Help us improve your experience.

Let us know what you think.

Do you have time for a two-minute survey?

 
 

rstp

MXシリーズ

EXシリーズ

ELS バージョン:EX シリーズ、QFX シリーズ、NFX シリーズ

階層レベル

説明

Rapid Spanning Tree Protocol(RSTP)を設定します。RSTP は IEEE 802.1D-2004 仕様で定義されており、レイヤー 2 ネットワークのループを防止するために使用されるため、基本的な STP(スパニング ツリー プロトコル)が提供するコンバージェンス時間よりも短くなります。

VSTP と RSTP は同時に設定できます。VSTP を使用して、最大 253 個の VLAN を選択的に設定できます。残りの VLAN は RSTP を使用して設定されます。VSTP と RSTP は、スイッチ上で同時に設定できる唯一のスパニング ツリー プロトコルです。

ベスト プラクティス:

VSTP を設定するときに RSTP を設定します。RSTP のオーバーヘッドは最小限で、この設定により、スイッチが 253 を超える VLAN をサポートしている場合でも、スパニング ツリー プロトコルがスイッチ上のすべての VLAN で実行されます。

残りのステートメントについては、個別に説明します。 CLI エクスプローラーを参照してください。

既定

RSTP は、すべてのイーサネット スイッチング インターフェイスで有効になっています。

必須権限レベル

routing —このステートメントを設定で表示します。

routing-control — このステートメントを設定に追加します。

リリース情報

Junos OS リリース 8.4 で導入されたステートメント。

bpdu-block-on-edge ステートメントが Junos OS リリース 9.4 に追加されました。

bpdu-timeout-action ステートメントが Junos OS リリース 9.4 に追加されました。

Junos OS リリース 9.6 に追加されたロジック システムのサポート。

EX シリーズおよび QFX シリーズ スイッチの Junos OS リリース 15.1 で更新され、すべてのインターフェイスでスパニング ツリー パラメータの設定をグローバルにサポートします。

メモ:

すべてのインターフェイスでスパニング ツリー パラメータをグローバルに無効にすることはできません。