Help us improve your experience.

Let us know what you think.

Do you have time for a two-minute survey?

 

forwarding-class

分類

分類子(EX シリーズスイッチ)

ルールの書き換え

スケジューラ マップ

インターフェイス

分類子階層レベル

分類子階層レベル(EX シリーズ スイッチ)

ルール階層レベルの書き換え

ルール階層レベルの書き換え(EX シリーズ スイッチ)

スケジューラ マップ階層レベル

インターフェイス階層レベル

ホストアウトバウンド トラフィック階層レベル(EX シリーズ スイッチ)

説明

転送クラス名とオプション値を定義します。

  • 分類子 — 指定されたコード ポイントの値に基づいて、受信トラフィックを指定された転送クラスに割り当て、指定した損失の優先度をトラフィックに割り当えます。

  • ルールの書き換え — エグレス インターフェイスで、コード ポイント ビットの値と、トラフィックをネクスト ホップに転送する前に、指定された転送クラスに割り当てられたトラフィックに新しい値を指定する損失の優先度を変更(書き換え)します。

  • スケジューラ マップ — 指定されたスケジューラを指定された転送クラスに適用します。

  • インターフェイス — 指定された転送クラスをインターフェースに割り当て、固定分類子として使用します(インターフェイス上のすべての受信トラフィックは、その転送クラスに分類されます)。

注:

OCX シリーズ スイッチはサポートされていないMPLS、EXP 分類子や書き換えルールをサポートしていません。

オプション

class-name—転送クラスの名前。

残りの記述については、個別に説明します。CLI Explorer を参照してください

必須の権限レベル

インターフェイス — このステートメントを設定に表示します。

interface-control—このステートメントを設定に追加します。

リリース情報

リリース 9.0 Junos OSで発表されたステートメント。