Help us improve your experience.

Let us know what you think.

Do you have time for a two-minute survey?

 
 

interface (BPDU Blocking)

構文

階層レベル

説明

ブリッジ プロトコル データ ユニット(BPDU)保護をすべてのインターフェイスまたは 1 つ以上の指定されたインターフェイスに適用します。

STP(スパニング ツリー プロトコル)、RSTP(Rapid Spanning Tree Protocol)、MSTP(Multiple Spanning Tree Protocol)は、EX シリーズ スイッチにレイヤー 2 ループ防御を提供します。スパニング ツリー プロトコルは、BPDU フレームを使用して通信します。スパニングツリー トポロジーは、交換を通じて、トラフィックをブロックするインターフェイスと、ルート ポートおよび転送トラフィックになるインターフェイスを決定します。PC 上で実行されているユーザー ブリッジ アプリケーションも BPDU を生成できます。これらの BPDU がスイッチ上で実行されている STP アプリケーションによってピックアップされると、STP の誤算がトリガーされ、ネットワークが停止する可能性があります。

スパニング ツリー トポロジの一部ではないデバイスに接続されたスイッチ インターフェイスに外部 BPDU が到達するのをブロックするには、トポロジ内のインターフェイスで BPDU 保護を設定します。

注意:

スパニング ツリーを持つスイッチにスパニング ツリーを接続せずに、インターフェイス上で BPDU 保護を設定する場合は、すべてのインターフェイスで BPDU 保護を設定しないように注意してください。これにより、スパニング ツリーを持つスイッチから BPDU を受信することを意図したスイッチ インターフェイス(トランク インターフェイスなど)で BPDU が受信されるのを防ぐことができます。

メモ:

エッジ インターフェイスとして設定されたインターフェイスは、ネットワーク ループを作成できないため、すぐに転送状態に移行できます。エッジ ポートをエンド デバイスに接続する場合、BPDU 保護をエッジ ポートで設定して、BPDU の外部からスイッチを保護する必要があります。エッジ インターフェイスで BPDU 保護が有効になっている場合、外部 BPDU が検出されるとインターフェイスがシャット ダウンし、トラフィックがインターフェイスを通過するのを防ぎます。

オプション

すべて— すべてのインターフェイス。

[interface-name]—1 つ以上のイーサネット インターフェイス名。

残りのステートメントについては、個別に説明します。 CLI エクスプローラーを参照してください。

必須権限レベル

system — このステートメントを設定で表示します。system-control — このステートメントを設定に追加します。

routing —このステートメントを設定で表示します。

routing-control — このステートメントを設定に追加します。

リリース情報

Junos OS リリース 9.1 で導入されたステートメント。