Help us improve your experience.

Let us know what you think.

Do you have time for a two-minute survey?

 
 

enable-extended-ql-tlv

構文

階層レベル

説明

eEEC(拡張イーサネット機器クロック)を有効にします。eEEC は、同期イーサネット チェーンで異なる品質レベル(QLs)を持つ新しいクロックをサポートし、拡張 QL TLV で ESMC を送信します。

eEEC 向けの拡張 QL TLV は、次の 3 つのクロックの組み合わせを提供します。

  • 拡張QL TLVサポートを備えたeEEC
  • 拡張QL TLVをサポートしないEEC
  • 拡張QL TLVサポートを備えたEEC。

拡張QL TLVでは、カスケードeEECおよびEECクロックの数をカウントできます。これにより、拡張ESMCメッセージをサポートするクロックが、破棄された TLV を持つクロックの存在を報告することもできます。

オプション

quality-level

使用可能な品質レベルは次のとおりです。

表 1:品質レベル

品質レベル

説明

PRTC

プライマリ リファレンス タイム クロック(オプション-1/オプション-2)のタイミング品質。

eEEC

拡張イーサネット機器クロック(オプション-1/オプション-2)のタイミング品質。

ePRC

拡張プライマリ リファレンス クロック(オプション-1/オプション-2)のタイミング品質。

ePRTC

拡張プライマリ リファレンス タイム クロック(オプション-1/オプション-2)のタイミング品質。

Prc

プライマリ リファレンス クロックのタイミング品質(オプション-1 のみ)。

Prs

プライマリ リファレンス ソースに対してトレース可能なクロック(オプション-2 のみ)。

SDH 機器クロックのタイミング品質(オプション-1 のみ)。

Smc

自己タイミング SONET に対してトレース可能なクロック(オプション-2 のみ)。

ssu-a

タイプ I または IV クライアント クロックのタイミング品質(オプション-1 のみ)。

ssu-b

タイプVIクライアントクロックのタイミング品質(オプション-1のみ)。

st2

Stratum 2 に対してトレース可能なクロック(オプション-2 のみ)。

st3

Stratum 3 に対してトレース可能なクロック(オプション-2 のみ)。

st3e

Stratum 3E に対してトレース可能なクロック(オプション-2 のみ)。

st4

Stratum 4 フリーランに対してトレース可能なクロック(オプション-2 のみ)。

ステュー

未知の品質に対して追跡可能なクロック(オプション-2のみ)。

Tnc

トランジット ノード クロックに対してトレース可能なクロック(オプション-2 のみ)。

品質レベルを設定せず、クロック ソースが ESMC メッセージを受信しない場合、ネットワーク オプション 1 では DNU、ネットワーク オプション 2 では DUS が品質レベルに設定されます。

必要な権限レベル

インターフェイス—設定でこのステートメントを表示します。

インターフェイス制御—設定にこのステートメントを追加します。

リリース情報

Junos OS リリース 21.2R1 EVO で導入されたステートメント。