Help us improve your experience.

Let us know what you think.

Do you have time for a two-minute survey?

 

generate

構文

階層レベル

説明

最後のリゾートのルートとして使用される生成ルートを設定します。

オプション

defaults—(オプション) グローバルで生成されたルート オプションを指定します。これらのオプションは、新しく作成されたルートすべてによって継承されたデフォルト属性のみを設定します。これらはグローバル デフォルトとして扱され、ステートメントで設定した生成されたルートすべてに適用 generate されます。

generate-options—生成されたルートの詳細な情報(ルートがデバイスにインストールされている場合に含まれるルーティング テーブル。で以下のオプションを 0 以上指定します generate-options 。各オプションについて個別に説明しています。

  • (アクティブ| パッシブ)、

  • as-path as-path <> <(egp | igp |不完全)> <経済的集約><アグリゲータ as-number in-address> )、

  • (要約|フル)、

  • コミュニティ [ community-ids ];

  • 破棄;

  • (Metric | Metric2 | Metric3 | Metric4) value <タイプ type >;

  • (設定|2の|カラー|2) preference <タイプ type >;

  • タグ metric タイプ number ;

ルート destination-prefix —非デフォルトの生成ルートを設定します。

  • デフォルト— 宛先へのデフォルト ルートの場合。これは 、0.0.0.0/0の IP アドレスの指定に相当します。

  • destination-prefix / prefix-length — / は IP アドレス destination-prefix のネットワーク部分であり、 prefix-length 宛先プレフィックス長です。

ステートメント policy は個別に説明されています。

必須の権限レベル

routing— このステートメントを設定に表示します。

routing-control—このステートメントを設定に追加します。

リリース情報

リリース 7.4 Junos OS前に導入されたステートメント。