Help us improve your experience.

Let us know what you think.

Do you have time for a two-minute survey?

 
 

高精度時刻同期プロトコルの透過性の高いクロックを理解する

IEEE 1588によって標準化された高精度時刻同期プロトコル(PTP)は、分散ネットワーク内で使用されている現在の同期方法を改善します。PTP は、イーサネット ネットワークを含め、パケット ベースのネットワーク全体で使用できます。スイッチのキューイングおよびバッファリングの遅延により、パケットに対する可変遅延が発生する可能性があり、パス遅延測定に影響を与えます。キューイングの遅延は、ネットワークの負荷によって異なり、スイッチまたはルーターのアーキテクチャによっても異なります。

透過性の高いクロックは、パケットの遅延を測定し、調整します。透過クロックは、PTP パケットがスイッチまたはルーターを通過する時に、変数の遅延を計算します。

QFX5100、EX4600、ACX5048、ACX5096、ACX6360-OR、PTX10001-20Cデバイスは、透過クロックとしてのみ機能し、分散型ネットワークのプライマリクロックとクライアントクロック間で動作します。透過性の高いクロックは、プライマリ クロックとクライアント クロック間の同期を改善し、プライマリ クロックとクライアント クロックがパケット遅延変動の影響を受けないようにします。透過クロックは、滞留時間(パケットがスイッチまたはルーターを通過する時間)を測定し、滞留時間をPTPパケットの補正フィールドに追加します。クライアント クロックは、開始時のタイムスタンプと修正フィールドの情報の両方を使用して、パケット遅延を考慮します。

ACX5048、ACX5096、ACX6360-OR、PTX10001-20Cデバイスは、エンドツーエンドの透過性の高いクロックをサポートしています。エンドツーエンドの透過性の高いクロックでは、滞留時間のみがPTPパケットの補正フィールドに含まれます。レジデンスのタイムスタンプは、1つのパケットでワンステップのプロセスとして送信されます。ACX6360-OR、PTX10001-20C デバイスではサポートされていない 2 段階のプロセスで、推定タイムスタンプが 1 つのパケットで送信され、追加のパケットには更新されたタイムスタンプが含まれています。

メモ:

ACX5048、ACX5096、ACX6360-OR、PTX10001-20Cデバイスは、1つのステップのプロセスのみをサポートしており、タイムスタンプは1つのパケットで送信されます。

スイッチまたはルーターに対して、透過性の高いクロックをグローバルに有効または無効にすることができます。グローバル設定では、各インターフェイスに同じ設定が適用されます。透過クロックが無効になっている場合、PTP パケット修正フィールドは更新されません。透過性の高いクロックが有効な場合、PTP パケット修正フィールドが更新されます。

QFX5100、EX4600、EX4400 スイッチでは、透過クロック用の PTP over Ethernet、IPv4、IPv6、ユニキャスト、マルチキャストがサポートされています。EX4400スイッチは、IRBとLAGもサポートしています。

メモ:

ACX5048およびACX5096ルーターは、透過クロックの場合、IPv6上のPTPをサポートしていません。

メモ:

ACX6360-OR、PTX10001-20C、PTX10001-36MR デバイスは、透過クロック用の PTP over IPv6 をサポートします。

ACX5048およびACX5096ルーターは、以下をサポートしていません。

  • バウンダリークロック

  • 通常クロック

  • MPLS スイッチ パス上の透過性の高いクロック

  • 2つ以上のVLANタグを持つ透過型クロック

ACX6360-ORおよびPTX10001-20Cデバイスは、以下をサポートしていません。

  • 境界、通常、プライマリ、クライアントのクロック

  • MPLS スイッチ パス上の透過性の高いクロック

  • 2つ以上のVLANタグを持つ透過型クロック

  • PTP over Ethernet

  • IPv4 上の PTP

  • PTP マルチキャスト モード

  • ユニキャストおよびブロードキャスト モードの設定。

    ユニキャスト モードはデフォルトで有効になっています。

  • トランスポンダ モードの透過性の高いクロック

  • MACSec が有効になっている間の PTP

  • 2 段階のプロセス

メモ:

ファイバー SFP ポートの代わりに銅線 SFP ポートを使用すると、遅延が長くなることがあります。この場合、銅線 SFP ポートによって発生する遅延を補正して、正確な CF(補正係数)を測定する必要があります。