Help us improve your experience.

Let us know what you think.

Do you have time for a two-minute survey?

 
 

dhcp-service

構文

階層レベル

説明

デバイスで DHCP サービスを有効にします。DHCP サービスにより、ネットワーク デバイスへのネットワーク パラメーターの割り当てが自動化されます。DHCP サービス プロセスはデフォルトで有効になっています。ただし、デフォルトでは、DHCP スヌーピング データベースの IP-MAC バインディングは、デバイスの再起動時に持続しません。DHCP データベース ファイルのストレージの場所を設定することで、IP-MAC バインディングを持続させる設定を行い、再起動後にパフォーマンスを向上させることができます。DHCP データベースの場所を指定する場合は、スイッチがデータベース エントリーを DHCP スヌーピング データベース ファイルに取り込む頻度も指定する必要があります。

残りの記述については、個別に説明します。CLI Explorer でステートメントを検索するか、[構文] セクションでリンクされたステートメントをクリックして詳細を確認します。

必須の権限レベル

admin — このステートメントを設定に表示するには。

admin-control — このステートメントを設定に追加します。

リリース情報

リリースリリースでJunos OSされた13.2X50-D10。

一部のデバイスに対してJunos OSの19.1R1ログ オプションSRX シリーズサポート。