Help us improve your experience.

Let us know what you think.

Do you have time for a two-minute survey?

 
 

グローバル ルーティング プロトコルの運用を追跡

グローバル ルーティング プロトコル トレースの運用について

グローバル ルーティング プロトコル トレース操作では、すべての一般的なルーティング操作が追跡され、ログ ファイルに記録されます。プロトコル固有のトレース操作を設定し、個々のプロトコルのグローバル トレース操作を変更するには、そのプロトコルのトレースを設定します。

ステートメントを traceoptions 使用して、次のグローバル ルーティング プロトコル トレース フラグを指定できます。

  • all —すべてのトレース操作

  • Condition-manager— Condition Manager イベント

  • config-internal— 内部構成

  • 般的 :すべての正常な操作とルーティング テーブル変更(通常のトレースとルート トレースの操作の組み合わせ)

  • グレースフルリスタート—グレースフルリスタート操作

  • 通常— すべての通常の運用

  • nsr-同期—ノンストップ ルーティング同期イベント

  • 解析— 設定解析

  • ポリシー— ポリシーの運用とアクション

  • regex-parse— 正規表現解析

  • ルート— ルーティング テーブルの変更

  • 状態— 状態の変化

  • タスク— インターフェイスのトランザクションと処理

  • タイマー— タイマーの使用状況

注:

すべてのフラグ は注意 して使用してください。このフラグを設定すると、CPU が非常にビジーになる可能性があります。

例:グローバル ルーティング プロトコル運用のトレース

この例では、グローバルルーティングトレース操作を有効にするときに作成されるファイルを一覧表示および表示する方法を示しています。

要件

表示権限 が必要 です。

概要

グローバル ルーティング プロトコル トレースを設定するには、ステートメント traceoptions を階層レベルに [edit routing-options] 含てます。

ステートメントのフラグ traceoptions flag は識別子です。コマンドを使用 set してフラグを設定する場合、既に設定されているフラグは変更されません。次の例では、タイマー トレース フラグを設定した場合、既に設定されたタスク フラグは 有効 ではありません。コマンドを delete 使用して、特定のフラグを削除します。

この例では、デバイスの変更を追跡するトレース ファイルを設定および表示する方法をルーティング テーブル。この手順を適用して、トレース操作をサポートする任意Junos OS階層レベルのトレース操作に適用できます。

ヒント:

トレース操作をサポートする階層レベルのリストを表示するには、設定モード help apropos traceoptions で コマンドを入力します。

構成

CLI迅速な設定

この例を迅速に設定するには、以下のコマンドをコピーして、テキスト ファイルに貼り付け、改行を削除し、ネットワーク設定に一致する必要がある詳細情報を変更してから、コマンドを階層レベルで CLI にコピー アンド ペースト [edit] します。

トレース操作の設定

手順

次の例では、設定階層内のさまざまなレベルに移動する必要があります。デバイスのナビゲーションの詳細については、「 CLI Junos OS CLI ガイド 」 の「 設定モードでの CLI エディターの使用 」を 参照してください

トレース操作を設定するには、次の手順に示します。

  1. トレース操作を設定します。

  2. 仮想ネットワークに変更を与える静的ルートをルーティング テーブル。

  3. デバイスの設定が完了したら、設定をコミットします。

トレース ファイルの表示

手順

トレース ファイルを表示するには、以下の方法で行います。

  1. 動作モードで、システム上のログ ファイルを一覧表示します。

  2. ルーティング テーブル変更 ファイルの内容を表示 します。

  3. ログ ファイルの出力をフィルタします。

  4. オプションの一致条件で コマンドを実行し、トレース monitor start 操作をリアルタイム で表示 します。

  5. 静的ルートを有効にする。

  6. Enter を monitor 押して monitor stop を入力して、コマンド を停止します

  7. トラブルシューティングが完了したら、システム リソースに不要な影響を与えしないように、トレース ロギングの非アクティブ化を検討してください。

    設定を非アクティブにすると、非アクティブなタグを持つ設定に 表示 されます。

  8. トレース操作を再度有効化するには、設定モード ステートメント アクティブ化します。

結果

設定モードから、 コマンドを入力して設定を確認 show routing-options します。出力結果に意図した設定結果が表示されない場合は、この例の手順を繰り返して設定を修正します。

検証

設定が正常に機能されていることを確認します。

トレース ログ ファイルが動作している検証

目的

イベントがログ ファイルに書き込まれるのを確認します。

アクション