Help us improve your experience.

Let us know what you think.

Do you have time for a two-minute survey?

 

static (Routing Options)

構文

階層レベル

説明

仮想ネットワークにインストールする静的ルートをルーティング テーブル。1 つのステートメント内で任意の数のルートを指定し、設定で任意の数の静的 static オプションを指定できます。

オプション

defaults—(オプション) グローバルスタティック ルート オプションを指定します。これらのオプションは、新しく作成された静的ルートすべてによって継承されたデフォルト属性のみを設定します。これらはグローバル デフォルトとして扱い、ステートメントで設定した静的ルートすべてに適用 static されます。

注:

グローバルな静的ルート オプションを指定しても、デフォルト ルートは作成されません。これらのオプションは、新しく作成された静的ルートすべてによって継承されたデフォルト属性のみを設定します。

route— 個々の静的ルートを設定します。ステートメントのこの部分では static 、オプションで静的ルート オプションを設定できます。これらのオプションは個々の宛先にのみ適用され、ステートメントのデフォルト部分で設定 したオプションが 上書き static されます。

  • destination-prefix / prefix-length destination-prefix は IP アドレスのネットワーク部分であり、 prefix-length 宛先プレフィックス長です。

ステートメントのルート部分で個々 static destination-prefix の静的ルートを設定する場合、以下のいずれかの方法でルートの宛先(ルート)を指定します。

  • network / mask-length network 、IPアドレスのネットワーク部分であり、 mask-length 宛先プレフィックス長です。

  • 宛先 へのデフォルト ルートの場合はデフォルトです。これは、0.0.0.0/0の IP アドレスの指定に相当します。

    注:

    宛先 0.0.0.0( 旧式の制限されたブロードキャスト アドレス)を持つIPv4パケットと、宛先 0:0 のIPv6パケットは、デフォルトで破棄されます。これらのアドレス宛てのトラフィックを転送するには、IPv4の 0.0.0.0/32、IPv60:0/128 に静的ルートを追加できます。

  • nsap-prefix—ISO nsap-prefix のネットワーク サービス アクセス ポイント(NSAP)アドレスです。

  • ネクスト ホップ address —IP アドレス、インターフェイス名、または ISO ネットワーク エンティティ タイトル(NET)を指定して、ネクストホップ ルーティング デバイスに到達します。

    宛先へのネクスト ホップの IPv4 または IPv6 アドレスで、以下のように指定されます。

    • ネクスト ホップの IPv4 または IPv6 アドレス

    • インターフェイス名(ポイント to-ポイント インターフェイスの場合のみ)

    • address マルチ interface-name ポイント インターフェイスの IP アドレスまたはポイント to-point インターフェイスのインターフェイス名を指定します。

      注:

      インターフェイスが使用できなくなると、そのインターフェイス上で設定された静的ルートすべてがルーティング テーブル。

      注:

      このタイプのインターフェイスはルーティング プロセスを処理できないため、ロード バランシングは管理および内部イーサネット(fxo)インターフェイスではサポートされていません。 fxpインターフェイス では、複数のネクスト ホップを設定してインターフェイスを有効ロード バランシング。

next-hop options—ネクスト ホップへのパケットの転送を管理する方法に関する詳細な情報。

  • 破棄— この宛先にアドレス指定されたパケットを転送しません。その代わりに、パケットをドロップし、ICMP(または ICMPv6)に到達できないメッセージをパケットの発信者に送信して、この宛先の拒否ルートをパケットの宛先にインストールルーティング テーブル。

  • iso-net—ISO NSAP を指定してネクストホップ ルーティング デバイスに到達します。

  • 次のテーブル routing-table-name —宛先の次のルーティング テーブルの名前。

    次のテーブルのアクション使用する場合、設定には、次のテーブル アクションで指定されたテーブルとは異なるテーブルを指定する用語の大きな名前の大きな名前を指定する必要があります。言い換えると、ステートメントの中の付き語は、次の表のアクション from の表を除外する必要があります。次の例では、最初の条件に一致条件としてrib vrf-customer2.inet.0が含まれます。このアクションは、別のイベント、vrf-customer1.inet.0 ルーティング テーブルのネクスト ホップを指定します。2 つ目の条件は、一致条件でrib vrf-customer1.inet.0を使用し、次のテーブルアクションではvrf-customer2.inet.0を使用します。

    注:

    ルーティング インスタンス内では、メイン ルーティング インスタンスの静的ルートがすでに ステートメントを使用して設定されている場合、ステートメントを使用して静的ルートを設定して、ルーティング インスタンスの next-table inet.0 next-table inet.0 ルーティング テーブル を指す必要があります。たとえば、ステートメントを使用してメイン ルーティング インスタンスで静的ルート 192.168.88.88/32 を設定し、ルーティング インスタンス テストもステートメントを使用した静的ルート next-table test.inet.0 192.168.88.88/32 で設定すると、コミット操作は失敗します。 next-table inet.0 代わりに、メイン インスタンスとルーティング インスタンスの両方でルーティング テーブルグループを設定して、静的ルートを両方のルーティング テーブルにインストールする必要があります。

    注:

    PR 1383419 の修正により、QFX5xxx/EX4xxx スイッチで次のテーブル アクションを使用して静的ルートを設定すると、プレフィックス長が IPv4 ビットの場合は 16 ビット未満、IPv6 の場合は 64 ビット未満の場合はソフトウェア転送が行う結果になります。パフォーマンスに与える影響を回避するには、IPv6とIPv6にそれぞれ16ビット以上、64ビット以上のプレフィックスを持つ複数の静的ルートを設定する必要があります。

  • 受信— このネクスト ホップ宛先のルートをデバイスにインストールルーティング テーブル。

    受信 オプション により、パケットは強制的にパケットを ルーティング エンジン。

    受信 オプション は、以下のような場合に便利です。

    • VRF インスタンスMPLS宛てのパケットを受信する場合

    • リンクのサブネット アドレス上でパケットを受信する場合、アドレスのホスト部分にゼロを含む

  • 拒否— この宛先にアドレス指定されたパケットを転送しません。代わりに、パケットをドロップし、ICMP(または ICMPv6)到達不能メッセージをパケットの発信元に送信し、この宛先の拒否ルートをパケットの宛先にインストールルーティング テーブル。

static-options—(ルートの下 のオプション) 静的ルートに関する追加情報(ルートがルートを設置時にルートに含まれているルーティング テーブル。

以下の 1 つ以上をで指定できます static-options 。オプションごとに個別に説明します。

  • (アクティブ| パッシブ);

  • as-path as-path <> <(egp | igp |不完全)> <経済的集約><アグリゲー as-number in-address> タ)

  • コミュニティ [ community-ids ];

  • (設置|は設置なし)

  • (Metric | Metric2 | Metric3 | Metric4)< value タイプ>; type

  • (基本設定|2|カラー|2)タイプ< preference タイプ>。 type

  • (もう|は、もう読み込む必要はありません)

  • (解決|解決なし)

  • (保持|はなし)

  • タグ metric number タイプ;

残りの記述については、個別に説明します。CLI Explorer を参照してください

必須の権限レベル

routing— このステートメントを設定で表示するには。

routing-control—このステートメントを設定に追加します。

リリース情報

リリース 7.4 Junos OS前に導入されたステートメント。

9.6 で導入された BFD Junosサポート。

9.6 で導入された BFD JunosスイッチにEX シリーズ。