Help us improve your experience.

Let us know what you think.

Do you have time for a two-minute survey?

 
 

DHCP の監視と管理

クライアント バインディングの再設定を開始するための DHCP ローカル サーバーの要求

DHCP ローカル サーバーがすべてのクライアントまたは指定されたクライアントの再設定を開始要求できます。

すべてのクライアントの再設定をリクエストするには、次の方法に示します。

  • オプションを all 指定します。

次の方法を使用して、特定のクライアントの再設定を要求できます。

  • DHCPv4 クライアントの IP アドレスを指定します。

  • DHCPv4 MAC アドレスの設定を指定します。

  • インターフェイスを指定します。このインターフェイス上のすべてのクライアントに再設定を試み

  • 論理システムを指定します。この論理システム内のすべてのクライアントまたは指定されたクライアントに対して再設定を試み

  • ルーティング インスタンスを指定します。再設定は、このルーティング インスタンス内のすべてのクライアントまたは指定されたクライアントに対して試行されます。

DHCP バインディングの表示とクリア

このトピックでは、現在の DHCP バインディング、選択したバインディングの消去、指定したバインディングのクリアに使用する手順を示します。

加入者管理により、DHCP ローカル サーバーおよび DHCP リレー エージェントについて、さまざまなレベルで DHCP バインディングを消去できます。たとえば、すべてのインターフェイス、インターフェイス のグループ、または特定のインターフェイスで、DHCP バインディングを消去できます。IP アドレス、MAC アドレス、session-ID、DHCPv6 プレフィックス、DHCPv6 クライアント ID、FPC、PIC、ポート、VLAN、またはスタック VLAN(S-VLAN)に基づいて、DHCP バインディングを消去できます。

このトピックでは、クリア DHCP バインディング機能のいくつかのバリエーションを示す例を示します。この例では、DHCPローカルサーバーコマンドを使用しています。ただし、DHCP リレー エージェント、DHCPv6 ローカル サーバー、DHCPv6 リレー エージェントの手順とコマンドは似ています。

バインディングを消去し、特定の IP アドレスの結果を検証するには、以下の手順に示します。

  1. 現在のバインディングを表示します。コマンドの適切なバリエーションを発行 show dhcp server binding します。
  2. 削除するバインディングを消去します。
  3. バインディングが消去されたと確認します。

次の例は、明確な DHCP バインディング機能のバリエーションを示しています。この例では、DHCP ローカル サーバーのバージョンのコマンドを使用しています。

注:

IP demux インターフェイスは、DHCP ローカル サーバーおよび DHCP リレー エージェントの DHCP バインディング show clear コマンドではサポートされていません。

すべてのバインディングを消去するには、次の方法で行います。

特定のインターフェイスでのバインディングを消去するには、次の方法に行います。

インターフェイス上のすべてのバインディングを消去するには。この例ではワイルドカード オプションを使用しています。

特定のVLAN上のバインディングを消去するには。この例では、VLAN 100 上のすべてのバインディングを消去しています。

特定の S-VLAN のバインディングを消去するには。この例では、S-VLAN 100-200 でのバインディングをクリアします。

すべてのd demux VLAN上のすべてのバインディングを消去するには、次の方法に示します。

基礎となるインターフェイス上のすべてのバインディングを消去するには。この例では、インターフェイス上のすべてのd demux VLANのバインディングを消去します ae0

PPP バインディングを消去するには。この例ではワイルドカード機能を使用し、インターフェイス上のPPPバインディングを消去 pp0.100 します pp0.200 。 と .

FPC のすべてのバインディングを消去するには。この例ではワイルドカード機能を使用し、FPC 1 上のすべての DHCP バインディングをクリアします。

PIC上のすべてのバインディングを消去するには。この例ではワイルドカード機能を使用し、FPC 1、PIC 0上のすべてのDHCPバインディングをクリアします。

ポートのすべてのバインディングを消去するには。この例ではワイルドカード機能を使用し、FPC 1、PIC 0、ポート 0 上のすべての DHCP バインディングをクリアします。

DHCP リレー サーバーの応答性の監視

DHCP リレー エージェントと DHCPv6 リレー エージェントを設定して、ルーターが DHCP サーバーの応答性を監視できるよう設定できます。DHCP サーバーの応答性を監視するには、ルーターが DHCP サーバーがリレーされたパケットに応答する方法を追跡する時間を指定します。ルーティング インスタンス内に設定された DHCP サーバーが指定期間中に、すべてのリレーされたパケットに応答できない場合、ルーターは DH_SVC_EXTERN_SERVER_STATE_CHG システム ログ メッセージを生成します。DHCP サーバーが正常に応答し始めるときに、ルーターが再度ログ メッセージを生成して、応答性が回復されたことを示します。また、コマンドを使用 show dhcp relay statistics して show dhcpv6 relay statistics DHCP サーバーの応答性統計情報を表示することもできます。

次の手順では、ルーターが DHCP サーバーの応答性を監視するために DHCP リレー エージェントを設定する方法について説明します。DHCPv6 サーバーの応答性を設定するには、ステートメント server-response-time を階層レベルに [edit forwarding-options dhcp-relay] 含める必要があります。

DHCP サーバーの応答性を監視するには、次の方法に当たっています。

  1. DHCP リレー エージェントを設定する設定を行います。

DHCP サーバー バインディングとサーバー統計の検証

目的

拡張 DHCP ローカル サーバーのクライアント アドレス バインディングと統計情報に関する情報を表示または消去します。

注:

DHCP サーバーの設定を削除した場合でも、DHCP サーバーのバインディングは残ります。DHCP バインディングを削除するには、DHCP サーバー設定を削除 clear dhcp server binding する前に コマンドを発行します。

アクション

  • 拡張 DHCP ローカル サーバーのクライアント テーブルにアドレス バインディングを表示するには、次の方法に示します。

  • 拡張 DHCP ローカル サーバーの統計情報を表示するには、次の方法に示します。

  • ルーティング インスタンス レベルで拡張 DHCP ローカル サーバーのクライアント テーブルにアドレス バインディングを表示するには、次の手順に示します。

  • 拡張 DHCP ローカル サーバーの統計情報をルーティング インスタンス レベルで表示するには、次の手順に示します。

  • DHCP クライアントのバインディング状態を、拡張された DHCP ローカル サーバー上のクライアント テーブルからルーティング インスタンス レベルで消去するには、次の手順に示します。

  • 拡張された DHCP ローカル サーバーの統計情報を消去するには、次の方法で行います。

  • 拡張された DHCP ローカル サーバー上のクライアント テーブルから DHCP クライアントのバインディング状態を消去するには、次の方法に示します。

  • 拡張された DHCP ローカル サーバーの統計情報をルーティング インスタンス レベルで消去するには、次の手順に示します。

DHCP リレー設定の検証と管理

目的

拡張 DHCP リレー エージェント クライアントのアドレス バインディングまたは統計情報を表示または消去します。

アクション

  • 拡張DHCPリレー エージェント クライアントのアドレス バインディングを表示するには、次の方法に示します。

  • 拡張 DHCP リレー エージェントの統計情報を表示するには、次の方法に示します。

  • DHCP リレー エージェント クライアントのバインディング状態を消去するには、次の方法に示します。

  • 拡張された DHCP リレー エージェントの統計情報をすべて消去するには、次の方法で行います。

拡張 DHCP 運用のトレース

拡張された DHCP ローカル サーバーと拡張 DHCP リレー エージェントのどちらも、追跡操作をサポートしています。DHCP トレース操作により、拡張された DHCP 操作が追跡され、ログ ファイルに記録されます。ログ ファイルにキャプチャされたエラーの説明が、問題の解決に役立つ詳細な情報を提供します。

DHCP トレース操作は、グローバル レベルとインターフェイス レベルで設定できます。グローバル DHCP トレースログには、DHCP 関連のすべてのイベントがログに記録されます。一方、インターフェイスレベルのトレース ログはインターフェイス固有の DHCP イベントのみです。インターフェイスレベルのトレース操作を設定した場合、インターフェイスの範囲または個々のインターフェイスのトレースを指定できます。ただし、1 つのインターフェイス レベルのログ ファイルのみサポートされています。つまり、インターフェイスやインターフェイス のグループごとに異なるインターフェイス レベルのログ ファイルを指定することはできません。

デフォルトでは、何もトレースされません。トレース操作を有効にすると、デフォルトのトレース動作は次のようになります。

  • グローバルおよびインターフェイスごとのトレースの重要なイベントは、ディレクトリ内のファイルに記録 /var/log されます。デフォルトでは、ルーターはファイル名 を 使用 jdhcpd します。 .異なるファイル名を指定できますが、トレース ファイルが存在するディレクトリを変更することはできません。

  • トレース ログ ファイルが 128 KB(キロバイト)に達すると、そのログ ファイルが圧縮され、名前 filename が変更されます filename.0.gz 。その後のイベントは、再度容量に達するまで、という新 filename しいファイルに記録されます。この時点で、 filename.0.gz 名前が変更 filename.1.gz filename され、圧縮され、名前が変更されます filename.0.gz 。このプロセスは、アーカイブされたファイルの数が最大ファイル番号に達するまで繰り返されます。次に、最も古いトレース ファイル(番号が最も多い)が上書きされます。

    必要に応じて、2~1000 のトレース ファイルの数を指定できます。また、最大ファイル サイズは 10 KB から 1 ギガバイト(GB)に設定できます。(ログ ファイルの作成方法の詳細については、 System Log Explorer を 参照してください)。

  • デフォルトでは、トレース操作を設定したユーザーだけがログ ファイルにアクセスできます。また、すべてのユーザーに対して読み取り専用アクセスを設定するオプションがあります。

グローバル DHCP トレース操作を設定するには。

  • DHCP ローカル サーバーおよび DHCP リレーのトレース操作を指定します。

トレース設定は、すべての LS:RI のすべての DHCP アプリケーションにグローバルに適用されます。LS:RI ベースでのイベント トレースの設定はサポートされていません。DHCP トレースは、デフォルトの LS:RI でのみ設定可能です。ただし、DHCP アプリケーション(ローカル サーバーまたはリレー)は、デフォルトの LS:RI で設定されていません。

注:

階層レベルでトレース ステートメントを設定することを [edit system processes dhcp-service] 推奨します。

DHCP トレースは、3 つの異なる階層レベル(新しいレベルと推奨レベル、2 つの古い階層と古い階層に変更された階層)で設定できるため、以下のルールが適用され、インタラクションが管理されます。

  • トレース ログ ファイルにファイル名または他のオプションを設定する場合、階層レベルの設定の優先順位が高く、階層レベルの設定が続き、最後に最も下位のオプションが階層レベルの設定になります [edit system processes dhcp-service] [edit system services dhcp-local-server] [edit forwarding-options dhcp-relay]

  • 複数の階層レベルのフラグ設定がマージされ、すべてのトレース ログ イベントに適用されます。

  • 指定したステートメントは、重大度レベル別に DHCP トレース ログ イベントの生成をフィルタリングするサポートされていません。これらのステートメントを使用する場合、階層レベルで設定された重大度レベルに関係なく、暗黙的な重大度でトレース ログ all[edit system processes dhcp-service] 動作します。

インターフェイスごとのトレース オプションの設定について、詳しくは 特定のインターフェイス向け拡張 DHCP 運用のトレース を参照してください

拡張された DHCP traceoptions 操作については、以下のセクションで説明します。

拡張DHCPログファイル名の設定

デフォルトでは、トレース出力を記録するファイルの名前は jdhcpd .オプションを含めて別の名前を指定 file できます。DHCP ローカル サーバーと DHCP リレー エージェントはどちらも、 ステートメントと ステートメント file traceoptions の オプションをサポート interface-traceoptions しています。

ファイル名を変更するには、以下の方法に当たって行います。

  • グローバルトレース操作のファイル名を指定します。

  • インターフェイスごとのトレース操作のファイル名を指定します。

拡張 DHCP ログ ファイルの数とサイズの設定

必要に応じて、2~1000 の圧縮されたアーカイブ 済みトレース ログ ファイルの数を指定することもできます。ファイル サイズの最大サイズは、10 KB~1 ギガバイト(GB)に設定できます。デフォルトサイズは128キロバイト(KB)です。

アーカイブされたファイルは、形式のサフィックスによって区別されます .number.gz 。アーカイブされた最も新しいファイル .0.gz と、アーカイブされた最も古いファイル .(maximum number)-1.gz は .現在のトレース ログ ファイルが最大サイズに達すると、そのファイルは圧縮され、名前が変更され、既存のアーカイブ ファイルの名前が変更されます。このプロセスは、アーカイブされたファイルの最大数に達するまで繰り返し実行され、最も古いファイルが上書きされます。

たとえば、最大ファイル サイズは 2 MB に、ファイルの最大数は 20 に設定できます。トレース操作の出力を受信したファイルが 2 MB に達し、圧縮および名前が変更され、新しいファイルが filename filename filename.0.gz filename 作成されます。新しい値 filename が 2 MB に達すると、名前 filename.0.gz が変更され、圧縮され、名前 filename.1.gz filename が変更されます filename.0.gz 。このプロセスは、20 のトレース ファイルが含まれるまで繰り返されます。そして、最も古いファイルは、新しい最も古いファイルが圧縮され、名前が変更されたときに filename.19.gz filename.18.gz 上書きされます filename.19.gz

DHCP ローカル サーバーと DHCP リレー エージェントはどちらも、 ステートメントと ステートメントの および files size オプション traceoptions をサポート interface-traceoptions しています。トレース ファイルの数とサイズを設定するには、次の手順に示します。

  • グローバル トレース操作のトレース出力に使用するファイルの名前、番号、サイズを指定します。

  • インターフェイスごとのトレース操作のトレース出力に使用するファイルの名前、番号、サイズを指定します。

拡張 DHCP ログ ファイルへのアクセスの設定

デフォルトでは、トレース操作を設定したユーザーだけがログ ファイルにアクセスできます。すべてのユーザーがログ ファイルを読み取るのを有効にし、ログ ファイルのデフォルト動作を明示的に設定できます。

DHCP ローカル サーバーと DHCP リレー エージェントは、ステートメントとステートメントの オプション world-readable no-world-readabletraceoptions オプションの両方をサポート interface-traceoptions しています。すべてのユーザーがログ ファイルを読み取る必要を指定するには、以下のコマンドを実行します。

  • グローバル トレース操作用にログ ファイルを世界から読み取り可能に設定します。

  • インターフェイスごとの追跡操作で世界を読み取り可能にログ ファイルを設定します。

デフォルトの動作を明示的に設定するには、トレースを設定したユーザーだけがログ ファイルを読み取る必要があります。

  • ログ ファイルを、グローバルトレース操作で一見読できない形式に設定します。

  • インターフェイスごとの追跡操作でログ ファイルを一読できない形式に設定します。

拡張 DHCP メッセージをログに記録するための正規表現の設定

デフォルトでは、トレース操作の出力には、ログに記録されたイベントに関連するすべてのメッセージが含まれます。正規表現を含めて出力を改善できます

DHCP ローカル サーバーと DHCP リレー エージェントはどちらも、 ステートメントと ステートメント match traceoptions のオプションをサポート interface-traceoptions しています。正規表現を設定して一致するには、次の手順に示します。

  • グローバル トレース操作の正規表現を指定します。

  • インターフェイスごとのトレース操作の正規表現を指定します。

拡張 DHCP トレース フラグの設定

デフォルトでは、重要なイベントだけがログに記録されます。1 つ以上のトレース フラグを指定して、ログに記録するイベントと操作を指定できます。

DHCP ローカル サーバーと DHCP リレー エージェントはどちらも、 ステートメントと ステートメント flag traceoptions の オプションをサポート interface-traceoptions しています。グローバル トレースよりも小さいフラグ のセットが、インターフェイス レベルのトレースでサポートされています。イベントのログに記録するフラグを設定するには、次の手順に示します。

  • グローバル トレース操作のフラグを指定します。

  • インターフェイスごとの追跡操作のフラグを指定します。

ログに記録される拡張 DHCP メッセージをフィルタリングする重大度レベルの設定

ログに記録されたイベントに関連付けられたメッセージは、重大度レベルに基づいて分類されます。重大度レベルを使用して、イベント タイプに対してログに記録するメッセージを指定できます。重大度の低いレベルは、より上位レベルよりも制限が少なく、対象のメッセージ数を減らします。重大度レベルを設定すると、そのレベルおよび上位のすべてのメッセージ(より厳しい)レベルがログに記録されます。

以下のリストは、重大度レベルを最小(最小制限)から最大(最も制限の厳しい)順に示します。この順序は、メッセージの意味も表します。たとえば、メッセージ error はメッセージよりも大きな懸念 info 事項です。

  • verbose

  • info

  • notice

  • warning

  • error

設定する重大度レベルは、解決しようとしている問題によって異なります。ログに記録されたイベントに関連するすべてのメッセージを表示する必要がある場合は、 を指定します all 。重大度が最も低い(最小制限レベル)のため、同じ結果で指定することもできます。メッセージの簡潔さや冗長性とは関係 verbose verbose もありません。どちらの場合も、大量の出力が生成されます。メッセージをフィルタリングするなどの、より制限された重大度レベル notice info を指定できます。デフォルトでは、トレース操作の出力には、重大度レベルが . のメッセージだけが含まれています error

DHCP ローカル サーバーと DHCP リレー エージェントはどちらも、 ステートメントと ステートメント level traceoptions の オプションをサポート interface-traceoptions しています。イベントのログに記録するフラグを設定するには、次の手順に示します。

  • グローバルトレース操作の重大度レベルを指定します。

  • インターフェイスごとのトレース操作の重大度レベルを指定します。

特定のインターフェイス向け拡張 DHCP 運用の追跡

加入者管理では、グローバル DHCP 追跡操作に加えて、特定のインターフェイスまたは幅広いインターフェイスについて、拡張 DHCP 操作をトレースできます。

インターフェイスごとのトレースの設定は、2 つのステップの手順です。最初のステップでは、ファイル情報やフラグなど、使用するトレース オプションを指定します。次のステップでは、特定のインターフェイスでトレース操作を有効にします。

インターフェイスごとのトレース操作を設定するには、次の手順に示します。

  1. 使用するトレース オプションを指定します。
    注:

    インターフェイス単位のトレースでは、グローバルな拡張 DHCP トレース操作と同じデフォルト のトレース動作を使用します。デフォルトの動作については、「 拡張 DHCP 運用のトレース 」を参照してください

    1. インターフェイスごとのトレース オプションを設定する設定を行います。
      • DHCP ローカル サーバーの場合、DHCPv6 ローカル サーバー、DHCP リレー エージェント、DHCPv6 リレー エージェント:

    2. (オプション)トレース ファイル オプションを指定します。
    3. (オプション)トレース フラグ オプションを指定します。
    4. (オプション)ログに記録するイベント メッセージを指定するメッセージの重大度レベルを設定します。
  2. インターフェイスまたはインターフェイス範囲でトレースを有効にします。

    次の例は、DHCP ローカル サーバーの設定を示しています。階層レベルおよび階層 trace レベル [edit forwarding-options dhcp-relay] で ステートメントを [edit system services dhcp-local-server dhcpv6] 使用することもできます。

    • 特定のインターフェイスでトレースを有効にします。

    • さまざまなインターフェイスでトレースを有効にします。