Help us improve your experience.

Let us know what you think.

Do you have time for a two-minute survey?

 
 

Junos OS リリース 19.4R3 20.2R3 にアップグレードする方法

概要 このトピックでは、Junos OS ソフトウェアをリリース 15.1X49 から SRX シリーズ のリリース 19.4R3 にアップグレードする方法と、vSRX VM で使用可能なアップグレード オプションについて説明しています。

アップグレードに関するベスト プラクティスJunos OS

アップグレードのエクスペリエンスを最適化するには、まず以下のベスト プラクティスを推奨します。

  • Junos OS リリース 19.4R3 20.2R3 のリリース ノート をお読みください

  • デバイスをインターネットに接続します。

  • 現在の設定をバックアップします。

  • コミットされていない変更がないのを確認します。

  • コマンドを使用して、ファイルを消去し、望ましくない設定や未使用の設定を消去 request system storage cleanup します。

  • シャーシ クラスタを設定する場合は、両方のノードがオンラインJunos OSのノードが同じことを確認します。
  • 営業時間外にメンテナンス期間を延長する計画を立て、影響を最小限に抑えるのが望ましい。

  • アップグレード、トラブルシューティング、設定後の手順に、メンテナンス期間に十分な時間を割り当てる。
  • アップグレード後にアプリケーションとネットワークの機能を検証するのに役立つビジネスの連絡先を識別します。

設置前の手順に従う

Junos OS Release 19.4R3 または Junos OS 20.2R3 へのアップグレードを実行する前に、次のタスクを完了してください。

  • 現在のバージョンのソフトウェアJunos OSを確認してください。

    user@host> show version

  • システムにアップグレードに十分なストレージが含されているかどうかを確認します。

    user@host> show system storage

    サンプル出力からの /dev/vtbd0s1a および /dev/vtbd1s1f は、コンパクトなフラッシュとハード ディスク上で使用可能なストレージを示します。

  • アクティブな設定とライセンス キーを保存します。デバイスにバックアップ設定ファイルを保存するか、デバイスに接続したUSBドライブを保存できます。TFTP、SCPサーバー、またはラップトップなどのシステムでファイルを保存することもできます。

    次の例は、デバイスでのアクティブな設定ファイルの保存を示しています。

    user@host> show configuration | save /var/tmp/filename

    システムは、指定されたファイルの場所にアクティブな設定を保存します。

    コマンドを使用してライセンス キーを保存 user@host> request system license save filename できます。

    システム スナップショット機能を使用して、デバイスで実行されているソフトウェアのコピーを作成できます。ソフトウェアのスナップショットを取得することで、アップグレードに問題が発生した場合に備え、既知の安定した環境に復元できます。「 スナップショットを使用したインストールのバックアップ 」を参照してください

  • コミットされていない変更がないのを確認します。
  • 複数の送信元アドレスを持つ NTP 設定を削除します。
  • または オプションを設定している場合、シャーシ クラスタ ファブリック インターフェイスの設定を enable 削除 disable します。

セキュリティ デバイス上で直接アップグレードする(CLI)

この例では次のハードウェアとソフトウェアの組み合わせを使用します。

  • SRX4200デバイス
  • Junos OS リリース 15.1X49-D170
  • 512 MB の使用可能なフラッシュ メモリ

この手順を使用して、次の手順に従って、Junos OSリリース15.1X49-D170からJunos OS手順19.4R3-S1 を確認します。

  1. SRX4200 の ジュニパーネットワークス サポート ページに移動し、図 1 に示すように OS を Junos SR として、バージョンを 19.4 として選択します。
    図 1:ソフトウェアのJunos OSダウンロード Download Junos OS Software
  2. [ダウンロード] の [tgz](1197.08 MB)をクリックします。
  3. 資格情報を入力して、エンド ユーザー ライセンス契約を確認して同意します。ソフトウェアイメージのダウンロードページが表示されます。
  4. ダウンロード ページには、以下の 2 つのオプションがあります。以下のいずれかのオプションを使用して、ソフトウェア イメージ Junos OSダウンロードします。
    • デバイスでイメージを直接ダウンロードするには、次の URL を使用します。セキュリティー デバイスにイメージを直接ダウンロードします。

      例:

      セキュリティ デバイスがイメージを /var/tmp/image-name の場所にダウンロードします。この例の画像名は junos-srxmr-x86-64-19.4R3-S1.3.tgz です。

    • ローカル ホストで画像をダウンロードするには、 [ここに] — ラップトップなどのローカル システムに画像をダウンロードします。SCP または SFTP オプションを使用して、ローカル システムからセキュリティ デバイスにソフトウェア イメージをコピーできます。

    この手順では、セキュリティ デバイスでイメージを直接ダウンロードします。画面の指示に従って、ボックスに記載された URL をコピーします。URL 文字列がクリップボードにコピーされます。
  5. インストール パッケージの MD5 チェックサムJunos確認します。
    このステップでは、ダウンロードしたJunosのインストール パッケージがジュニパーネットワークスに変更されないか確認します。
    1. ダウンロードした画像を表示するファイルをリストします。
      user@host> file list /var/tmp
    2. イメージ ファイルの MD5 チェックサム値を表示します。
      user@host> file checksum md5 /var/tmp/junos-srxmr-x86-64-19.4R3-S1.3.tgz
    3. チェックサム オプションをクリックするときに、ダウンロード ページに表示される MD5 ハッシュと MD5 ハッシュの出力を比較します。
    4. ファイルの SHA1、SHA256、SHA512 の値を計算する手順を繰り返します。
  6. 実際のアップグレードJunos OS開始する前に、既存の構成と新しいイメージとの互換性を確保するために、新しいイメージを検証します。
    user@host> request system software validate /var/tmp/junos-srxmr-x86-64-19.4R3-S1.3.tgz
    SRX1500、SRX4000、RE3 を含む SRX5000 ライン デバイス、vSRX request system software validate インスタンスは、コマンドをサポートしてソフトウェアを検証できません。
  7. イメージをインストールします。
    user@host> request system software add /var/tmp/junos-srxmr-x86-64-19.4R1-S3.2.tgz no-copy
  8. システムを再起動します。
    Reboot the system ? [yes,no] (no)
    Yes
  9. show version コマンドJunos OSを使用してシステムを再起動した後、ソフトウェア バージョンを確認します。

シャーシ クラスタ内のセキュリティ デバイス上で直接アップグレードする(CLI)

この例では次のハードウェアとソフトウェアの組み合わせを使用します。

  • シャーシ クラスタ設定のSRX4200デバイス
  • Junos OS リリース 15.1X49-D170
  • 512 MB の使用可能なフラッシュ メモリ

開始する前に

  • クラスタの各ノードに同じバージョンJunos OSことを確認します。
  • クラスタ内の両方のデバイスが同時にオンラインになことを確認します。
  • 有効または無効にするオプションが設定されている場合、シャーシ クラスタ ファブリック インターフェイスの設定を削除します。
  1. Junos OS 19.4R3-S1 の画像をダウンロードして検証します。詳細については、 セキュリティ デバイス(デバイス)で直接アップグレードする手順1~6 CLIを参照してください。
  2. ノード0にJunos OSイメージをインストールします。
    インストールが完了したら、デバイスを再起動しません。
  3. ノード1にJunos OSイメージをインストールします。
    インストールが完了したら、デバイスを再起動しません。
  4. 両方のノードで コマンドを個別request system rebootに使用して、両方のノードを再起動します。
    再起動後、両方のノードに同じJunos OSされます。
  5. show version コマンドJunos OSを使用してシステムを再起動した後、ソフトウェア バージョンを確認します。

USB Junos OSまたはJ-Webを使用したアップグレードのアップグレード

USBフラッシュ ドライブ

USBフラッシュ ドライブを使用して、Junos OSイメージをアップグレードするか、SRX シリーズデバイスへのコンソール アクセスがない場合に、ブート メディアの破損後にSRX シリーズデバイスを復元できます。詳細については、 CLI 経由でソフトウェアをインストール(方法 3 - USB スティックにコピー Junosソフトウェアから)の KB 記事 を参照してください

J-Web

J-Web を使用SRX シリーズ、数ステップでデバイスのアップグレードが可能です。詳細については、「 ソフトウェア パッケージの インストール 」を参照してください

仮想マシンのvSRXアップグレード

VM のアップグレードを検討するJunos OS、vSRXに注意してください。

  • アップグレードの実行ではなく、新vSRX VM をJunos OSすることをお勧めします。新しい VM は、新しい VM から 3.0 vSRX新しい高度な仮想マシンvSRX移行できます。
  • vSRX 3.0 ソフトウェア アーキテクチャに移行すると、新しいサービスを迅速に導入し、カスタマイズしたサービスをユーザーに提供し、動的なニーズに応じてセキュリティ サービスを拡張できます。Junos OS リリース 18.4R1以降のリリースでは、vSRX 3.0 がサポートされています。

    vSRX3.0 イメージは、[サポート] ページからジュニパーネットワークス できます

  • アップグレードを実行する前に、設定、証明書、ライセンス ファイルを保存してください。

3.vSRX 0 のサポートの詳細については、KB 記事の「利用可能な仮想 SRX モデル、vSRX、vSRX 3.0 」の概要を参照してください。

~を参照してください VM のvSRX手順 については、 マニュアル 一覧 を参照してください。

ソフトウェアイメージcSRXアップグレード

Junos OS リリース 20.2R1から、ジュニパーネットワークス® cSRX コンテナ ファイアウォール の画像は、他の Junos OS プラットフォームの画像と同様に、ジュニパー サポート サイトからダウンロードできます。コンテナcSRX Dockerイメージにパッケージ化され、LinuxホストのDockerエンジンで実行されます。

ベアメタル Linux cSRXにインストールするには、次の手順に示します。

  1. 要件 を確認して 、仮想コンテナの導入に必要な Linux サーバーのシステム ソフトウェア仕様cSRX確認します。
  2. Linux ホスト プラットフォームに Docker をインストールして設定し、Linux コンテナ環境を実装します。

    Docker のインストール要件は、プラットフォームとホスト OS(Ubuntu、Red Hat Enterprise Linux(RHEL)、CentOS)によって異なります。

  3. サポートされるさまざまなLinuxホストオペレーティングシステムでのDockerのインストール手順については、以下を参照してください。
  4. Web サイトcSRXソフトウェア イメージをダウンロードしてジュニパーネットワークスホストにインストールします。詳細 については、「 画像のcSRX読み込む 」 を参照してください。

Ubuntu OS を使用するサーバーに ジュニパー の cSRX を実装する方法の詳細については、「 Day One: 仮想サーバーを使用したコンテナの構築 」をcSRX。

管理Junos OSデバイスSRX シリーズデバイスのアップグレードJunos Space

概要 以下の簡単な手順を使用して、管理するセキュリティ デバイスをアップグレードJunos Space。手順を理解するには 、Junos Spaceの画像管理 に関するビデオをご覧ください。

この例では次のハードウェアとソフトウェアの組み合わせを使用します。

  • SRX4100 デバイスを管理するSecurity Director
  • Junos OS リリース 15.1X49-D170
  1. ネットワーク管理プラットフォーム GUI で、[ Devices >管理] を選択します。[デバイス管理] ページが表示されます。
  2. デバイスで実行されているOSバージョンを確認します。
  3. [ジュニパーネットワークス サポート] ページに移動し、Junos OS-S1 19.4R3 バージョンをダウンロードして、ファイルをコンピューターに保存します。手順については、セキュリティ デバイス上で直接アップグレードする(CLI)を参照してください。
  4. [Images and Scripts]を開き、[Images]を選択します。[画像のインポート] アイコンをクリックして、イメージ ファイルを他のプラットフォームJunos Spaceします。
  5. [Actions]を選択してイメージを検証>オプションでイメージを検証します。
  6. アップロードした画像をJunos OS、アクションから [画像を導入] オプションを選択します。または、 [デバイス上のステージ イメージ] オプションを選択して、後で導入をステージ化することもできます。
  7. [デバイス上のイメージの導入] ページで、アップグレードするデバイスを選択し、ダウンロード オプションの前に既存のイメージを削除した後で 、パッケージの削除を指定します。
  8. [導入] をクリックしてインストールを開始します。
  9. インストールが成功したら、デバイスを再起動します。
新しいバージョンのソフトウェア バージョンをインストールした後、以下Junos OSします。
  • コマンドを使用Junos OS後に、ソフトウェア バージョンを確認 show version します。
  • コマンドを使用して、デバイス設定、ネットワーク設定、その他の設定を適切に実行 show configuration してください。

Sky Enterprise Junos OSでSRX シリーズデバイスのアップグレードジュニパーアップグレード™

Sky Enterprise でホストされた画像Junos OSデバイスを簡単ジュニパーアップグレードできます。ジュニパー Sky Enterprise は、ブラウザー Junos OSして、イメージ アップグレードのプロセスを効率化します。

デバイスでJunosのアップグレードを実行するには、次の手順に示します。

  1. Sky Enterprise ダッシュボードの ジュニパーデバイスを選択し、アップグレードJunos OSのデバイス を選択します。
  2. [アップグレード オプション] を クリックします。
  3. Sky Enterprise は、使用可能なディスク容量をチェックします。十分な容量がある場合は、新規アップグレード オプションを 続行できます。

Sky Enterprise は、クラウドから直接画像を配信ジュニパーネットワークス、プロセスを迅速かつ効率的にします。詳細については、「 ジュニパー Sky Enterprise ユーザー ガイド 」を参照してください

ソフトウェア リリース Junos OSまたは 20.2R3 19.4R3後

ソフトウェア リリース リリースにアップグレードした後 Junos OS、またはリリース 20.2R3 19.4R3にJunos OS手順を実行します。

ライセンス要件

2020年1月からフレックスソフトウェアサブスクリプションライセンスモデルに移行しましたSRX シリーズ、vSRX。現在従来のライセンス モデルを使用していない場合は、 デバイスのフレックス ソフトウェア ライセンス をごSRX シリーズください

ご質問がある場合は、ジュニパーネットワークスの営業担当者までお問い https://www.juniper.net/in/en/contact-us/、お客様のアプリケーションに最適なライセンスモデルの選択をお手伝いします。

従来のライセンス モデルをお持ちなら、引き続きアップグレードして 20.2R3 または 20.2R3 のリリースJunos OS使用19.4R3できます。

新しい予定

デバイスに新しいデバイスJunos OSがインストールされました。統合ポリシー設定に移行する場合は、 アップグレード後の統合ポリシーの使用を開始 を参照してください。そうしないと、新しい機能や機能強化について学び、最初に使用できる機能をJunos OS。アップグレード後の新機能の詳細