Help us improve your experience.

Let us know what you think.

Do you have time for a two-minute survey?

 

ルーティング Junos OSの設定

ルーティング Junos OSについて

Junos OSルーティング テーブルを自動的に作成して維持できます。各ルーティング テーブル特定の目的に使用されます。これらの自動作成されたルーティング テーブルに加えて、独自のルーティング テーブルを作成できます。

各ルーティング テーブル、転送テーブルの一部が追加されます。したがって、転送テーブルはルーティング テーブルに基づいてパーティション化されます。これにより、デバイスごとに特定の転送動作ルーティング テーブル。例えば VPN の場合、各 VPN ベースのルーティング テーブル転送テーブルに固有の VPN 固有のパーティションがあります。

ルーティング ソフトウェアでは、ユニキャスト ルートとマルチキャスト ルートを異なるルーティング テーブルで維持するのが一般的です。また、ルーティング情報の伝達を管理するために個別のルーティング テーブルを作成する際に、ポリシーを考慮する必要がある場合があります。

ルーティング テーブルの作成はオプションです。作成しない場合、デフォルトのJunos OSテーブルが使用されます。

  • inet.0— IPv4(IP バージョン 4)ユニキャスト ルートの場合。この表には、インターフェイスのローカル ルートと直接ルート、静的ルート、動的に学習したルートが格納されています。

  • inet.1— IPv4 マルチキャスト転送キャッシュ用。この表には、参加状態情報の結果として動的に作成される IPv4(S,G)グループ エントリーが格納されています。

  • inet.2— SAFI(後続のアドレス ファミリーインジケータ)2ルートで、マルチプロトコル プロトコル テーブル(MBGP)が有効BGP場合。このテーブルには、RPF(マルチキャスト リバース パスフォワーディング)ルックアップに使用されるユニキャスト ルートが格納されています。このテーブル内のルートは、特定の RPF テーブルを必要とする DVMRP(Distance Vector Multicast Routing Protocol)が使用できます。対照的に、PIM(プロトコル独立マルチキャスト)は inet.0 テーブルに対して RPF チェックを実行できるため、このテーブルを必要とします。ルーティング情報ベース(RIB)グループを使用して、inet.0 から inet.2 にルートをインポートするか、マルチキャスト ルーティング プロトコルからルートを inet.2 に直接インストールできます。

  • inet.3—IPv4 MPLS。このテーブルには、リモート ラベルMPLS(LSP)、LSP 名、送信インターフェイス名のエグレス アドレスが格納されています。このルーティング テーブルは、ローカル デバイスが LSP へのイングレス ノードである場合にのみ使用されます。

  • inet6.0— IPv6(IP バージョン 6)ユニキャスト ルートの場合。この表には、インターフェイスのローカル ルートと直接ルート、静的ルート、動的に学習したルートが格納されています。

  • inet6.1— IPv6 マルチキャスト転送キャッシュ用。この表には、参加状態情報の結果として動的に作成される IPv6(S,G)グループ エントリーが格納されています。

  • instance-name .inet.0— ルーティング インスタンスを設定する場合、Junos OS.inet.0 のデフォルト ユニキャスト ルーティング テーブル instance-name を作成します

  • instance-name .inet.2— ルーティング インスタンス プロトコル instance-name bgp ファミリ inet マルチキャストを VRF のタイプのルーティング インスタンスで設定すると、Junos OS が instance-name .inet.2テーブルを作成します。

    instance-name inet.2 テーブルを作成するもう 1つの方法は、 ステートメントを使用 rib-group します。例: あるルーティング テーブルから別のルーティング テーブルに特定のルートをエクスポートする を参照してください

    注:

    bgp.l3vpn.2 テーブルから.inet.2テーブルにinet-vpnマルチキャスト ルートをインポートしても instance-name 、.inet.2テーブルは作成されない。 instance-name インポート操作は instance-name 、.inet.2 テーブルがすでに存在している場合にのみ機能します。

  • instance-name .inetflow.0— フロー ルートを設定した場合 instance-name Junos OS.inetflow.0 ルーティング テーブルフローを作成します

  • bgp.l2vpn.0— 仮想ネットワークから学習したレイヤー 2 VPN ルートBGP。このテーブルには、他の PE(プロバイダ エッジ)ルーターから学習したルートが格納されています。レイヤー 2 ルーティング情報は、ターゲット コミュニティに基づいたレイヤー 2 VPN ルーティングおよび転送インスタンス(VRF)にコピーされます。

  • bgp.l3vpn.0— 仮想ネットワークから学習したレイヤー 3 VPN ルートBGP。このテーブルには、他の PE ルーターから学習したルートが格納されています。このテーブルに一致するルート テーブルがある場合、このテーブルのルートはレイヤー 3 VRF にコピーされます。

  • l2circuit.0LDP から学習した L2 循環ルートの場合。このテーブル内のルートは、L2 循環シグナリング メッセージの送受信に使用されます。

  • mpls.0—MPLSスイッチの運用に使用します。このテーブルは、ローカル デバイスがトランジット ルーターの場合に使用されます。

  • iso.0—ルートIS-IS使用します。IP ルーティングのサポートに IS-ISを使用する場合、このテーブルにはローカル デバイスのネットワーク エンティティのタイトル(NET)だけが含まれている。

  • juniper_private:デバイスJunos OS PIC ハードウェア間で内部ルーティング エンジン通信するために使用します。

ルーティング テーブルのJunos OS

Junos OS情報用の 2 つのデータベースが管理されています。

  • ルーティング テーブル —すべてのルーティング プロトコルによって学習されたルーティング情報が含されます。(一部のベンダーは、この種のテーブルをルーティング情報ベース[RIB]と言います)。

  • 転送テーブル — パケットの転送に実際に使用されるルートが含されます。(この種のテーブルを転送情報ベース(FIB)と呼むベンダーもいます)。

デフォルトでは、Junos OS は 3 つのルーティング テーブル(IPv4(IP バージョン 4)のユニキャスト ルート用、1 つ目はマルチキャスト ルート用、3 つ目はマルチキャスト ルート用、3 つ目は IPv4 ルーティングMPLS。追加のルーティング テーブルを設定できます。

IPv4 Junos OS IPv6(IPバージョン6)ルートに対して、ルーティング テーブルが異なっています。

このJunos OS、ルートからのすべてのアクティブ ルートがルーティング テーブル転送テーブルにインストールされます。アクティブ ルートは、パケットを宛先に転送するために使用されるルートです。カーネルJunos オペレーティング システム、転送テーブルのマスター コピーを保持します。転送テーブルをパケット転送のパケット転送エンジンパスにコピーします。

ルーティング プロトコル Junosプロセスでは通常、最も低い設定値のルートを選択してアクティブ ルートを決定します。Junos OSは、代替の設定やタイブレーク設定をサポートします。また、BGP や MPLS など一部のルーティング プロトコルでは、これらの追加設定を使用します。

martian アドレス、静的ルート、集約ルート、生成ルートを Junos ルーティング テーブルに追加し、表 1 に示す 1つ以上のプロパティを使用してルートを設定できます。

表 1:ルーティングテーブル ルートのプロパティ

説明

静的

集計

生成

宛先アドレス

X

X

X

宛先へのデフォルト ルート

X

X

X

宛先へのネクスト ホップの IP アドレスまたはインターフェイス

X

ネクスト ホップとしてのラベルスイッチ パス(LSP)

X

パケットをドロップし、この宛先の拒否ルートをインストールし、インターネット制御メッセージ プロトコル(ICMP)到達不能メッセージを送信する

X

X

X

パケットをドロップし、この宛先の拒否ルートをインストールするが、ICMP 到達不能メッセージを送信しない

X

X

X

ローカル ルーターがパケットを受信する原因

X

メトリック値をルートに関連付ける

X

X

X

ルートのタイプ

X

X

X

基本設定値

X

X

X

追加の基本設定値

X

X

X

独立した設定(qualified-next-hop ステートメント )

X

BGPコミュニティ情報をルートに関連付け

X

X

X

ルートに関連付AS自律システム(AS)パス情報

X

X

X

OSPFタグ文字列をルートに関連付ける

X

X

X

アクティブな静的ルートを転送テーブルにインストールしない

X

転送テーブルにルートをインストールする

X

転送テーブルの静的ルートを永続的に保持する

X

関連するパスの一般的な最も長い一AS含める

X

特定のルートASすべてのルート番号を含める

X

ルーティング テーブルと転送テーブルで非アクティブなルートを保持する

X

X

X

ルーティング テーブルと転送テーブルから非アクティブルートを削除する

X

X

X

ルートに関連付けるアクティブ なポリシー

X

X

ルートが再ルーティングを再ルーティングに使用できないと指定します。

X

直接接続されていないプレフィックスへのルートを指定します。

X

PTXルーターのインターフェイス ルートにおけるデフォルト ルーティング テーブル グループについて

オン PTX シリーズ パケット トランスポート ルーターのインターフェイス ルート ルーティング グループルーティング テーブル他のインターフェイス ルーティング デバイスのJunos OS異なります。

通常PTX シリーズ ルーターは、ip 転送MPLS一般的に内部ゲートウェイ プロトコル(IGP)ルートを使用するトランジット プラットフォームです。インターフェイス ルートは直接接続され、ローカル ルートです。

PTX シリーズ ルーターは、間接のネクスト ホップJunos OS解決を強制するという考え方で、他のルーターと異なり、PTX シリーズチェーン複合ネクスト ホップを作成するには、間接ネクスト ホップを解決する必要があります。これにより、ネクスト ホップ タイプが使用できない場合に、ルートが非表示になる可能性があります。

ルートが非表示になじむには、PTX シリーズ プラットフォームによって inet.0 のルートが inet.2 および inet.3 に、ルートが inet6.2 および inet6.3 に自動的にコピーされます。

このルーターのルーティング テーブルインターフェイス インターフェイスのデフォルトPTX シリーズ設定は次のとおりです。

例: ルーティング テーブルの作成

この例では、カスタム アプリケーションを作成する方法ルーティング テーブル。

要件

この例では、デバイス初期化以外の特別な設定は必要ありません。

概要

ルーティング テーブルの作成はオプションです。ルーティング情報の伝達を管理するために個別のルーティング テーブルを作成する際に、ポリシーを考慮する必要があります。この機能が使用されることは稀ですが、ここでは完全性を実現しています。

ルーティング テーブルを作成しない場合は、デフォルトのJunos OSテーブルを使用します。

注:

デフォルトの IPv4 ユニキャスト ルーティング テーブル(inet.0)にのみ静的ルート、集約ルート、生成ルート、martian ルートのみを追加する場合は、デフォルトでこれらのルートがinet.0に追加されるので、ルーティング テーブルを作成する必要は一切ない。これらのルートは、 静的 、 アグリゲート生成、 ステートメントを含めて martians 追加できます。

明示的なステートメントルーティング テーブル、 ステートメントの下 rib にステートメントと子ステートメントを含 rib める。

のルーティング テーブル名には、プロトコル ファミリーが含まれます。オプションで、その後 routing-table-name にピリオドと番号を追加できます。プロトコル ファミリーは、IPv4 ファミリー用にinet、IPv6 ファミリー用に inet6、ISO(国際標準機構)プロトコル ファミリー用に iso を使用できます。 この番号はルーティング インスタンスを表しています。最初のインスタンスは0です。

この例では、 inet.14 という名前のカスタム IPv4 ルーティング テーブルを設定する方法を示しています。この例では、デバイスに単一の静的ルートルーティング テーブル追加する方法も示しています。

注:

スイッチEX シリーズ、動的に学習したルートのみをグループ間でインポートルーティング テーブルできます。

構成

CLI迅速な設定

この例を迅速に設定するには、以下のコマンドをコピーして、テキスト ファイルに貼り付け、改行を削除し、ネットワーク設定に一致する必要がある詳細情報を変更してから、コマンドを階層レベルで CLI にコピー アンド ペースト [edit] します。

手順

手順

次の例では、設定階層内のさまざまなレベルに移動する必要があります。デバイスのナビゲーションについて、詳しくは CLI ガイド の 設定モードでの CLI エディターの使用 Junos OS CLIを参照してください

仮想ネットワークを作成ルーティング テーブル。

  1. デバイスを設定ルーティング テーブル。

  2. デバイスの設定が完了したら、設定をコミットします。

結果

コマンドを発行して設定を確認 show routing-options します。出力結果に意図した設定結果が表示されない場合は、この例の手順を繰り返して設定を修正します。

検証

設定が正常に機能されていることを確認します。

ルーティング テーブルの確認

目的

静的ルートがカスタム ネットワーク ネットワークに必ずルーティング テーブル。

アクション
意味

静的ルートはカスタム ネットワーク内ルーティング テーブル。

例: あるルーティング テーブルから別のルーティング テーブルに特定のルートをエクスポートする

この例では、あるルートから別のルートに複製ルーティング テーブルルーティング インスタンス内ルーティング テーブルルートを複製する方法を示しています。

要件

この例を設定する前に、デバイス初期化以外の特別な設定を行う必要はありません。

概要

この例では、 ステートメントと ステートメントを使用して、あるルートから別のルートに特定のルートをエクスポート auto-export rib-group ルーティング テーブルを実行します。

以下の点を考慮してください。

  • ルーティングインスタンスで自動エクスポートが設定されている場合は、vrf インポートポリシーとvrf-export ポリシーが検証されます。ポリシー内のルート ターゲットとコミュニティ情報に基づき、自動エクスポート機能はローカル ルーティング インスタンス inet.0 テーブル間でルート漏洩を実行します。

  • ステートメントは、.inet.0 以外のテーブルにルートをインポートする必要がある場合 rib-group instance に使用できます。自動エクスポートでRIB グループを使用するには、ルーティング インスタンスで明示的なvrf インポートポリシーとvrf-export ポリシーを指定する必要があります。vrfインポート ポリシーと vrf-exportポリシーを拡張して、追加の条件を含め、仮想ネットワークの必要に応じてルートをRIB グループ。

この例では、アクセス内部ルートが vpna.inet.0 サービス サービスにルーティング テーブル。アクセス内部ルートも vpna.inet.2 サーバーに複製ルーティング テーブル。

構成

CLI迅速な設定

この例を迅速に設定するには、以下のコマンドをコピーして、テキスト ファイルに貼り付け、改行を削除し、ネットワーク設定に一致する必要がある詳細情報を変更してから、コマンドを階層レベルで CLI にコピー アンド ペースト [edit] します。

ルーティング テーブル間の特定のルート エクスポートの設定

手順

次の例では、設定階層内のさまざまなレベルに移動する必要があります。その方法の詳細については、「 ネットワーク ユーザー ガイド 」の CLI Junos OS CLI モード での CLI エディターの使用 を 参照してください

デバイスを設定するには、以下の手順に合います。

  1. インターフェイスを設定します。

  2. vpna.inet.0 へのインポートおよび vpna.inet.0 からのエクスポート用に特定のルートを指定する ルーティング ポリシー を設定します。

  3. ルーティング インスタンスを設定します。

    vrf-import とステートメントを使用して、 2 で設定された vrf-export vpna-importおよびvpna-export ルーティングポリシーを適用します

  4. RIB グループを設定し、ルートを vpna.inet.2 インターフェイスにインポート ルーティング テーブル。

  5. ルートを auto-export あるホストから別のルートにエクスポートルーティング テーブルステートメントを設定します。

  6. 設定BGP。

  7. 自律システム(AS)番号を設定します。

結果

設定モードから、 、および のコマンド show interfaces を入力して show policy-options show routing-options 設定を確認 show routing-instances します。出力結果に意図した設定結果が表示されない場合は、この例の手順を繰り返して設定を修正します。

デバイスの設定が完了したら、設定モード から Commit を入力します。

検証

および コマンドを実行して、設定が正常に動作されていることを show table route vpna.inet.0 確認 show route table vpna.inet.2 します。