用できます。

  • Route destinguisher:IP サブネットを一意にするために 64 ビット プレフィックスを追加します。

  • Route metric or MED comparison:低いメトリックまたは MED を持つルートを使用できます。

  • Route preference—設定値が低いルートを使用できます。

  • Router ID—ID が低いネイバーを通過するパスを使用できます。

  • Unusable path—以下のいずれかの条件により、パスを使用できません。ルートが damped であるか、ルートがインポートポリシーに拒否されているか、ルートが解決されていません。

  • Update source—最後のタイブレークは IP アドレスの最小値です。

ローカルとしての

ローカルルーティングデバイスの自律システム (AS) 番号です。

タイム

ルートが認識されている期間。

AIGP

累積された内部ゲートウェイプロトコル (AIGP) の属性を BGP します。

指定されたルートのコスト値。内のルートでは、コストは IGP と個々のプロトコルメトリックによって決定されます。外部ルート、宛先、ルーティングドメインについては、コストは優先度の値によって決定されます。

MED-V + IGP

次ホップ宛先への IGP 費用が加算された BGP のパス選択のメトリック値を追加しました。

TTL-アクション

MPLS Lsp については、TTL 伝播属性の状態を挙げています。すべての RSVP 信号および LDP シグナルの Lsp に対して、または特定の VRF ルーティングインスタンスに対して有効または無効にすることができます。

タスク

ルートを追加したプロトコルの名前。

発表ビット

ルートのコンシューマーであるプロトコルのリストです。例として以下の出力をAnnouncement bits (3): 0-KRT 5-Resolve tree 2 8-BGP RT Background使用すると、このルートの状態を持つ3つのクライアント (プロトコル) を反映した (3) アナウンスビットがあります。カーネル (0 ~ KRT)、5 (解決ツリープロセス 2)、8 (BGP)。

この表記n-Resolve inetは、ルートがルーティングテーブル内で見つかった次のホップのルート解決に使用されることを示します。nジュニパーネットワークスカスタマーサポートのみで使用されるインデックスです。

パスとして

ルートが学習されたパス。AS path の末尾にある文字はパスの原点を示し、AS path が送信された時点でのルートの状態を示しています。

  • I—IGP。

  • E—EGP。

  • Recorded—サンプル ASパスはサンプル プロセスによって記録されます(サンプル)。

  • ?—不完全、通常はASパスが集約されました

ルートにパス番号が含まれている場合、その形式は次のとおりです。

  • [ ]角括弧は、ルーティング デバイスで複数のAS番号が設定されている場合、またはASパスの未追加が設定されている場合に、ASパスに関連付けられたローカルAS番号を囲みます。

  • { }—中括弧はAS括弧で囲む。これは、番号のAS重要ではない番号のグループです。ルートアグリゲーションによる一般的な結果セットです。各セットの数値は昇順で表示されます。

  • ( )—括弧の中にはコンフェデレーションを囲います。

  • ( [ ] )—括弧と角括弧は、コンフェデレーション セットを囲みます。

注:

Junos OS リリース10.3 以降では、BGP 属性 128 (属性セット) を受信し、ルーティングインスタンスで独立ドメインを構成していない場合、AS path フィールドに、認識されない属性と関連する16進値が示されます。

検証状態

(BGP 学習したルート)ルートの検証ステータス:

  • Invalid:プレフィックスが見つかっていますが、EBGP ピアから受信した対応する AS が、データベースに表示される AS ではなく、または BGP 更新メッセージ内のプレフィックス長さが、データベースで許可されている最大長よりも長いのいずれかを示します。

  • Unknown—プレフィックスがデータベース内のプレフィックスまたはプレフィックス範囲に含第 1 に含えからなかどうかを示します。

  • Unverified—特定のピアに対して、送信元の検証がBGPします。

  • Valid—プレフィックスと自律システムのペアがデータベースに含つかつかを示します。

FECs をルートにバインド

ポイントツーマルチポイントのルートアドレス、マルチポイント LDP (M-LDP) inband シグナリングが設定されている場合のマルチキャスト送信元アドレス、および multicast group アドレス。

AS パス: I <Originator>

(ルートに反映された出力のみ)ルートリフレクタによって設定される発信元 ID 属性です。

ルート ステータス

BGP ルートのステータスを示します。

  • Accepted—デフォルトのポリシー BGP指定したルート ルートがインポートBGPされます。

  • Import—ルートがレイヤー 3 VPN ルーティング インスタンスにインポートされます。

  • Import-Protect—保護されたリモート インスタンスのエグレス。

  • Multipath:マルチBGPパス アクティブ ルート。

  • MultipathContrib—ルートはアクティブではなく、マルチパスのBGPします。

  • Protect—保護されているエグレス ルート。

  • Stale—グレースフルリスタートにより、古いルートがマークされます。

プライマリアップストリーム

マルチキャストのみの高速再ルーティング (MoFRR) を使用するマルチポイント LDP が構成されている場合は、アップストリームパスがプライマリになります。MoFRR は、受信側からプライマリパス上のソースへのマルチキャスト結合メッセージを送信します。また、受信側からバックアップパス上のソースへのセカンダリマルチキャスト結合メッセージも送信します。

RPF Nexthops

マルチポイント LDP で MoFRR を設定すると、リバースパスフォワーディング (RPF) の次ホップ情報が使用されます。データパケットは、プライマリパスとセカンダリパスの両方から受信されます。RPF のチェックが原因で、トポロジー結合ポイントで冗長パケットが破棄されます。

ラベル

複数の MPLS ラベルを使用して、MoFRR ストリームの選択を制御します。各ラベルは個別のルートを示していますが、それぞれが同じインターフェイスリストチェックを参照しています。その他のすべてのドロップ時に、プライマリラベルのみが転送されます。複数のインターフェイスで同じラベルを使用してパケットを受信できます。

重量

プライマリおよびバックアップルートを区別するために使用される値。低重量値を使用することをお勧めします。同じ重量値を持つルートの中には、負荷分散が可能です。

VC ラベル

レイヤー2サーキット仮想接続に割り当てられた MPLS ラベル。

MTU

レイヤー2回線の最大転送ユニット (MTU) です。

VLAN ID

レイヤー2回路の VLAN 識別子。

クラスター リスト

(ルートに反映された出力のみ)ルートリフレクタによって送信されたクラスター ID です。

発信元 ID

(ルートに反映された出力のみ)ルートリフレクタへのルートを最初に送信したルーターのアドレス。

ルートにバインドされたプレフィックス

このルートにバインドされた同等クラス (FEC) を転送します。LDP によってインストールされたルートにのみ適用できます。

コミュニティー

ルートのコミュニティーパス属性。

削除(削除)

DeletePending フラグは、BGP ピアダウンイベントによって BGP ルートを処理する必要があることを示します。

Layer2-info: encaps

レイヤー2カプセル化 (VPLS など)

制御フラグ

制御フラグ:noneまたはサイトがダウンしています。

ユニット

最大転送ユニット (MTU) 情報

ラベルベース、範囲

ラベルおよびラベルブロックサイズの最初のラベル。リモート PE ルーティングデバイスは、広告 PE ルーティングデバイスへのトラフィックを送信するときに、この最初のラベルを使用します。

ステータスベクター

レイヤー 2 VPN と VPLS のネットワークレイヤーの到達可能性情報 (NLRI)

Localpref

ルートに含まれているローカル優先値。

ルーター ID

オープンメッセージ内の近隣ノードによって通知されたルーター ID BGP ます。

プライマリルーティングテーブル

ルーティングテーブルグループにおいて、ルートが存在するプライマリルーティングテーブルの名前。

セカンダリテーブル

ルーティングテーブルグループにおいて、ルートが存在する1つまたは複数の二次テーブルの名前。

送信元の RIB

アクティブルートを使用して、解決データベースで転送された次ホップのエントリを特定するルーティングテーブルの名前。たとえば、inet. 0 と inet から解決している場合、このフィールドは、特定のプレフィックスに最適なパスが提供されたルーティングテーブルを示します。3は、その1つである inet. 0 または inet.

ノード パス数

パス内のノード数。

転送ネクストホープ

次ホップの転送数です。フォワーディングの次ホップは、直接到達可能な隣接システムのネットワークレイヤーアドレス (該当する場合)、およびそれに到達するために使用されるインタフェースです。

サンプル出力

さまざまなルートを表示

show route extensive(BGP-SRTEルート)

リリース情報

Junos OS リリース7.4 より前に導入されたコマンド

DeletePendingJunos OS リリース 19.4 R1 のコマンド出力に追加されたフラグ。