Help us improve your experience.

Let us know what you think.

Do you have time for a two-minute survey?

 
 

export-rib

構文

階層レベル

説明

ルーティング情報をエクスポートするルーティング テーブルするJunos OS名を指定します。個々のアプリケーション にRIB グループステートメントで指定できるテーブルは 1 つ export-rib のみです。

ステートメント export-rib は、ルーティング情報がアドバタイズされる送信元テーブルを指定します。

ステートメントの一般的な export-rib 使用として、ドメイン間ルーティングがあります。エクスポート RIB は、ノードがピアにアドバタイズBGPルートを抽出するときに使用されるテーブルです。たとえば、マルチキャストドメイン間ルーティングでは、エクスポート RIB は inet.2 である可能性があります。

もう 1 つの使用は、グローバル export-rib ルーティング テーブル(inet.0)と VRF ルーティング テーブル( .inet.0 )間の動的ルート 漏洩です instance 。たとえば、RIB グループ を使用して、VRF で学習したルートをグローバル ルーティング テーブル、inet.0 にコピーしたり、inet.0 で学習したルートを VRF にコピーすることができます。VRF の設定でこのRIB グループを定義BGPします。ネットワークではルーティング ポリシー動的なフィルタリングを実行できます。たとえば、インポート ポリシーを使用して特定のコミュニティを持つルートをグローバル ネットワークネットワークにルーティング テーブル。

例えば:

オプション

routing-table-name—ルーティング テーブル グループ名。

必須の権限レベル

routing— このステートメントを設定に表示します。

routing-control—このステートメントを設定に追加します。

リリース情報

リリース 7.4 Junos OS前に導入されたステートメント。