Help us improve your experience.

Let us know what you think.

Do you have time for a two-minute survey?

 
 

ブロードバンド 加入者アクセス プロトコル ユーザー ガイド

このガイドを使用して、加入者ネットワークにアクセスするための主な方法を構成する方法を理解してください。

  • DHCP は、IP アドレスの設定とサービス プロビジョニングを提供します。

  • PPP は、ネットワークおよびサービス プロバイダへのポイントツーポイント直接接続を可能にします。動的プロファイルは、認証された加入者に設定とサービスを適用します。

  • L2TP は、アクセス技術の終端と PPP の終端、およびネットワークへの後続のアクセスを分離します。この分離により、サービス プロバイダはアクセス技術をアウトソーシングできます。L2TP は ISP に VPN サービスを提供する機能を提供します。プライベートエンタープライズは、リモートワーカー向けのアクセス技術への投資を削減または回避できます。

  • MPLS pseudowire インターフェイスは、MPLS ドメインをアクセス アグリゲーション ネットワークからサービス エッジに拡張します。

  • Wi-Fiアクセスゲートウェイは、家庭用またはビジネス用Wi-FiネットワークからパブリックWi-Fiアクセスを提供し、モバイル加入者が物理的な場所に関係なく認証および接続できるようにします。

  • 固定無線アクセスにより、サービス プロバイダは、建物に光ファイバーを接続する必要なく、無線ネットワークを介して自宅の加入者を管理できます。無線ネットワークは、ラストマイルの設置および保守コストを削減し、サービスを提供されていないエンドユーザーにサービスを増やすことができます。