Help us improve your experience.

Let us know what you think.

Do you have time for a two-minute survey?

 
 

dynamic-profile (Dynamic PPPoE)

構文

階層レベル

説明

PPPoE 動的プロファイルを基礎となるイーサネット インターフェイスにアタッチします。この基礎となるインターフェイスは、 ステートメントまたは ステートメントのどちらかで設定されています encapsulation ppp-over-ether family pppoe 。2つのステートメントは相互に排他的です。ルーターが基礎となるインターフェイス上に動的PPPoE論理インターフェイスを作成すると、動的プロファイルの情報を使用して動的PPPoE論理インターフェイスのプロパティを決定します。

注:

階層 [edit ... family pppoe] は、複数の階層で構成MX シリーズ持つルーターでのみサポートされています。

最初の Junos OS リリース 17.2R1、MS-MPC および MS-MIC のコンバージド サービスを設定できます。ハイラーキャプティブ ポータルレベルでサービス インターフェイス ms-fpc/pic/port ステートメントを含めて、MS-MICs および MS-MPC の CPCD(コンテンツ配信)プロファイルを設定 edit service-set service set name captive-portal-content-delivery-profile profile name interface-service できます。

オプション

profile-name— 階層レベルで定義された、長さが最大 64 文字の PPPoE 動的プロファイルの [edit dynamic-profiles profile-name interfaces pp0] 名前。

必須の権限レベル

インターフェイス — このステートメントを設定に表示します。

interface-control—このステートメントを設定に追加します。

リリース情報

リリース 10.1 Junos OSで発表されたステートメント。

リリース [edit ... family pppoe] 11.2 で導入された階層Junos OSサポートされます。