Help us improve your experience.

Let us know what you think.

Do you have time for a two-minute survey?

 

arp

構文

構文(EX シリーズ)

階層レベル

注:

階層 edit logical-systems は、QFabric システムでは使用できません。

説明

イーサネット、高速イーサネット、ギガビット イーサネット インターフェイスの場合のみ、IP アドレスを MAC アドレスにマッピングする ARP(アドレス解決プロトコル)テーブル エントリーを設定します。IPv4 ネットワークでは、ARP を使用して IP ネットワーク アドレスを物理(MAC)アドレスにマップします。ホスト デバイスがブロードキャスト イーサネット アドレスに送信した ARP 要求に対して応答して適切な ARP 応答を受信すると、アドレスは解決されます。解決されたアドレスは、設定可能な期間、ARP テーブルに保存されます。エントリが有効期限に近い場合、別の ARP 要求をブロードキャストしてそのアドレスのエントリーを更新するために、ホストをトリガーします。ブロードキャストリクエストに応答できるのは目的の受信側のみです。他の受信者が通知無音でリクエストパケットをドロップします

VRRP ルーターのバックアップを有効にして、VRRP-IP から VRRP-ip への ARP 要求と VRRP-MAC アドレス学習できます。ARP 更新間の間隔も設定できます。

注:

デフォルトでは、ステートメントを設定したすべてのイーサネット インターフェイス間で共有されているARPポリシーがインストール family inet されています。階層レベル arp にステートメントを含めて、特定の ARP パケット ポリシー [edit interfaces interface-name unit logical-unit-number family inet policer] をインターフェイスに適用できます。この機能は、現在のスイッチEX シリーズ使用できません。

IP アドレスを節約する必要がある場合、ステートメントを階層レベルに含めて、イーサネット インターフェイスの番号が付けされていない unnumbered-address[edit interfaces interface-name unit logical-unit-number family inet] 設定できます。

注:

EX シリーズ スイッチでは、ARP 更新間の間隔のみを設定します。

オプション

ip アドレス

IP アドレスを使用してネットワークにMAC アドレス。指定される IP アドレスは、括弧内のステートメントで定義されたサブネットの一部である必要 address があります。

Mac mac-address

MAC アドレス IP アドレスにマップする必要があります。次のいずれかの形式MAC アドレス16進バイトとして、 または を指定します nnnn.nnnn.nnnn nn:nn:nn:nn:nn:nn 。たとえば、 0000.5e00.5355 00:00:5e:00:53:55 、 、 .

multicast-mac mac-address

マルチキャストMAC アドレス IP アドレスにマップする必要があります。マルチキャスト インターフェイスを 6 MAC アドレス 16 進バイトとして、以下のいずれかの形式で指定します nnnn.nnnn.nnnn nn:nn:nn:nn:nn:nn 。 または 。たとえば、 0000.5e00.5355 00:00:5e:00:53:55 、 、 .

公開

(オプション)指定された IP アドレスに対して、ルーターまたはスイッチから ARP 要求に応答します。このオプションを除外した場合、ルーターまたはスイッチは、宛先に到達するエントリーを使用しますが、ARP要求に応答しない。

注:

ユニキャスト MAC アドレスの場合のみ、オプションを含める場合、 publish ルーターまたはスイッチはプロキシ ARP 要求に応答します。

エージング タイマー

ARP アップデート間の間隔(分)更新するARPエントリー数(ルーターのみ、メトロ イーサネット環境など)が多い環境では、更新間隔を増やすとシステム パフォーマンスが向上します。

gratuitous-arp-delay(グラットーarp-delay)

システム レベルで gratuitous ARP 要求の遅延を設定します。デフォルトでは、Junos OS はインターフェイス(VLAN ID、MAC アドレス、IP アドレスの変更、アグリゲート イーサネットの導入など)にネットワーク関連の設定変更が行われた直後に、gratuitous ARP 要求を送信します。設定の更新が完全パケット転送エンジン処理されていない場合、パケットの初期リクエストがドロップされる可能性があります。このようなリクエスト パケットが破棄しないように、gratuitous ARP リクエストで遅延を設定できます。

  • 値:

    • seconds—ARP リクエストの遅延を数秒で設定します。3~6 秒の範囲で値を設定することをお勧めします。

gratuitous-arp-on-ifup

このステートメントを階層に追加して設定Junos OS インターフェースがオンラインの場合に [edit system arp] gratuitous ARP アナウンスを自動的に発行します。

インターフェイス

ファミリー タイプの論理インターフェイスに ARP エージング タイマーを分で指定します inet

  • 値: エージング タイマー minutes — ARP アップデート間の時間(分)

  • デフォルト:20

  • 範囲 :1~600,000

非加入者非返信

加入者からの ARP 要求にのみ応答するデバイスを設定します。非加入者からの ARP 要求に応答しない。

パッシブラーニング

バックアップ VRRP ルーターまたはスイッチを設定して、リクエストを送信するホストの ARP マッピング(IP-to-MAC アドレス)を学習します。デフォルトでは、バックアップ VRRP ルーターは、これらのリクエストをドロップします。そのため、プライマリ ルーターに障害が発生した場合、バックアップ ルーターはプライマリ ルーターの ARP キャッシュに存在するエントリーすべてについて学習する必要があります。パッシブ学習を構成すると、バックアップ ルーターをアクティブ化する際の移行の遅延が減少します。このステートメントが設定されていない限り、リクエストを送信するホスト向けバックアップ VRRP ルーターまたはスイッチによる ARP マッピング(IP から MAC アドレス)の学習は無効になります。

パージ

インターフェイスまたはリンクがオフラインになる場合、古いARPエントリーをキャッシュから消去します。

ユニキャスト モード-オン有効期限

ARP キャッシュエントリがエージアウトの場合、デフォルトのブロードキャストリクエストの代わりに、ユニキャストARP要求を送信します。このオプションを含める場合、ホスト デバイスは要求を予想される(現在キャッシュされている)アドレスにのみ送信します。ARP 指定要求は、5 秒間隔でユニキャストになります。オプションを設定しない場合、ARP 再試行回数は 800 ミリ秒間隔で unicast-mode-on-expire ブロードキャストされます。

このオプションは、期限切れ間近のアドレスを解決するために通常送信されるブロードキャスト トラフィックの量を削減します。また、セキュリティー上の理由から、ブロードキャスト ARP 要求を顧客の CPC に転送するのではなく、ARP ブロードキャストをユニキャスト リクエストに変換するようにアクセス ノードが設定されている特別な使用事例もサポートしています。

注:

このオプションは、更新リクエストにのみ影響します。初期 ARP 要求は通常どおりブロードキャストされます。

必須の権限レベル

インターフェイス — このステートメントを設定に表示します。

interface-control—このステートメントを設定に追加します。

system — このステートメントを設定に表示するには。

system-control—このステートメントを設定に追加します。

リリース情報

リリース 7.4 Junos OS前に導入されたステートメント。

スイッチ向けJunos OS リリース 9.0 でEX シリーズされたステートメント。

QFX シリーズ のリリース 11.1 でJunos OSで発表されたステートメント。

OCX シリーズのJunos OS リリース 14.1X53-D20で発表されたステートメント。