Help us improve your experience.

Let us know what you think.

Do you have time for a two-minute survey?

 

show route

構文

構文(EX シリーズ スイッチ)

説明

ルーティング テーブルのアクティブなエントリーを表示します。

オプション

なし

ルーティング テーブル内のすべてのアクティブなエントリーの概要を表示します。

すべての

(オプション)すべてのルーティング テーブル(プライベート または内部のルーティング テーブルを含む)に関する情報を表示します。

destination-prefix

(オプション)指定されたアドレスまたはアドレス範囲のアクティブなエントリーを表示します。

論理システム(全 logical-system-name |)

(オプション)すべての論理システムまたは特定の論理システムで、この操作を実行します。

プライベート

(オプション)すべてのプライベート テーブルまたは内部ルーティング テーブルに関する情報のみ表示します。

プログラムされた詳細

(オプション)API によってプログラムされたルートを表示します。

display-client-data

(オプション)ルーティング プロトコル プロセス クライアント アプリケーションによってインストールされたルートのクライアント ID と Cookie 情報を表示します。

te-ipv4-prefix-ip te-ipv4-prefix-ip

(オプション)トラフィックエンジニアリング プレフィックスの IPv4 アドレスを表示します。トラフィック制御プレフィックスにマスクの長さが含ルーティング テーブル。

te-ipv4-prefix-node-ip te-ipv4-prefix-node-ip

(オプション)トラフィックエンジニアリング ノードから発生した、すべてのプレフィックスを表示します。テーブル内のトラフィック制御ルートからIPv4ノード アドレスをフィルタリング lsdist.0 できます。

te-ipv4-prefix-node-iso te-ipv4-prefix-node-iso

(オプション)トラフィックエンジニアリング ノードから発生した、すべてのプレフィックスを表示します。テーブルから指定された ISO 回線 ID を使用して IPv4 ルートをフィルタリング lsdist.0 できます。

rib-sharding(メイン rib-shard-name |)

(オプション)rib 断片名を表示します。

必須の権限レベル

ビュー

出力フィールド

表 1 は 、 コマンドの出力フィールドを示 show route しています。出力フィールドは、概して表示される順序で一覧表示されます。

表 1: show route output fields(ルート出力フィールドを示す)

フィールド名

フィールドの説明

routing-table-name

ルーティング テーブル 名(inet.0 など)。

number 目的 地

ネットワーク内にルートがある宛先ルーティング テーブル。

number ルート

以下の状態でのルートルーティング テーブルおよびルートの総数:

  • active (アクティブなルート)

  • holddown (非アクティブ宣言になる前に保留中のルート)。ホールドダウン ルートは、アクティブなルートで、もうアクティブなルートではなくなりました。プロトコルがまだルートに関心を持つため、ルートはホールドダウン状態にある。つまり、インタレスト ビットが設定されている。プロトコルがまだルートを宣伝している場合に、プロトコルが以前のアクティブなルートにインタレスト ビット セットを設定している場合があります。すべてのプロトコルがルートのアドバタイズメントを取り消し、そのルートの興味ビットを削除した後、ルートが削除されます。通常、持続的なホールドダウン状態は、関心のあるプロトコルがインタレスト ビットを適切に解放していない状態を意味します。

    ただし、複数のルートのアドバタイズメント(またはステートメントを使用)のアドバタイズメントを設定している場合は、BGP がルートをアクティブ ルートとしてアドバタイズしているという理由で、ホールドダウン ビットが設定される可能性が高 add-path advertise-inactive い。この場合 何も起こっていないので ホールドダウン状態を無視できます

    モードを設定した場合、カーネル ルーティング テーブル(KRT)が非アクティブなルートを使用して有効な受信インターフェイスを構築するために、ホールドダウン ビットが設定されている可能性が uRPF-loose 高い。この場合 何も問題が起こらないため ホールドダウン状態を無視できます

  • hidden (ネットワークの追加が理由で使用されないルートルーティング ポリシー)。

destination-prefix

ルート宛先(例:10.0.0.1/24)。ルート情報は、次のような別の形式で表示される場合があります。

  • MPLS-label (例:80001)。

  • interface-name (例:ge-1/0/2 など)。

  • neighbor-addresscontrol-word-status encapsulation type vc-id :::( source レイヤー 2 回線のみ。例:10.1.1.195:NoCtrlWord:1:1:Local/96):

    • neighbor-address—近隣のアドレス。

    • control-word-status—この仮想回線で制御ワードの使用がネゴシエートされた場合でも、NoCtrlWord または CtrlWord です。

    • encapsulation type—カプセル化のタイプは、(1)フレーム リレー DLCI、(2)ATM AAL5 VCC トランスポート、(3)ATM 透過セル トランスポート、(4)イーサネット、(5)VLAN イーサネット、(6)HDLC、(7)PPP、(8)ATM VCC セル トランスポート、(10)ATM VPC セル トランスポートで表されます。

    • vc-id—仮想回線識別子。

    • source—アドバタイズメントの送信元: ローカルまたはリモート。

[ protocol, preference ]

ルートが学習されたプロトコルとルートの好み値。

  • +—プラス記号は、アクティブ ルート(デバイスから転送テーブルにインストールルーティング テーブルを示します。

  • - —ハイフンは最後のアクティブ ルートを示します。

  • *— アスタリスクは、ルートがアクティブなルートと最後のアクティブ ルートの両方である必要があります。行の前に to アスタリスクが付いている場合、ルートへの最適なサブパスが示されます。

LocalPref 属性を除くBGPルーティング メトリックでは、より少ない値が望まれます。一般的な比較ルーティンを使用するために、Junos OSは Preference2 フィールドに LocalPref 値の 1 の補足値を格納します。たとえば、ルート 1 の LocalPref 値が 100 の場合、Preference2 の値は -101 になります。ルート 2 の LocalPref 値が 155 の場合、Preference2 の値は -156 になります。ルート 2 が望ましいのは、LocalPref 値が高く、Preference2 値が低いという点です。

weeks:days hours:minutes:seconds

ルートの既知時間(たとえば、2w4d 13:11:14、または2週間、4日、13時間、11分、14秒)。

メトリック

示されたルートのコスト値。ネットワーク内のルートASは、コストはサービスの指標IGPプロトコル メトリックによって決まります。外部ルート、宛先、またはルーティング ドメインの場合、コストは優先値によって決定されます。

localpref

ルートに含まれるローカル設定値。

差出人

ルートを受信したインターフェイス。

AS パス

ASが学習されたパスを示します。AS パスの末尾にある文字は、パスの送信元を示し、パスの送信元であるルートの状態ASします。

  • I—IGP。

  • E—EGP。

  • ?—不完全、通常はパスAS集約されました

ルートASパス番号が含まれている場合、その形式は次のようになります。

  • [ ]角括弧は、ルーティング デバイスで複数のAS番号が設定されている場合、またはASパスの事前処理が設定されている場合に、ASパスに関連付けられたローカルAS番号を囲みます。

  • { }—中括弧は、AS重要ではない番号のグループASセットを囲います。一般的に、セットはルート アグリゲーションから生みます。各メッセージ セットのAS順序で表示されます。

  • ( )—括弧はコンフェデレーションを囲む。

  • ( [ ] )—括弧と角括弧は、コンフェデレーション セットを囲みます。

注:

Junos OSリリース10.3以降では、BGPが属性128(属性セット)を受信し、どのルーティング インスタンスでも独立ドメインを設定していない場合、ASパス フィールドには、認識されていない属性と関連する16進値が表示されます。

カプセル 化

IPv6 トンネル上で IPv4 トラフィックをルーティングする指定されたプロトコル コミュニティBGP可能な拡張ネクスト ホップ エンコーディング機能。トンネル BGPなしでルートを受信すると、IPv4-0ver IPv6 トンネルは作成されません。BGP ルートはカプセル化なしで解決されます。

ルート ラベル

ネットワークルート更新でBGPスタック。

検証状態

(BGP学習したルート)ルートの検証ステータス:

  • 無効 — プレフィックスが見つかったが、EBGP ピアから受信した対応する AS がデータベースに表示される AS ではなく、または BGP 更新メッセージ内のプレフィックス長が、データベースで許可されている最大長よりも長いのいずれかを示します。

  • 不明 — プレフィックスがデータベース内のプレフィックスまたはプレフィックス範囲に含えられていないかどうかを示します。

  • 未検証 — プレフィックスの起点がデータベースに対して検証されないかどうかを示します。これは、データベースが設定され、BGP インポート ポリシーで検証が呼び出されない場合、オリジンの検証が有効になっているか、BGP ピアでオリジンの検証が有効になっていないためです。

  • 有効 — プレフィックスと自律システムのペアがデータベースに見つかった場合を示します。

宛先

宛先へのネクスト ホップ。角括弧(>)は、ルートが選択されたルートかどうかを示します。

宛先が の場合 Discard 、トラフィックはドロップされます。

を介して

ネクスト ホップに到達するために使用されるインターフェイス。ネクスト ホップに対して使用可能なインターフェイスが複数ある場合、実際に使用されているインターフェイスの後に Selected という単語が続きます。このフィールドには、以下の情報も含まれます。

  • 重量 — プライマリ、セカンダリ、バックアップ ルートの識別に高速再ルート値。重み情報は、MPLSスイッチ パス(LSP)リンク保護、ノードリンク保護、高速再ルート が有効になっている場合、またはセカンダリ パスでスタンバイ状態が有効になっている場合に使用できます。より低い重量値が望ましいです。同じ重み値を持つルートの中ロード バランシングを使用できます。

  • バランス — ルーティング デバイスで等しくないコスト 計算を実行している場合に、ネクスト ホップ間で等しくないコストのトラフィックがどのように分散されるのかを示す係数ロード バランシング。この情報は、マルチパス パス サービスを有効BGP場合にロード バランシング。

  • lsp-path-name—ネクスト ホップに到達するために使用される LSP の名前。

  • label-action—MPLSのラベルと運用が表示されます。操作には pop(スタックの一番上からラベルが削除されている場合)、プッシュ(別のラベルがラベル スタックに追加されている場合)、スワップ(ラベルが別のラベルで置換されている場合)を選択できます。VPN の場合、VPN ルートに必要な内部ラベルと外部ラベルに対応する複数のプッシュ操作が必要になります(PE と PE 間の直接接続の場合、VPN ルートは内部ラベル プッシュのみを使用します)。

プライベート ユニキャスト

(モバイル ルーター用の加入者MX シリーズ拡張)アクセス内部ルートが拡張加入者管理によって管理されるかどうかを示します。対照的に、拡張加入者管理で管理されていないアクセス内部ルートは、関連付けられたネクスト ホップおよび メディア アクセス制御 アドレス情報と一緒に表示されます。

バランス

次のhop ゲートウェイ全体で、基礎となる運用インターフェイス帯域幅に基づいた ECMP(等コスト マルチパス)に基づいた負荷の分散(割合)。

出力例

show route

show route

次のサンプル出力は、変換ルートのルート階層を示しています。

show route forwarding-table matching 10.1.1.1

show route 10.1.1.1 extensive expanded-nh

show route(VPN)

次のサンプル出力は、複合ネクスト ホップが有効になっている VPN ルートを示しています。最初の Push 操作は外部ラベルに対応しています。2 Push つ目の操作は、内部ラベルに対応しています。

show route(宛先プレフィックスを使用)

show route destination-prefix detail(ルート宛先プレフィックス詳細を表示)

show route extensive

ルート プログラムされた詳細を表示

リリース情報

リリース7.4 Junos OS前に導入されたコマンド。

この private オプションは、Junos OS 9.5 で導入されました。

スイッチ private 用のJunos OS リリース 9.5 でEX シリーズされました。

display-client-dataJunos OS、16.2R1 シリーズ MX80、MX104、MX240、MX480、MX960、MX2010、MX2020、vMX シリーズ ルーターのリリース MX2020オプションが導入されました。

te-ipv4-prefix-ipオプション te-ipv4-prefix-node-ip 、 、および te-ipv4-prefix-node-iso で紹介Junos OSリリース 17.2R1のオプションMX シリーズPTX シリーズ。

rib-sharding リリースリリースでcRPDされたオプション20.1R1。