Help us improve your experience.

Let us know what you think.

Do you have time for a two-minute survey?

 
 

services (System Services)

構文

階層レベル

説明

リモート システム上のユーザーが DHCP サーバー、DTCP over SSH、フィンガー、アウトバウンド HTTPS、rlogin、SSH、telnet、Web 管理、Junos XML プロトコル SSL、ネットワーク ユーティリティを介してローカル ルーターまたはスイッチにアクセスできるようにルーターまたはスイッチを設定するか、Junos OS を SRC(セッション&リソース制御)ソフトウェアと連携させることができます。また、Juniper Extension Toolkit(JET)を使用して開発されたサードパーティー製アプリケーションの設定を Junos OS で実行することもできます。

Junos OSリリース22.2R1以降、デフォルトでSSH TCP転送機能を無効にしてセキュリティを強化しました。SSH TCP 転送機能を有効にするには、[] 階層レベルでステートメントをedit system services ssh設定allow-tcp-forwardingできます。さらに、[] 階層レベルの tcp-forwarding and no-tcp-forwarding ステートメントはedit system services ssh廃止されました。

残りのステートメントについては、個別に説明します。詳細については、 CLI Explorer でステートメントを検索するか、[構文] セクションでリンクされたステートメントをクリックします。

必須権限レベル

system — このステートメントを設定で表示します。

system-control — このステートメントを設定に追加します。

リリース情報

Junos OS リリース 7.4 より前に導入されたステートメント。

extension-service Junos OS リリース 16.1(MX80、MX104、MX240、MX480、MX960、MX2010、MX2020、vMX シリーズ用)にオプションが追加されました。

grpc Junos OSリリース16.2(MX80、MX104、MX240、MX480、MX960、MX2010、MX2020、vMXシリーズ)にオプションが追加されました。

allow-tcp-forwarding Junos OS リリース 22.2R1 でオプションが追加されました。