Help us improve your experience.

Let us know what you think.

Do you have time for a two-minute survey?

 
 

qualified-next-hop (Dynamic Access-Internal Routes)

構文

階層レベル

説明

DHCP および PPP 加入者インターフェイスのアクセス内部ルートに対してMAC アドレス指定されたネクスト ホップとインターフェイスを動的に設定します。

オプション

interface-name—アクセス ルートまたは変数、または変数に割り当てる特定のインターフェイス $junos-interface-name 。サブスクライバがログインすると、変数はDHCPまたはPPPによって指定された値に動的に置き換まれます。

残りのステートメントは、個別に説明されています。CLI Explorer でステートメントを検索するか、[構文] セクションでリンクされたステートメントをクリックして詳細を確認します。

必須の権限レベル

routing— このステートメントを設定で表示するには。

routing-control—このステートメントを設定に追加します。

リリース情報

リリース 9.5 Junos OSで発表されたステートメント。

リリース [edit dynamic-profiles profile-name routing-instances $junos-routing-instance routing-options route subscriber-ip-address] [edit dynamic-profiles profile-name routing-instances $junos-routing-instance routing-options rib routing-table-name route subscriber-ip-address] 10.1 で導入された Junos OSレベルでサポートされます。